いちのりの資産運用日記

積立投資しながら大暴落を待ち望むオトコの投資人生

米国投信3種の運用報告 2024年6月21日

f:id:norikazutake:20210523110401p:plain

まいど~ 『いちのり』です。

ボーナスの明細をいただきました。昨年冬より3万円アップ。ありがとうございます。この時期Xを見るとボーナスマウントを取る人が多くて辟易しますが、人は人ですから何も感じないようにしています。ま、最初から見なければいいしXもしなければいいんでしょうけどね 今年度末の総合職試験に受かれば年収で80万円ほどアップは見込めそうなので仕事にそれほど興味がありませんし、向上心もありませんが「カネ!!!」っていう人間の本質的欲求に付き従い合格をつかみ取ろうと考えております。

 

 

 

 

昨日のNASDAQ100指数

価格:19,700.43

前日比:▲51.87

前日比率:▲0.26%

 

昨日のSOX指数

価格:5,538.54

前日比:▲71.48

前日比率:▲1.27%

 

米国株式市場はまちまち。ダウ平均は15.57ドル高の39,150.33、ナスダック指数は32.23ポイント安の17,689.36で取引を終了した。

寄り付きはまちまち。米国株関連オプションの満期日が集中する「トリプルウィッチング」で持ち高調整の売りが出た一方、出遅れ感のある銘柄などへの買いが支えた。ナスダックは前日に続き半導体のエヌビディアやマイクロン・テクノロジーが売られたことが重しとなった。セクター別では小売り、耐久消費財・アパレルなどが上昇。半導体・同製造装置の下げが目立ち、銀行やテクノロジー・ハード・機器などが下げた。

ファストフード大手のマクドナルド(MCD)が上昇。アナリストが米国内で導入する5ドルのセットメニューが売上高を押し上げるとの見方を示した。レンタカー会社のハーツ(HTZ)は社債発行の増額が好感され上昇。スポーツ用品メーカーのナイキ(NIKE)はアナリストが投資判断と目標株価の引き上げ上昇。航空機の設計・製造を手掛けるスピリット・エアロシステムズ・ホールディングス(SPR)はボーイングが同社の買収に近づいているとの報道を受け上昇。

バイオ医薬品会社のサレプタ・セラピューティックスが急伸。FDAが4歳以上のデュシェンヌ型筋ジストロフィー患者に対する遺伝子治療薬「エレビディス」の使用を承認した。ゴールドマン・サックス(GS)やJPモルガン・チェース(JPM)など大手金融機関が下落。米金融当局が経営破綻後の事業整理の道筋を示す「生前遺言」の審査結果を発表し、提出した計画書について改善を命じた。

半導体大手エヌビディアが続落し、時価総額で首位の座から陥落。この2日間で時価総額2000億ドル余りを失った。

 

引用元:フィスコ

 

昨日のナスダック100ヒートマップ

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

久々に下落しました。利下げが無くてもどんどん上昇する株価。金利は高いはずなのにってことで利上げ局面では株価にマイナスとか言ってても利上げが終わって下がらなくても株価って上昇していくんだなと実感。逆に利下げが始まってしばらくすると景気悪化から株価が下落ってことになりそうですね。ってことはインフレが始まって利上げが始まったタイミングで売却➡利上げを行わなくなったタイミングで購入➡利下げが始まって暫くしたら売却もしくはホールド➡景気悪化で株価下落、利下げが落ち着いたら購入➡利上げが始まったタイミングで売却。。。っていうサイクルなのかな??

 

◆いちのり口座◆

◆いち嫁口座◆

年率平均で12%成長すると6年で倍になる。とういうのは72の法則で知られていますが、その倍(4倍)はそこから6年後、その倍(8倍)はそこから6年後ってことで倍々って結局その年数なんですね、で倍々だから2倍➡4倍➡8倍➡16倍➡32倍ってなり上昇は急カーブを描いていくってことになる。なので早い内から始める事が正解になるってことがようやく(今更?)腑に落ちました。なので残り時間が少ない私であれば利率を上げるか?入金力を高めるか?となり利率は相場状況によるため、努力を反映するのは「入金力」ってなりますね。で、副業に手を出していますがことごとく失敗、反対にお金をどんどん消費しちゃっています。ってことで私は副業よりも本業の稼ぎを増やす事、そして節約することが性に合ってるんだなとようやく理解しました(笑)

 

 <スポンサーリンク>