レバナスと歩む人生

レバナス【レバレッジNASDAQ100投信】をこよなく愛する投資家『おナス』がレバナス運用結果や米国株話、プライベート等を綴るブログ

ナスダック100関連ニュース【8/23・24決算発表情報】

まいど~ 『おナス』です。

 

ここ1週間は決算がぽろぽろ出てますね

3回に分けて報告していきます。

まずは23日:2銘柄、24日:1銘柄です。

 

 

ズーム【ZM

【第2四半期】

営業収益:11億ドル

純利益:0.457億ドル

1株利益:0.15ドル

調整後1株利益:1.05ドル

 

22日のナスダックの時間外取引で、ビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」を運営する米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズが売られ、終値比8.3%安の89.35ドルとなった。オンライン事業が鈍化する中、2023年1月期の業績見通しを下方修正したことが嫌気された。

 同社は新型コロナウイルス禍の間、ロックダウン(都市封鎖)などの制限措置で多くの人々が在宅勤務となったことから恩恵を受けた。ズームはこれまで23年1月期について、調整後1株利益は3.70〜3.77ドル、売上高は45億3000万〜45億5000万ドルを見込んでいた。

 22日には、調整後1株利益の予想は3.66〜3.69ドル、売上高の予想中間値は43億9000万ドルに、それぞれ下方修正した。同日発表した5-7月期(第2四半期)決算については、出社を再開する人が増えビデオ会議への依存度が下がるにつれオンライン事業が軟化したことやドル高が売上高を圧迫したと述べた。

 

Copyright (c) 2022 Dow Jones & Co. Inc. All Rights Reserved.

 

 

パロアルトネットワーク【PANW

【第4四半期】

営業収益:15.5億ドル

純利益:0.033億ドル

1株利益:0.03ドル

調整後1株利益:2.39ドル

 

米ネットワークセキュリティー対策ソフト大手パロアルトネットワークスが22日発表した5-7月期(第4四半期)決算は、売上高が市場予想を上回り、純損益は黒字に転換した。

 純損益は330万ドルの黒字(前年同期は1億1930万ドルの赤字)、1株当たりでは0.03ドルの黒字(同1.23ドルの赤字)だった。調整後1株利益は2.39ドルとなり、アナリスト予想の2.28ドルを上回った。

 売上高は15億5000万ドル(同12億2000万ドル)に増加。ファクトセットがまとめたアナリスト予想は15億4000万ドルだった。

 パロアルトは取締役会が1対3の株式分割を承認したことも発表した。株式分割調整ベースの取引は9月14日から開始される。取締役会は追加で9億1500万ドルの自社株買い枠も承認した。

 

Copyright (c) 2022 Dow Jones & Co. Inc. All Rights Reserved.

 

 

インテュイット【INTU

【第4四半期】

営業収益:24.1億ドル

純損失:0.56億ドル

1株損失:0.20ドル

調整後1株利益:1.10ドル

 

米会計ソフト大手インテュイットは23日、2023年7月期の業績見通しを発表し、売上高は14〜16%伸びそうだとした。売上高は144億9000万〜147億ドルと予想。1株利益は6.92〜7.22ドル、調整後では13.59〜13.89ドルになるとみている。

8-10月期(第1四半期)については、売上高は23〜25%伸びると予想している。1株損益は0.37〜0.43ドルの赤字、調整後では1.14〜1.20ドルの黒字になりそうだとした。

 

Copyright (c) 2022 Dow Jones & Co. Inc. All Rights Reserved.

 

 <スポンサーリンク>