レバナスと歩む人生

レバナス【レバレッジNASDAQ100投信】をこよなく愛する投資家『おナス』がレバナス運用結果や米国株話、プライベート等を綴るブログ

ナスダック100関連ニュース【4/28決算発表情報】

まいど~ 『おナス』です。

 

昨日・今日に発表されたナスダック100銘柄の決算

6銘柄について取り上げたいと思います

 

クアルコム【QCOM】

【第二四半期】

営業収益:111.6億ドル

純利益:29億ドル

1株利益:3.21ドル

 

半導体大手クアルコムが27日発表した1-3月期(第2四半期)決算は売上高が過去最高となった。同社は競合から市場シェアを奪い、新型コロナウイルス感染拡大に伴う中国のロックダウン(都市封鎖)や欧州での需要減退でスマートフォン販売が減速した影響を免れた。

1-3月期の売上高は111億6000万ドル、純利益は29億ドルとなった。クアルコムが示した4-6月期の売上高予想は、ファクトセットがまとめたアナリスト予想の100億3000万ドルを上回った。

クリスティアーノ・アモン最高経営責任者(CEO)によると、市場シェアの拡大は、中国と欧州の厳しい状況を乗り越える一助となった。一例として、同社の半導体は韓国のサムスン電子の最新型スマホ「ギャラクシーS22」の4分の3に搭載されている。旧型機の搭載比率は40%だった。

クアルコムの携帯端末向け半導体の売上高は56%増の63億3000万ドル、コネクテッド端末向け半導体は61%高の17億2000万ドル。自動車向けは41%増の3億3900万ドルだった。

 

同社は4-6月期の売上高が105億〜113億ドルになると予想。アナリストは業界全体のスマートフォンの出荷台数が減少すると予想しているものの、クアルコムは市場シェアを伸ばしている。米同業テキサス・インスツルメンツ(TI)が前日発表した4-6月期の業績見通しは市場予想を下回っていた。

 

Copyright (c) 2022 Dow Jones & Co. Inc. All Rights Reserved.

 

 

 <スポンサーリンク>

 

 

 

メタプラットフォームズ【FB】

【第一四半期】

営業収益:279.1億ドル

純利益:74.7億ドル

1株利益:2.72ドル

 

フェイスブックを傘下に抱えるメタ・プラットフォームズが27日発表した1-3月期(第1四半期)決算は7%の増収となり、2012年の上場以来、最も低い伸びにとどまった。

 売上高は279億1000万ドルで、ファクトセットがまとめた市場予想の282億8000万ドルを下回った。フェイスブックの広告事業は、アップルが昨年導入したターゲティング(追跡型)広告を制限するプライバシー措置によって打撃を受けている。

 利益は95億ドルから74億7000万ドルに減り、2四半期連続の減益となった。1株当たりの利益は2.72ドル、市場予想は2.56ドルだった。

 

マーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は27日、1-3月期(第1四半期)に優先分野の多くで進展がみられたとして、事業に関して明るい見方を示した。

 フェイスブックの1-3月期のデーリーアクティブユーザー数(DAU)は平均19億6000万人。前年同期比4%増となり、市場予想も上回った。昨年10-12月期にはDAUが200万人減と、ユーザー数で初のマイナスとなっていた。

 

Copyright (c) 2022 Dow Jones & Co. Inc. All Rights Reserved.

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

 

アムジェン【AMGN】

【第一四半期】

営業収益:62億ドル

純利益:14.8億ドル

1株利益:2.68ドル

調整後1株利益:4.25ドル

 

アムジェンはバイオ医薬品メーカーで、高度な細胞生物学と分子生物学に基づく治療薬の開発、製造、販売を展開する。特にがん、腎臓病、炎症、腫瘍学の分野での治療薬の開発に注力、製品は診療所、透析センター、病院に販売される。主要製品は、がん化学療法中の患者や透析患者向けの貧血症治療剤「アラネスプ」、白血球減少症治療剤「ニューラスタ」など。

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

アラインテクノロジー【ALGN】

【第一四半期】

営業収益:9.732億ドル

純利益:1.343億ドル

1株利益:1.70ドル

調整後1株利益:2.13ドル


アライン・テクノロジーは米国の歯列矯正システムメーカー。歯科および歯列矯正市場にマウスピース型歯列矯正システム、口腔内スキャナー、CAD/CAMデジタルシステムを設計、製造、販売する。主要製品にはマウスピース型歯列矯正システム「インビザライン・システム」がある。

 

 

ペイパルHD【PYPL】

【第一四半期】

営業収益:64.8億ドル

1株利益:0.43ドル

調整後1株利益:0.88ドル

 

ペイパル・ホールディングスは米国の電子決済サービス企業。事業者と顧客を代行して売買決済をインターネット上で行う。顧客の携帯電話やタブレットウェアラブル端末などに対応し、プラットフォーム名は「ペイパル」、「ペイパル・クレジット」など。事業者はウェブサイトや店舗からも決済サービスの利用が可能。本社はカリフォルニア州サンノゼ

 

 

オライリーオートモーティブ【ORLY】

【第一四半期】

売上高:33億ドル

純利益:4.82億ドル

1株利益:0.43ドル

 

オライリー・オートモーティブは米国の自動車用品・部品の販売会社。自動車修理業者や一般消費者向けに、自動車部品や工具、消耗品、機器やアクセサリーを販売。また、オイルフィルター、バッテリー、フロアマット、シートカバーなどを扱う。顧客へのアフターサービスやプログラム、バッテリー診断テストなども提供。全米46州に店舗を展開。本社はミズーリ州

 

<スポンサーリンク>