レバナスと歩む人生

レバナス【レバレッジNASDAQ100投信】をこよなく愛する投資家『おナス』がレバナス運用結果や米国株話、プライベート等を綴るブログ

ナスダック100関連ニュース【4/18~4/19 7:00現在】

まいど~ 『おナス』です。

 

4/18から4/19朝に入ってるナスダック100関連ニュースを

アップしたいと思います。

 

最初はそのまま引用するだけを考えていますが

時間的な余裕や自分の考えなどができるようになれば

考察なども記載していきたいと思っています。

 

 <スポンサーリンク>

 

 

 

 

 

ピッツバーグのパーティーで乱射事件、2人死亡・8人負傷


ペンシルベニア州ピッツバーグにある

民泊仲介サイト大手エアビーアンドビー(Airbnb)の

レンタル物件でのパーティー会場で17日、乱射事件が発生し、

若い男性2人が死亡、8人が負傷した。警察が発表した。

イースアレゲニー地区の同パーティーに参加していた

約200人はほとんどが未成年で、事件は午前0時30分に

発生したという。

ピッツバーグ警察のスコット・シューバート署長によれば

「現場は極めて混乱」しており、

少なくとも90発以上の発砲があった。

同氏は、現時点の証拠に基づけば複数の人物が

発砲した可能性があるとしている。

 

また、警察は容疑者を特定できておらず、

現在は目撃者の聞き取りを実施していると同氏は述べた。

 引用元:Dow Jones & Co. Inc.

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

 

ドーシー氏の初ツイートNFT、290万ドルから1万4000ドルに下落か

 

ツイッターの創業者ジャック・ドーシー氏の

最初のツイートは昨年、デジタル資産NFT

(非代替性トークン)に変換され、

290万ドル(約3億6700万円)で落札された。

 

だがNFT市場の成熟を反映し、

転売価格は1万4000ドルを下回るかもしれない。

ブロックチェーン技術を手掛けるマレーシアの

ブリッジ・オラクルのシーナ・エスタビ

最高経営責任者(CEO)は昨年3月、

ドーシー氏の初ツイートのNFTに290万ドルを支払った。

 

この初ツイートは

「自分のツイッターを立ち上げたところだ」というものだった。

エスタビ氏は購入時、

「これは単なるツイートではない!人々は何年も後になって、

モナリザの絵画のような本当の価値に気づくだろう」

とツイートしていた。

その約1年後の先々週、

エスタビ氏はこのNFTを売りに出した。

理由は明らかにしていない。

NFTのマーケットプレイスであるオープンシーに出品し、

少なくとも5000万ドルで売れると見込んでいた。

売却額の50%以上を寄付するとしている。

だがオープンシーによると、

電気自動車(EV)メーカーのテスラの

イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が

ツイッターに430億ドルでの買収を提案したことが

明らかになった翌日、米東部時間15日午後5時45分時点で、

最高入札額は約1万3940ドルにとどまっていた。

 

エスタビ氏は売却を考え直していると述べた。

NFT市場はここ数カ月、低調な展開となっている。

NFTのデータをまとめているクリプトスラムによると

世界のNFTの月間販売総額は、

昨年8月は約50億ドルだったが、

今年3月には24億ドルに減少した。

 引用元:Dow Jones & Co. Inc.

 

 

 <スポンサーリンク>

 

 

 

米アマゾンのNJ州施設従業員、労組結成めぐり投票へ

 

ニュージャージー州にある米アマゾン・ドット・コム

施設で働く従業員が労働組合結成の是非を問う

投票を行うことになった。

 

同社でこうした投票が行われるのは、

同社初の労組結成のためにニューヨーク市の施設の

従業員が4月に入り労組結成を可決して以来となる。

全米労働関係委員会(NLRB)によると、

15日に投票実施の申し立てを行った「ローカル13組合」は、

ニュージャージー州ベイヨンにある施設の従業員から

十分な数の支持を得たことを証明した。

 

投票を行うためには通常、当該店舗・施設で働く

従業員の30%以上が投票に関心があることを

証明しなければならない。

投票日や条件はまだ決まっていない。

アマゾンから今のところコメントは得られていない。

 

 引用元:Dow Jones & Co. Inc.

 

 

 <スポンサーリンク>

 

 

 

 

 

スターバックス、コーヒーカップ持参でポイント付与

 

スターバックスは今週22日から、

使い捨てカップを使わずコーヒーカップを持参する

顧客にリワードポイントを付与する。

現在は店内にカップを持参すると1杯10セント引きになる。

スターバックスは今年に入り、

再利用可能なカップの使用について、

来年末までにドライブスルーやアプリ注文にも

広げると株主に発表していた。

 

同社は2030年までに廃棄物を5割削減する目標を掲げている。

 

 引用元:Dow Jones & Co. Inc.