レバナスと歩む人生

レバナス【レバレッジNASDAQ100投信】をこよなく愛する投資家『おナス』がレバナス運用結果や米国株話、プライベート等を綴るブログ

昨日のレバナス(QLD)と運用報告 2022年8月8日

f:id:norikazutake:20210523110401p:plain 

まいど~ 『おナス』です。

 

もうすぐお盆ですね。

おナスの会社は「盆休み」ってのがないので

6~9月の内、3日間を夏季休暇

6~翌5月までに連続した2日間の休みを

好きなタイミングで取ることになっています。

 

お盆って言っても実家も自転車で15分くらいだから

わざわざ帰省ってたいそうなものでもないし

出掛けるにしても混んでるし、暑いしって

ことでいつも夏は出勤してますが今年は

在宅勤務で過ごそうと思っています。

 

 <スポンサーリンク>

 

 

 

 

昨日のQLD価格

価格:53.67ドル

前日比:▲0.35ドル

前日比率:▲0.65%

 

前週末5日は、好調な7月の米雇用統計を受けて、米連邦準備制度理事会FRB)が大幅利上げを続けるとの懸念が広がった。市場は今後の利上げペースをめぐるさらなる手掛かりを探ろうと、10日発表の7月の米消費者物価指数(CPI)に注目。指数が市場予想から上振れすれば、FRBがインフレ抑制のために大幅利上げを続ける可能性がさらに高まったとみて、再び投資家の間に警戒感が広がりそうだ。


 CPI発表を控えて様子見気分が強い中、ダウは序盤に300ドル超上昇した後で上げ幅を削り、中盤以降は前営業日終値近くでもみ合う展開となった。


 米上院は7日、気候変動対策や財政赤字削減を柱とする「インフレ低減法案」を可決。法案が成立すれば恩恵を受けるとみられる再生エネルギー関連株が上昇した。電気自動車(EV)を手掛ける自動車メーカーの株も買われた。

 

一方、半導体大手エヌビディアが、ゲーム関連製品の出荷減を反映して売上高見通しを下方修正。これが嫌気され、他の半導体株にも売りが波及した。ハイテク大手も総じて軟調だった。

 

引用元:時事通信

 

昨日のナスダック100ヒートマップ

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

 

レバナスは下落しました。

 

久しぶりに下がりました。昨日の米国市場も下がったので

続落にはなりますが、やはり下げのパワーが

弱いのでどちらかといえば上昇していくだろうなと

思っている投資家の方が多いんでしょうね

 

下がり続けると追加投資をためらう人も出てくるけど

最近のように少し上がってくると買う勇気も

湧いてきますので下げ一辺倒よりも

うねってくれた方がいいのかもね

 

 

◆おナスの口座◆

 

◆ナス嫁の口座◆

レバナスの運用状況です。

 

金曜日米国市場が下がった為、レバナスも下げて

おナスのプラスだった特定口座のレバナスも再びマイナスに

 

ま、順調には回復してたけど一本調子で上がり続ける

訳でもないと思っているので気長にやっていきましょう。

 

ま、逆にここからリセッションで株価が急転直下しても

別にいいですしね。。。

 

www.spxl.xyz1

 

 <スポンサーリンク>