レバナスとSOXLと私

レバナスとSOXLをこよなく愛する投資家である『おナス』がレバナスとSOXLの運用結果を綴る

ナスダック100関連ニュース【5/28 ~7:10】

中国のスマホ需要、急速に冷え込む コロナ再拡大で

 

中国でスマートフォンの需要が急速に冷え込んでいる。新型コロナウイルスの感染再拡大を背景に個人消費が低迷しており、米アップルなどスマホメーカーや半導体メーカーは先行きへの警戒感を表明している。

 

 政府系シンクタンクの中国信息通信研究院が今週発表したデータによると、中国のスマホ出荷台数は4月に前年同月比34%減の1770万台となった。1〜4月の出荷台数は30%減の約8600万台だった。

 

 アップルは4月下旬、中国でのコロナ再拡大の影響で4-6月期の売上高は最大で80億ドル(約1兆円)下押しされるとの見通しを示した。

 

 中国のスマホ大手、小米(シャオミ)は今月、1-3月期のスマホ売上高は前年同月比11%減少したと発表した。中国政府による厳格なコロナ封じ込め策が影響したとし、物流の混乱や店舗の閉鎖、部品不足などを挙げた。

 

 中国の半導体受託生産最大手、中芯国際集成電路製造(SMIC)は今月、2022年は世界のスマホメーカーの生産台数が業界予測を少なくとも2億台下回るとの見通しを示した。SMICの趙海軍・共同最高経営責任者(CEO)によると、中国のメーカーが減少分の大半を占める。趙氏は決算説明会で「下降傾向に終わりが見えない」と述べた。

 

上海で実施されたロックダウン(都市封鎖)などコロナ対策の影響は中国の経済全体に波及し、サプライチェーン(供給網)の混乱や消費減退を招いている。中国では消費動向を示す小売売上高が4月に前年同月比11%減少。減少幅は20年3月以来の大きさだった

 

 消費者からは、高額商品への出費を控えているとの声が聞かれる。北京のIT(情報技術)業界で働くジャン・ルイ(43)さんは、今年はスマホ新製品を購入する計画をあきらめたと語る。現在はアップルの「iPhone 12 Pro Max(プロマックス)」を使っている。これまでは1年おきに買い替えていたが、今年は高い値段を払って新モデルを買うことに積極的になれないという。

 

 業界幹部やアナリストらは、需要停滞による打撃は低価格帯の端末で最も早く顕在化し、最も大きくなるとの見通しを示す。景気先行きへの不透明感が強まれば、安さで商品を選ぶ傾向のある低所得層が購入を抑制するためという。

 

Copyright (c) 2022 Dow Jones & Co. Inc. All Rights Reserved.

 

私見

いまだにiphone SE 初代を使用しているおナスと嫁なんで

新しいスマホが高くなろうとも遅れようともあんまり

気にしていません。

 

さすがにそろそろiphone SE 第二世代に変えようかと

思っているがまだなんとか使えてるから

今年中に変えるかも微妙。。。

 

ただシャオミやファーウェイ、サムスンなんかは

売れなくてもいいけどiphoneが売れなければ

Appleの株価が下がりナスダック100も下がるので

iphoneだけはどーか頑張ってください (;^_^A

 

 <スポンサーリンク>

 

 

 

 

EVのリビアン、生産計画を刷新 幹部入れ替えへ

 

電気自動車(EV)メーカーの米リビアン・オートモーティブが生産計画を刷新し、幹部を入れ替える。

 

 R・J・スカリンジ最高経営責任者(CEO)は社内メールで「経営資源の集中を加速させるために生産ロードマップ(行程表)をアップデートした。組織にも変更を加える。急速な進歩を確実にし、成長予測を遅れることなく達成するためだ」と述べた。このメールの内容はブルームバーグが報じ、リビアンも確認した。

 

 リビアンは生産計画の見直しで、年内を予定しているスポーツタイプ多目的車(SUV)「R1S」の第1段の引き渡しを前倒しする可能性がある。トラック「R1T」は既に引き渡しを開始した。

 

 それより見込みが高いのは、2024年か25年の発売を予定している2つ目の車台(プラットフォーム)の開発前倒しだ。R1TとR1Sは共通の車台を採用している。

 

 同業大手テスラもセダン「モデルS」とSUV「モデルX」は車台が共通だ。リビアンが第2の車台に取りかかれば、テスラが第1・第2の量産車の後に「モデル3」と「モデルY」を発売したのに似たような動きといえそうだ。

 

 幹部人事では、生産・エンジニアリング担当バイスプレジデントのチャーリー・ムワンギ氏が辞任する。リビアンが発表済みだったフランク・クライン氏の最高執行責任者(COO)就任直前に当たる。クライン氏は自動車部品大手マグナ・インターナショナルからリビアンに入る。

 

 リビアンの広報担当者は電子メールを通じた発表文で「クライン氏は生産、製造エンジニアリング、サプライチェーン(供給網)を監督する」と述べた。

 

Copyright (c) 2022 Dow Jones & Co. Inc. All Rights Reserved.

 

私見

リビアンはここ最近の株価が急落しており

それによってamazon株も大きく下落しています。

 

リビアンだけのせいではないんですが

関係ないとも言えないので経営陣を一新したり

手を打って株価回復させてください!!

 

我が家は車もありませんが、電気自動車を

運転する日はいつになるのかなぁ?

ま、電気自動車の試乗会に行けば

すぐにでも乗れんこともないんでしょうけど

 

電気自動車業界はまだまだ玉石混交状態なので

今が先行者利益を取るにはいい機会でしょうけど

電気自動車の普及やその他問題が色々あるでしょうし

難しい所ですね

 

 <スポンサーリンク>

 

 

 

コインベース幹部4人、上場後の株売却で計1500億円の利益

 

暗号資産(仮想通貨)取引所大手の米コインベース・グローバルの幹部4人が、昨年春の同社上場から今年2月の間に保有株の売却で合計約12億ドル(約1500億円)の利益を手にしたことが分かった。コインベースの株価はこの間、約80%下落した。

 

 この4人は共同創業者のブライアン・アームストロング氏とフレッド・エールサム氏、さらに社長兼最高執行責任者(COO)のエミリー・チョイ氏と最高製品責任者(CPO)のスロジット・チャタジー氏。ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は規制当局への提出書類を基に株式売却益を算出した。

 

 コインベースは2021年4月14日に上場し、初値は381ドルだった。幹部は189〜422ドルで保有株を売却した。株価は27日午前の取引で75ドル付近で推移している。

 

Copyright (c) 2022 Dow Jones & Co. Inc. All Rights Reserved.

 

私見

完全に上場ゴ~~~~~~~~~~ル!!!

みたいなコインベースの株価推移。。。

 

経営者と一部関係者が儲かって

一般投資家や関係者じゃない証券関係者が

大損するといった構図。

経営者たちもまさかここまで下落するとは

かんがえてなかった。。。のかな?

 

でも売上とか利益を見たら調子は

良さそうに見えるけど最初の株価が高過ぎた

だけなんじゃないのかなぁ?とも思う。

 

いくらが適正株価か分かりませんが、

今の適正に戻ればこれから十分上昇の

価値はありそうだけど仮想通貨自体

あまり信じてないのでおナスが買う事は

99.9%ないですね♪