レバナスと歩む人生

レバナス【レバレッジNASDAQ100投信】をこよなく愛する投資家『おナス』がレバナス運用結果や米国株話、プライベート等を綴るブログ

ナスダック100関連ニュース【ルーチューブって(笑)】

YouTube ロシアで今も視聴できる訳

 

ウクライナに対する戦争を始めてから数カ月がたった今も、ロシア政府は市民にユーチューブ(YouTube)の視聴を許している。ウクライナでの戦闘に関してロシア人が見聞きするものをコントロールしようとする中で、明らかな抜け穴となっている。

 米アルファベット傘下グーグルが所有する動画配信サービスのユーチューブは、ロシア人が独立したメディアによるウクライナ戦争の映像を見て議論できる数少ない場所の一つとなっている。戦争を開始して以降、ロシアはニュースサイトやフェイスブックを含む多くの大手プラットフォームへのアクセスを国内で制限している。

 グーグルの一部幹部が当初予想していたよりも長い間、ロシアでユーチューブが視聴可能になっていると、事情に詳しい複数の関係者は語った。戦争が始まってから、グーグルがロシア政府をいら立たせていることを考えればなおさらだ。

 ユーチューブは世界中のロシア政府系企業・団体が運営する数百に上るチャンネルを一時停止にしている。ロシア政府はそうしたチャンネルの復活を繰り返し要求している。また、グーグルの銀行口座を差し押さえ、同社の現地法人を破産へと追い込み、社員の国外移転を余儀なくさせている。ロシアの通信規制当局は7月、戦争に関する政府の方針に反対するコンテンツを排除しなかったことを理由に、グーグルに3億6000万ドル(約485億円)の罰金を科した。

 今のところ、インターネットプロバイダーにユーチューブへのアクセスを遮断させるまでには至っていない。メタ・プラットフォームズ傘下のフェイスブックやインスタグラム、ツイッター、それにグーグル・ニュース・サービスさえアクセスが遮断されたのとは対照的だ。独立したニュースに広くアクセスできる主な非ロシア系ソーシャルプラットフォームで、ユーチューブと同様に遮断を免れているのは対話アプリのテレグラムだけだ。

 ロシアがウクライナに侵攻してまだ間もない頃、多くのロシア人ジャーナリストや欧米のテクノロジー企業幹部らは、ユーチューブが禁止されると予想していた。ロシア政府のプロパガンダに反対するコンテンツを提供する何千ものウェブサイトへのアクセスが遮断されていたからだ。西側のメディア専門家は現在、ロシア政府がユーチューブについて、人気がありすぎて遮断できないと考えている可能性があると指摘する。

 「一部の銀行は大きすぎてつぶせない。一部のアプリは大きすぎて遮断できない」。こう話すのは、グーグルやメタ、ツイッターで政策コミュニケーションを担当した経験のあるヌー・ウェクスラー氏。「ロシア政府は、国内でユーチューブのような人気のアプリを遮断しようものなら反発を受けると分かっている」

 ソーシャルメディアのプラットフォームを管轄するロシアの通信規制当局はコメントの求めに応じなかった。ロシア政府の報道官は3月、「全く前例のない情報戦がわが国に仕掛けられた」ことをネット規制の理由に挙げた。

 ユーチューブがロシアで活動を続けるのは、「市民が何が起きているのかを知り、外の世界の視点を持てるようにする手助け」をしたいからだと、同社のスーザン・ウォシッキー最高経営責任者(CEO)は5月、会議の場で語っていた。

 ユーチューブのロシアの月間ユニークユーザー数は6月、8500万人超だった(分析会社シミラーウェブ調べ)。ロシアの独立系世論調査機関レバダセンターが4月に実施した調査では、回答したロシア人の47%がユーチューブを利用していると答え、ロシアの「フコンタクテ」に次ぐ人気ソーシャルネットワークだった。

 これはユーチューブが、ロシアが推進しようとしている自国の「ルーチューブ(Rutube)」と比べ、はるかに人気があることを示している。国家の資金がルーチューブに投じられると政府当局者はこれまでに述べている。ルーチューブはロシア国営エネルギー大手ガスプロム傘下で、政府を支持するコンテンツを提供している。シミラーウェブによると、6月の月間ユニークユーザー数は970万人だった。

 だが、その人気の差は縮小する可能性がある。市民社会および人権問題に関するロシア大統領指揮下の委員会メンバーであるイゴール・アシュマノフ氏は、国営通信社に対し、秋までにユーチューブは遮断されるとみていると語った。同氏によると、その頃にはルーチューブのサービスが向上していると予想しているという。こうした動きが実現すれば、ロシア人がユーチューブを視聴するには特殊なソフトウエアが必要となる。

 

アクセスが遮断されなくても、ユーチューブの視聴が困難になる恐れがある。ユーチューブの動画を中継するサーバーを提供している一部のロシア企業は、グーグルが契約を解消してきたと話す。事情に詳しい関係者らが明らかにした。こうしたサーバーがなければ、ロシアでユーチューブが一部見られなくなる可能性がある。

 グーグルの広報担当者は引き続き「ユーチューブがロシアで視聴できるよう努める」と述べた。

 グーグルはウクライナ戦争を理由に、ロシアでの広告およびその他の商業活動を一時停止している。親会社アルファベットのルース・ポラット最高財務責任者CFO)は4月、グーグルの2021年売上高全体に占めるロシアの割合は約1%だったと語った。

 ユーチューブのロシアでのサービスを調べると、グーグルが戦争に関して誤りのあるコンテンツをある程度回避しているのが分かる。

 プーチン氏寄りのユーチューブ約50チャンネルで最も多い「おすすめ動画」は、概して政治度の低いものや歴史に関する内容だった。同時に、プーチン氏に反対する動画もいくつか交ざっている。ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)のために元グーグルのエンジニア、ギヨーム・チャスロット氏が先週行った分析で明らかになった。一方、プーチン氏に反対するチャンネルでは、同じ考えを持ったコンテンツのおすすめが多かった。

 ユーチューブの広報担当者によると、同社のポリシーはウクライナ戦争を含め、十分に裏付けのある暴力事件を否定したり矮小(わいしょう)化したりすることを禁止している。同社はこの戦争に関連した理由で、これまでに動画7万6000本以上、アカウント9000件を削除した。この規則に触れそうなコンテンツのおすすめを減らす一方、信頼できる情報源を見つけやすくしているという。

 ロシアの独立系メディア「メドゥーサ」などは、ロシア語の人気ユーチューブチャンネルを運営している。先月、反政府パンクバンド「プッシー・ライオット」の元弁護士と、ウクライナ大統領の側近とのインタビューがユーチューブのトレンド入りした。

 だが、ロシアのユーチューブ視聴者の全員がそうした動画を見るわけではない。「ユーチューブには今起きていることの最新情報を求めているが、反ロシアのコンテンツは全く見ない」。モスクワで教育コンサルタントをしているエカテリーナ・テルツィさん(33)はこう話す。本人のユーチューブアカウントによれば、彼女は1日に39分間をユーチューブに費やしている。

 テルツィさんはそのようなコンテンツはすぐに飛ばして、似たような動画が今後は表示されないようにすることもあると話した。

 

Copyright (c) 2022 Dow Jones & Co. Inc. All Rights Reserved.

 

私見

ロシア版ユーチューブがルーチューブ(笑)

めちゃくちゃ発想が安易すぎておもろい*1ケラケラ

 

ってかまだロシアでyoutubeが視聴できるんやね

とっくの昔にダメだと思ってたわ

なんか罰金とか勝手に取られたりしているし

 

中国もおんなじような感じがするが

結局こういう独裁国家的なところで規模が大きければ

自前でなんとかやるんだろうけど

結局は質の悪いパクリだから今まで高品質な

サービスに慣れている国民にとっては

苦痛なんじゃないのかな?とか思いますが

意外とすぐに慣れるのかな?ロシア版マクド

とかもあるし。。。

 

 <スポンサーリンク>

 

 

 

 

*1:´∀`