レバナスと歩む人生

レバナス【レバレッジNASDAQ100投信】をこよなく愛する投資家『おナス』がレバナス運用結果や米国株話、プライベート等を綴るブログ

ナスダック100関連ニュース【半導体の未来は明るいの?暗いの?】

エヌビディア、ゲームで負け予告

 

――投資家向けコラム「ハード・オン・ザ・ストリート」


 悪いニュースは早めに出すベきということを理解しているという点で、米半導体大手エヌビディアは多少は評価できる。

 悪いニュースは8日朝、同社の第2四半期(5-7月期)の売上高が従来予想を約17%下回る見通しとして発表された。エヌビディアは、ビデオゲーム事業の不振が主因としている。同事業は主にゲーム用パソコン(PC)に搭載される画像処理半導体GPU)を扱っている。エヌビディアの株価は約8%安となったが、同社が前回、未達見通しを発表したときよりは、株価は持ちこたえている。前回2019年1月に予告した際は、株価が14%近く下がった。

 同業インテルの大きな失敗が明らかになってから2週間も経っていない。エヌビディアはここから学んだのかもしれない。インテルの第2四半期決算は、売上高が市場予想を15%下回り、重要なデータセンター向け半導体事業の営業利益が実質的になくなったことから、最悪の事態との厳しい見方をされた。インテルは、この業績不振の理由をPC販売の低迷と「競争圧力」としたが、最新のデータセンター向けCPU(中央処理装置)にバグが見つかり、大量出荷が来年までずれ込む見通しにも言及した。PCの低迷については、その時点までに投資家の間で周知されていたこととはいえ、失望の大きさは衝撃的だった。インテルは電話会見で、アナリストから「なぜもっと早く予告しておかなかったのか」と問われる事態になった。

 ただ、エヌビディアはインテルのケースとは違う。エヌビディアが8日明らかにした5-7月期のデータセンター向け売上高は38億ドルと、前年同期比61%増。これに対し、インテルの4-6月期のデータセンター向け売上高は前年同期比16%減だった。以前のインテルであれば、同社の圧倒的に大きな事業規模ゆえに、世界経済の影響もより受けやすいのだと主張することもできた。だが、エヌビディアはその差を大幅に縮めてきている。ファクトセットによると、2023年1月期通期のエヌビディアのデータセンター向け予想売上高は、インテルの2022年12月期同部門の予想売上高の約5分の4に相当する。3年前、エヌビディアのデータセンター向け事業は、インテルのせいぜい10分の1だった。

 だが、過去数年まさに輝かしい業績を残してきたエヌビディアにとって、従来見通しの未達はやはり目立つ失速となる。同社は8日、直近四半期のゲーム事業売上高が前年同期比33%減の約20億4000万ドル(2752億円)になると発表した。同社は、「4-6月期が進むにつれて売り上げが大幅に減少した」と説明しており、そのために、価格を下げ始めたという。また、データセンター向け事業にも課題がないわけではない。前述のように増収はしているものの、エヌビディアは5-7月期のデータセンター向け売上高が自社予想を「やや下回った」と述べている。また、市場予想も6%ほど下回っている。

 PCやスマートフォン向けなどの他の半導体分野では、数週間前から市場軟化についての兆しが広がっている。また、ビデオゲームも夏場の不振がみられている。米ゲームソフト大手エレクトロニック・アーツアクティビジョン・ブリザードはいずれも、先週それぞれが発表した決算で、4-6月期の純受注額が前年同期比で減少したことを明らかにした。データセンター需要は、クラウドサービス大手による堅調な設備投資により比較的安定しているが、大きな景気後退があれば、この先数四半期でそれも衰える恐れがある。エヌビディアは8日、今四半期および今後の四半期についてはコメントしなかったが、8月24日に行われる決算発表では言及が期待されている。

 悪いニュースを早めに出したからといって、もうこれ以上は悪いニュースがないということではない。

 

Copyright (c) 2022 Dow Jones & Co. Inc. All Rights Reserved.

 

私見

半導体の未来は明るいのか?暗いのか?良く分からない。

直近の売上は予想を下回り、見通しも悪い。

 

ただ、半導体の大幅な額の支援策や今後の

半導体の経済に対する位置づけを考えれば

明るいニュースの何事でもない。

 

なので直近は大きく落ち込む恐れはあるが

未来は明るい。。。というのが大方の予想なら

今買って、手放しで喜べる時期が来るまで放置

することが最善の策であるとアホでもわかりそう

 

SOXLがようやくプラスに転じてきたが

多分、まだ突き抜けるには時間が掛かりそうで

ヤキモキする気持ちはあるが、逆にもう1回

大きく下げた時にはもっと入れといて

あとはその時の景気も将来の見通しも

良いという判断がされる時期まで気絶しておけば

軽く3~4倍にはなってそうな気がしますね

 

次の四半期決算は10月末ごろだろうが

そこが直近では最後の買い場なのかもしれませんね

 

 <スポンサーリンク>