レバナスと歩む人生

レバナス【レバレッジNASDAQ100投信】をこよなく愛する投資家『おナス』がレバナス運用結果や米国株話、プライベート等を綴るブログ

昨日のレバナス(QLD)と運用報告 2023年1月13日

3f:id:norikazutake:20210523110401p:plain

まいど~ 『おナス』です。

 

総合職の二次試験ですが・・・・・・・

 

合格してましたぁぁぁぁぁ!!!!

手応えゼロだったのに。。。(。´・ω・)?って正直

思いますけど根拠はありませんが試験結果と

内申点みたいなものが別にあってそれを加味した

結果じゃなかろうか?って思ったりもしています。

グループディスカッションでは講師からいいコメントは

いただけませんでしたもん

 

ということで三次試験は役員面接です。1/20です。

それまでは一旦、社労士試験は脇に置いて

面接達策を実施していきたいと思います。

 

 <スポンサーリンク>

 

 

 

 

 

昨日のQLD価格

価格:38.81ドル

前日比:+0.53ドル

前日比率:+1.38%

 

朝方発表された金融大手数社の昨年10~12月期決算が市場予想を上回る内容だったため、金融株に買いが集まり、相場を下支えした。JPモルガン・チェースバンク・オブ・アメリカ(バンカメ)、シティグループウェルズ・ファーゴは、いずれも調整後1株当たり利益が市場予想を上回った。一方、デルタ航空や、ダウ平均構成銘柄であるユナイテッドヘルス・グループは、同四半期の1株当たり利益が予想を上回ったものの、売りが優勢だった。

 

午前にミシガン大が発表した米消費者調査の内容が改善したことも、株価の追い風となった。調査では、1月の景況感指数(暫定値)が64.6と、前月や市場予想を上回った。1年先の期待インフレ率も4.0%と、前月確報値(4.4%)から鈍化し、2021年4月以来の低水準に落ち着いた。


 市場では、前日発表された昨年12月の米消費者物価指数(CPI)がインフレの鈍化傾向を示す内容となったことで、米連邦準備制度理事会FRB)が次回の金融政策会合で決める利上げ幅を0.25%に圧縮するとの見方が拡大。利上げ長期化や景気悪化への過度な懸念が和らぎ、株価を支えている。ただ、ダウ平均は前日までの3日続伸の後で上値が重く、13日はやや動意に乏しい相場展開となった。

 

引用元:時事通信

 

昨日のナスダック100ヒートマップ

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

 

レバナスは上昇しました。

 

今週はずっと上昇してた気がする。

これは2023年は上昇か??

ま、今週10%以上上がったと言っても最高値から

▲60%近く落ちてるので焼け石に水状態ですけど。。。

 

 

◆おナスの口座◆

 

◆ナス嫁の口座◆

レバナスの運用状況です。

 

今日もプラスでしたが、変動がいくらあったか

よくわからん。。。ま、レバナスの価格が1%上昇しているから

概ね5万円ぐらいのプラスですね

ナス嫁のNISA枠をSOXLに使用する為、レバナスは

再度特定口座で積み立てることになりました。

 

 

www.spxl.xyz1

 

 <スポンサーリンク>

 1/