レバナスと歩む人生

レバナス【レバレッジNASDAQ100投信】をこよなく愛する投資家『おナス』がレバナス運用結果や米国株話、プライベート等を綴るブログ

昨日のレバナス(QLD)と運用報告 2022年11月23日

f:id:norikazutake:20210523110401p:plain 

まいど~ 『おナス』です。

 

昨日はW杯でサッカー日本代表がドイツに勝ちましたね~

うちはテレビがないので見てませんが、

きっと今日は朝からどのチャンネルでもゴールシーンと

元日本代表の興奮した解説と試合時間時とその後の日本各地の

様子が繰り返し繰り返し放送されてるんでしょうね(;^_^A

 

おナスはそれよりも今日の晩は米国市場が

サンクスギビングデーで休場の方を気にします。

レバナスも購入不可日だし、明日のネタはどないしよう

 

 <スポンサーリンク>

 

 

 

 

 

昨日のQLD価格

価格:41.69ドル

前日比:+0.81ドル

前日比率:+1.98%

 

米連邦準備制度理事会FRB)はこの日、今月開かれたFOMCの議事要旨を公表した。その中で、「大多数の参加者が、利上げペースの減速がすぐに適切になるだろうと判断した」と明らかにした。さらに一部の参加者は、行き過ぎた金融引き締めが景気に打撃を与えるリスクに言及。利上げ減速により、金融システム不安定化のリスクが低下するとの発言もあった。
 市場では、急速な金融引き締めへの懸念が後退し、株式を買う動きが強まった。「新たな情報は少なかったが、12月のFOMCで利上げ幅が0.5%に縮小するとの観測を強めた」(市場関係者)との声があった。


 債券市場では、長期金利が低下。金利低下局面で割高感が薄れ、買われやすいハイテク株が買われ、相場を押し上げた。マイクロソフトが1.0%高、セールスフォースも2.0%高、アップルは0.6%高だった。ダウ構成銘柄以外では、アマゾン・ドット・コムやグーグルの親会社アルファベットが1%超上昇した。


  S&Pグローバルが午前に発表した11月の米総合購買担当者景況指数(PMI)は46.2と前月から低下。5カ月連続で業況の拡大・縮小を判断する節目の50を下回った。景気後退への懸念は根強く、買いの勢いはなく、上値は重い。最近の相場上昇で高値圏での取引になっており、利益確定の売りも出やすい展開だった。


 翌日に感謝祭の祝日を控えて市場参加者が少なく、取引は低調だった。そのため、FOMC議事要旨に対する「市場の反応を深くみることはできない」(英調査会社)との指摘もあった。

 

引用元:フィスコ

 

昨日のナスダック100ヒートマップ

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

 

レバナスは祝日の為、変化ありません

 

 

◆おナスの口座◆

 

◆ナス嫁の口座◆

レバナスの運用状況です。

 

祝日の為、変化ありません

 

www.spxl.xyz1

 

 <スポンサーリンク>