レバナスと歩む人生

レバナス【レバレッジNASDAQ100投信】をこよなく愛する投資家『おナス』がレバナス運用結果や米国株話、プライベート等を綴るブログ

昨日のレバナス(QLD)と運用報告 2022年4月29日

 


f:id:norikazutake:20210523110401p:plain 

まいど~ 『おナス』です。

 

昨日はいつもと同じように朝からyoutube

ずっと見てたりゴロゴロしたりと無駄?

いや贅沢な時間を過ごしました。

 

米国市場がきな臭いので少し気になりますが

レバナスはどっちみち買えないので

気にしてもしょうがないですね

 

SOXLは売買できますがこちらも

指値がどんどん指さるのを見てるだけの方が

気持ち的には楽なのでザラ場は見ないように

しています。

 

 <スポンサーリンク>

 

 

 

 

昨日のQLD価格

価格:53.20ドル

前日比:▲5.25ドル

前日比率:▲8.98%

 

アマゾンが28日夕に発表した2022年1~3月期決算は、

保有する電気自動車(EV)メーカー株の評価損を計上し、

7年ぶりの赤字に転落。ネット通販の売り上げも減少した。

 

グーグルの持株会社アルファベットも減益。

 

過去最高益を更新したアップルも、

サプライチェーン(供給網)混乱や半導体不足などの

リスクが顕在化しつつあり、業績見通しの不透明感が強まっている。

 

米商務省が朝方発表した3月の個人消費支出(PCE)物価指数は

前年同月比6.6%上昇と、約40年ぶりの高水準となった。

米連邦準備制度理事会FRB)は、高インフレの抑制のため、

来週の連邦公開市場委員会FOMC)で、0.5%の

大幅利上げに踏み切り、利上げペースを早めるとの

見方が強まっている。

 

債券市場では金利が上昇。

成長期待から買われてきたハイテク株は、

相対的に割高感強まり、売り圧力が強まった。

 

また、ウクライナ危機の長期化などで先行き不安が高まる中、

急激な利上げによる景気後退懸念も広がっており、

個人消費景気動向の影響を受けやすい銘柄なども大きく下落した。

市場では、「現段階で景気後退はしていないが、今後、

個人消費が冬眠し、景気拡大が終わる可能性はある」

との声があった。

 

 <スポンサーリンク>

 

 

 

 

レバナスは購入不可日の為、反映なしです。

 

おとといは大きく上昇しましたが

昨日はその分をそっくり戻すくらいの行ってこい相場で

ほぼ変化なしとなっています。

ということは25,000円台ですね? 多分・・・

 

 

◆おナスの口座◆

 

◆ナス嫁の口座◆

レバナスの運用状況です。

 

4/28がレバナス購入不可日の為、しばらくは

ここの値が更新されません。

 

反映されるのは5/9かな?

その時、どれくらいの損失になってるか

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

www.spxl.xyz

 

 <スポンサーリンク>