レバナスと歩む人生

レバナス【レバレッジNASDAQ100投信】をこよなく愛する投資家『おナス』がレバナス運用結果や米国株話、プライベート等を綴るブログ

ナスダック100関連ニュース【8/17~19決算発表情報】

まいど~ 『おナス』です。

 

決算発表ピークが過ぎたのでちょろちょろと

メイン時期じゃない時期に決算発表された企業を

ご紹介していきます。

17日:1銘柄、18日:2銘柄、19日:2銘柄です。

 

 

アナログ・デバイセズ【ADI

【第3四半期】

営業収益:31億ドル

純利益:7.49億ドル

1株利益:1.44ドル

調整後1株利益:2.52ドル

 

半導体メーカーのアナログ・デバイセズが17日発表した5-7月期(第3四半期)決算は増収増益だった。景気の先行き不透明感にもかかわらず、旺盛な需要が追い風となった。5-7月期の純利益は7億4900万ドル(前年同期は5億0330万ドル)、1株利益は1.44ドル(同1.35ドル)買収関連費など特別項目を除いて調整した1株利益は2.52ドルで、調査会社ファクトセットがまとめたアナリスト予想の2.43ドルを上回った。売上高は77%増の31億1000万ドル。ファクトセットによると、アナリスト予想は30億6000万ドルだった。

 売上高は自動車と消費者の最終需要の強さで押し上げられた。この2分野のエンドマーケットの売上高はそれぞれ前年同期の2倍超に増えた。工業のエンドマーケットの売上高は前年同期比55%増加し、同社の総売上高の半分を占めた。ビンセント・ロシュ最高経営責任者(CEO)は、景気不安が予約に影響を及ぼし始めているが、需要は引き続き供給を上回っており、受注残が増加していると述べた。

 

Copyright (c) 2022 Dow Jones & Co. Inc. All Rights Reserved.

 

 

シノプシスSNPS

【第3四半期】

営業収益:12.5億ドル

純利益:2.196億ドル

1株利益:1.43ドル

調整後1株利益:2.10ドル

 

シノプシス半導体設計用のEDA(electronic design automation:IC設計、検証を自動的に行う)ソフトウエアの開発、販売、保守を行う米国の会社。特定用途向けICとシステム・オン・チップ(SoCs)、システムレベルでの開発、製造を可能にする設計・検証ソフトウエアとIC製造ソフトウエアを世界中の電子機器市場に提供。

 

 

シスコシステムズ【CSCO

【第4四半期】

営業収益:131億ドル

純利益:28億ドル

1株利益:0.68ドル

調整後1株利益:0.83ドル

 

米ネットワーク機器大手シスコシステムズが17日発表した5-7月期(第4四半期)決算は、売上高が横ばいとなり、同社が予想していた減収を回避した。

 純利益は28億2000万ドル(前年同期は30億1000万ドル)、1株利益は0.68ドル(同0.71ドル)に減少した。調整後1株利益は0.83ドルで、アナリスト予想の0.82ドルを上回った。売上高は横ばいの131億ドル。ファクトセットがまとめたアナリスト予想は127億3000万ドルだった。シスコシステムズは以前、売上高を1〜5.5%減、調整後1株利益を0.76〜0.84ドルと予想していた。

 スコット・ヘレン最高財務責任者CFO)は、同社のビジネスモデル転換の進捗(しんちょく)や受注残が、今後の売上高についての見通しや自信につながっていると述べた。

 

Copyright (c) 2022 Dow Jones & Co. Inc. All Rights Reserved.

 

 <スポンサーリンク>

 

 

 

 

アプライドマテリアルズ【AMAT

【第3四半期】

売上高:65.2億ドル

純利益:16.1億ドル

1株利益:1.85ドル

調整後1株利益:1.94ドル

 

 米半導体製造装置大手アプライド・マテリアルズのゲリー・ディッカーソン最高経営責任者(CEO)は18日、決算発表の電話会議で、さらなる価格調整などを行い、コスト削減と価値収益化の改善を図っていると述べた。

 同社は、サプライチェーン問題で顧客需要を満たすことが難しくなっている中、利益への逆風と闘おうとしている。ディッカーソン氏はまた、近いうちに採用を減速させるほか、長期的成長の支援に向けて研究開発プログラムに十分な資金を充てる方針も明らかにした。

 

Copyright (c) 2022 Dow Jones & Co. Inc. All Rights Reserved.

 

 

ロス・ストアーズ【ROST

【第2四半期】

売上高:46億ドル

純利益:3.845億ドル

1株利益:1.11ドル

 

ロス・ストアーズはチェーン百貨店の運営会社。主に中間所得層の18歳から54歳の男女を対象にディスカウント衣料品、アクセサリー、靴、インテリア用品を店舗で販売。米国33州、ワシントンDC、グアムに「ロス・ドレス・フォー・レス」1,146店舗と米国10州に「ddsDISCOUNTS」130店舗の合計1,276店舗を展開。

 

 <スポンサーリンク>