レバナスと歩む人生

レバナス【レバレッジNASDAQ100投信】をこよなく愛する投資家『おナス』がレバナス運用結果や米国株話、プライベート等を綴るブログ

ナスダック100関連ニュース【5/3決算発表情報】

まいど~ 『おナス』です。

 

5/3に発表されたナスダック100銘柄の決算

1銘柄について取り上げたいと思います

 

もうピークは過ぎたかと思いますが、

決算情報を報告していきたいと思います。

 

 

バイオジェン【BIIB

【第一四半期】

営業収益:25.3億ドル

純利益:3.038億ドル

1株利益:2.06ドル

調整後1株利益:3.62ドル

 

米バイオ医薬品大手バイオジェンが発表した1-3月期(第1四半期)決算は、利益が市場予想に届かなかった。

 純利益は3億0380万ドル、1株利益は2.06ドルとなり、前年同期(それぞれ4億1020万ドル、2.69ドル)から減少した。

 調整後1株利益は3.62ドルで、ファクトセットがまとめたコンセンサス予想(4.34ドル)を下回った。アルツハイマー病治療薬「アデュヘルム」の在庫評価減が変動要因となった。

 売上高は25億ドルで、前年同期の27億ドルから減少。コンセンサス予想は25億ドルだった。

 同社は2022年12月期について、売上高が97億〜100億ドル、1株利益が14.25〜16.00ドルになるとの見通しを据え置いた。

 

Copyright (c) 2022 Dow Jones & Co. Inc. All Rights Reserved.

 

 

 <スポンサーリンク>

 

 

 

米バイオジェン、CEOが退任へ アルツハイマー治療薬で苦戦

 

米バイオ医薬品大手バイオジェンは3日、ミシェル・ボナッソス最高経営責任者(CEO)が退任すると発表した。

バイオジェンは人員やコストを削減する方針も明らかにした。アルツハイマー病の新薬「アデュヘルム」を巡っては、米国のメディケア(高齢者向け医療保険制度)が適用を制限する方針を決めたことが打撃となっており、バイオジェンは新たな方向性を模索することになる。

発表によると、ボナッソス氏は後任CEO探しが完了するまでは職務を継続する。

アデュヘルムに関しては、販売インフラを大幅に縮小する方針を示した。このほかの施策も合わせ、年間5億ドル(約650億円)の経費節減を見込む。

バイオジェンは昨年12月に年間5億ドルのコスト削減策を導入しており、合計で10億ドル規模の節減を目指す。

 

Copyright (c) 2022 Dow Jones & Co. Inc. All Rights Reserved.

 

 

<スポンサーリンク>