レバナスと歩む人生

レバナス【レバレッジNASDAQ100投信】をこよなく愛する投資家『おナス』がレバナス運用結果や米国株話、プライベート等を綴るブログ

ナスダック100関連ニュース【8/25決算発表情報】

まいど~ 『おナス』です。

 

8/25の決算情報は3銘柄になります。

注目はやはりエヌビディアですね

 

 

エヌビディア【NVDA

【第2四半期】

営業収益:67億ドル

純利益:6.56億ドル

1株利益:0.26ドル

調整後1株利益:0.51ドル

 

 画像処理半導体GPU)大手の米エヌビディアが24日発表した8-10月期(第3四半期)の売上高見通しは約59億ドルと、ファクトセットがまとめたアナリスト予想の69億ドルに届かず、米金融業界が予想していた84億ドルも大きく下回った。エヌビディアの見通しは前年同期の実績に比べ17%減となっている。

同社は2週間前、需要減退でビデオゲーム事業が打撃を受けたと投資家に警告していた。5-7月期(第2四半期)の売上高は前年同期比3%増の67億ドルで、同社の予想と同じだった。同社は売上高見通しを81億ドルから下方修正していた。

 ジェンスン・フアン最高経営責任者(CEO)は声明で「厳しいマクロ環境の中で当社はサプライチェーンの移行を乗り越えつつある」と述べた。決算発表を受け、24日の米株式市場の引け後の時間外取引でエヌビディア株は終値比3.0%安近辺で推移している。半導体株が広く売られる中、年初来では43%安。

 

Copyright (c) 2022 Dow Jones & Co. Inc. All Rights Reserved.

 

 

プランク【SPLK

【第2四半期】

営業収益:7.988億ドル

純損失:2.097億ドル

1株損失:1.30ドル

調整後1株利益:0.09ドル

 

企業向けデータ分析ソフト・サービス会社の米スプランクが発表した5-7月期(第2四半期)決算は、売上高が市場予想を上回り、赤字幅も縮小した。

 5-7月期の赤字額は2億0970万ドル(前年同期は3億8400万ドルの赤字)、1株損失は1.30ドル(同2.34ドル)となり、赤字幅が縮小した。調整後の1株利益は0.09ドル。調査会社ファクトセットがまとめたコンセンサス予想は0.36ドルの赤字だった。売上高は7億9880万ドル(同6億0570万ドル)に増加した。アナリスト予想の7億4900万ドルを上回った。

 クラウドの売上高は前年同期比59%増の3億4640万ドル。年間経常収益(ARR)が100万ドルを超える大口顧客数は前年同期比24%増の723社となった。

 

Copyright (c) 2022 Dow Jones & Co. Inc. All Rights Reserved.

 

 

オートデスク【ADSK

【第2四半期】

営業収益:12.4億ドル

純利益:1.86億ドル

1株利益:0.85ドル

調整後1株利益:1.65ドル

 

オートデスクはソフトウエアの設計、関連サービスを展開。建築、土木、製造、デジタルメディア・娯楽業界向けに2D/3D設計ソフトウエアを提供する。主要製品は汎用2/3D設計ソフトウエア「AutoCAD」、意匠設計、建築構造用「Autodesk Revit」、「AutoCAD Architecture」、プラスチック射出成形設計用「Autodesk Moldflow」、3Dアニメーションソフトウエア「Autodesk Maya」など

 

 <スポンサーリンク>