レバナスと歩む人生

レバナス【レバレッジNASDAQ100投信】をこよなく愛する投資家『おナス』がレバナス運用結果や米国株話、プライベート等を綴るブログ

【銘柄入替】ナスダック100情報(2022年末)

2022年末の銘柄入れ替え

 

まいど!!おナスです。

12月のあと1週間ですがこの時期ひそかに楽しみなのが

ナスダック100銘柄の入れ替え戦

 

ナスダック100は基本的に年末に入れ替え戦

行っていて毎年5~10銘柄ぐらいが

入れ替わっています。

 

そうすることで常にイケイケなナスダック銘柄が

ランクインしナスダック100指数の

更なる上昇に貢献してくれるっていうもんだと

思っています。。。。。。

 

が、なんか今年はなんか変な感じですね

何が変なのかは除外銘柄と組み入れ銘柄を見ながら

解説したいと思います。

 

 <スポンサーリンク>

 

 

 

<組み入れ銘柄>

ベーカーヒューズ

ダイアモンドバックエナジー

エンフェーズエナジー

コスターグループ

グローバルファウンドリーズ

リビアンオートモーティブ

ワーナーブラザーズディスカバリー

の7銘柄でした。

 

<削除銘柄>

バイドゥ

ネットイース

ドキュサイン

マッチグループ

オクタ

プランク

スカイワークスソリューションズ

ベリサイン

の8銘柄でした。

 

まず、組み入れ銘柄の感想としては今調子が良い

エネルギー銘柄が3つも入ってる。

エネルギーセクターが下がればお荷物になりかねないので

なんだかなぁ~って感じです

あと一番解せないのがリビアンですね。

こちらはEV車の製造販売を行っている会社では

ありますが、直近高値から82%も下落しており

時価総額もそれほど高くないのになぜ選ばれたのか?

理解できません。それと同じ考えで今年落ちなかった

銘柄でルーシッドグループというEV車メーカーが

ありますがこちらは直近高値から88%も下落していて

時価総額も今年落ちたオクタやマッチグループと

それほど変わりません。

 

なぜルーシッドが落ちずにベリサインが落ちたのか

理解できないのですが、誰か分かりますかね??

 

勢いで落ちた銘柄にも言及してしまいましたが、

改めて落ちた銘柄を見てみますと中国企業が2つあります。

こちらはどちらも時価総額的にはまだまだ落ちるような

位置にはいませんがなんとなくこれは政治的な匂いがします

残る中国銘柄はJDとバイドゥですが今度どうなりますかね?

 

先ほど出たオクタ、マッチグループに加えてドキュサインは

▲80%くらいの下落率でしかも時価総額

ナスダック100で落ちそうって思ってたので

順当だと思っています。スカイワークスやスプランク

時価総額が低いので仕方がありませんが、

ベリサインはなぜ落ちたのでしょうか??

 

時価総額で言えばベリサインよりも下の銘柄で残留したのは

先ほどのルーシッドを除いてもいくつもあります。

ま、しっかりと調べてみれば落ちた原因は分かるかも

しれませんがパッと見では分からなかったので

なんかナスダック100の銘柄入れ替えの基準って

しっかりしているようで裏でなにやら怪しいものが

蠢いているのではないか?などと想像してしまう

おナスであります。

 

ま、とりあえずこの101銘柄で2023年は

戦っていくと思いますので是非各銘柄には

頑張ってもらいたいものですね

 

 

 

 

 <スポンサーリンク>