それいけ! レバナス野郎♪♪

レバナス【レバレッジNASDAQ100投信】をこよなく愛する投資家『おナス』がレバナスの運用報告はもちろんNASDAQ100や次世代NASDAQ50なんかも織り交ぜながら語るブログ

早く目的地には着きたいけど慣れてないとまじクラッシュする

f:id:norikazutake:20210706075540j:plain

まいど~ 『おナス』です。

 

 

昨日は米国市場が「独立記念日」で

休場でした。

 

上がっても下がっても市場が開いている方が

いいなぁと思えるおナスは株中毒かも・・・

 

 <スポンサーリンク>

 

 

 

 

さて、レバナスに全力投資!!っていうスタイルで

やっていますが(現在一部SOXLで運用中)

 

レバナス100%って事ではなくレバナス1種類だけの

投資ってことでレバナス投資を謳っております。

(SOXLに投資しているのは愛嬌・・・)

 

なのでレバナス70%と現金30%を

基本ポートフォリオとして考えて

毎月末にはリバランスを実施しております。

 

また給料やボーナスでの追加投資は行わず

レバナスの月足の陰線やS&P500の週間騰落率が

5%以上下落した場合などに

追加投資を行っております。

 

確かに過去の実績やこれからの期待からも

レバナス100%全力で投資した方が

リターンはとてつもなく大きなものになります。

 

ただ、リターンとリスクは表裏一体であり

いくら今後の展望がすばらしくても

一歩間違えるとえげつないほどの

ドローダウンをくらってしまう場面は

今後必ずあると言っても過言ではないと思います。

 

それは下落率70%では見通しが甘く

80%で普通、90%超えも十分にありえるほどの

下落であるため、その時に今より膨れ上がっていた

資産がドロドロに溶けていく様を

売らずに握っていることが出来るか!!

ということが最大のネックとなります。

 

逆に上がり続ける資産を売らずに持ち続ける

ということもけっこうな握力が必要にはなってきますが

そちらはどう転んだかって利益になるんで

精神的にはつらくでしょう。

 

ただ、大きく値下がりして思いっきりマイナスを

背負うことも大きな含み益があったものが

みるみる減っていくことに関しては

精神的にとても辛いものであり、それこそ

仮死状態になるか証券会社の

ログインパスワードが10年間ほど凍結されなければ

勢いで『売り』をポチっとしてしまいそうです。

 

そんな中でおナスとしては現金を持つことで

心の余裕(いつでもナンピン出来る)を持ち

毎月末にちょろちょろと利確することで

そういったメンタルの崩壊を防ごうとしています。

 

早く目的地に着きたいからと言って

乗ったこともないF1カーで目的地に向かっても

すぐにクラッシュするように

余裕をもって目的地に着けるようにしていきたい。

 

コロナショックの時もそうでしたが

想定していたことと実際その渦中にいてることは

心の在り方は全く違います。

 

想定している何百倍も精神的にはダメージが

来るのでよくよく気を付けて資産運用を行いましょう

特にレバレッジ型の取引は・・・

 

ではまた

 

 <スポンサーリンク>

 

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村