レバナスと歩む人生

レバナス【レバレッジNASDAQ100投信】をこよなく愛する投資家『おナス』がレバナス運用結果や米国株話、プライベート等を綴るブログ

昨日のレバナス(QLD)と運用報告 2022年9月9日

f:id:norikazutake:20210523110401p:plain 

まいど~ 『おナス』です。

 

9月もあっという間に上旬が終わりました。

9月はなんか早く感じます。なんでだろ?

 

今月が終われば今年も残り3ヶ月

3/4が過ぎ去りましたが今年は苦しい戦いが

続いていますよね、まさかここまで・・・と

思いはしましたが今後また利下げして利上げする時は

こういう感じになるんだなと肌感覚で

経験できているのはよかったと思います。

 

 <スポンサーリンク>

 

 

 

 

昨日のQLD価格

価格:48.69ドル

前日比:+2.02ドル

前日比率:+4.33%

 

 米連邦準備制度理事会FRB)による大幅利上げ継続が景気後退を招くことへの懸念が根強く、株価は8月半ば以降、下落基調をたどってきた。ただ、売られ過ぎとの見方も広がる中で買い戻しが入り、主要株価指数は3日続伸。ダウ平均は週間では4週ぶりに上昇した。
 FRBが20、21日に開く金融政策会合で、3会合連続となる0.75%の大幅利上げを決めることを市場はほぼ織り込み済み。日系証券関係者は、株価が3日続伸した背景を「利上げに対する投資家の備えができてきた」と指摘した。また、米企業にとって業績の逆風になりがちなドル高に一服感が出ていることも、投資家心理の改善につながった。


 ただ、FRBによる利上げの終了時期や政策金利の到達点が依然不透明なことなどを背景に、株価は目先、下落基調が続くとの指摘が上がっている。

 

 前日のパウエルFRB議長に続き、9日もFRB高官のタカ派発言が相次いだが、株価にはほとんど響かなかった。セントルイス連銀のブラード総裁は米メディアのインタビューで、今月の会合での0.75%利上げを支持する方向に「より一層傾いている」と発言。ウォラーFRB理事も講演で、同会合での大幅利上げを支持すると明言した。

 

引用元:時事通信

 

昨日のナスダック100ヒートマップ

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

 

レバナスは上昇しました。

 

週後半は順調に戻して22,000円弱で着地

金曜のQLDも上昇したので月曜には22,000円を

回復してきますがCPI発表いつだっけ?

 

それと翌週にはFOMCあるし大幅に反落も

十分に考えられますね

なのでそんな分からない相場を先読みしたり

不安になったりせずに淡々と積み立てる。

それだけで十分

 

 

◆おナスの口座◆

 

◆ナス嫁の口座◆

レバナスの運用状況です。

 

1%弱上昇しましたがあまり見た目変わらず??

現在で元本530くらいなので1%だと

5万円は動くんですけど気にならない。

月曜は4%ほど動くので20万動く。

 

それなら気付くか・・・

 

レバ3倍は最近少しづつまた買ってましたが

元本18万に到達したので一旦休憩

これから7000円を割る機会が来たら

また買っていこうと思います。

 

www.spxl.xyz1

 

 <スポンサーリンク>