レバナスと歩む人生

レバナス【レバレッジNASDAQ100投信】をこよなく愛する投資家『おナス』がレバナス運用結果や米国株話、プライベート等を綴るブログ

ナスダック100関連ニュース【コラム】

まいど~ 『おナス』です。

 

今日は早朝出勤したため、いつものブログしか書けず

ナスダック100ニュースを披露できなかったんで

今から作成していこうと思ったら

けっこうなニュースの本数が出ててどーしよー状態です。

 

とりあえず1本コラムがあったので引用させていただきました。

 

 <スポンサーリンク>

 

 

 

 

IT大手のネット広告、強まる下向き圧力

 

巨大IT(情報技術)企業のインターネット広告は多くのマイナス要因に見舞われている。だが、その痛みは各社に均等ではない。

 ネット広告大手各社の第1四半期(1-3月期)決算の発表は今後数週間内に行われる。決算発表を控え、この業界に対する市場の見方が慎重になっていることに注目したい。インフレ率の上昇や長引くサプライチェーン(供給網)の混乱、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻に加え、アップルが昨年、個人情報の扱いを巡り「iPhone(アイフォーン)」のOSを変更したことなどの複合的な影響が、このセクターに一定の打撃を与えると予想されている。

 ファクトセットの推計によると、グーグル、フェイスブックアマゾン・ドット・コムツイッター、スナップ、ピンタレストの大手6社を合計した広告収入は前年同期比19%増と見込まれている。前年比での伸び率としては前四半期(2021年10-12月期)の28%、前年同期(21年1-3月期)の40%を下回る。

 だが、だがその痛みは各社一様ではないと思われる。グーグルの親会社アルファベットの合計広告収入は前年同期比23%増の551億ドル(約7兆円)になると予想される一方で、フェイスブックを運営するメタ・プラットフォームズは8%増の約275億ドルにとどまる見通しだ。

 これは、メタが1月末に公表した低調な予測の範囲内だが、懸念は拡大しているようだ。ファクトセットによると、今月に入り、これまでに18人のアナリストが同社の広告収入予想額を引き下げている。

 RBCキャピタルのブラッド・エリクソン氏はメタの業績について、4月13日付のリポートで「この四半期も多難」と予想。同氏のチームが中小広告代理店に調査を行った結果、メタのターゲット広告の配信アルゴリズムやパフォーマンスに「改善がみられない」ことが分かったことにも言及している。

 フェイスブックの伸び率は、昨年10-12月期から12ポイント低下し、このグループの中で最も落ち込みが大きい。だが、このグループでは、ツイッター以外のすべての企業で伸びは減速するとみられている。ツイッターのオンライン広告収入は前年同期比25%増の11億ドルとなり、10-12月期の22%増を上回ると予想されている。

 皮肉にも、ツイッターはこのグループの中で唯一、大株主の一人(イーロン・マスク氏)が公然とオンライン広告事業から撤退するよう迫っている企業でもある。実際、マスク氏が仕掛ける望まれざる買収提案劇が、4月28日に予定されている決算発表で同社が示すビジネスのファンダメンタルズに影を落とす可能性は高い。ツイッター株は、今月初めにマスク氏の出資が報じられて以降14%近く上昇しており、このグループの中では唯一、年初来で上げを演じている銘柄だ。

 グーグルは比較的好調を維持すると見られている。本業の検索機能をベースとした事業が、アップルによる昨年の広告ターゲティングを巡る変更の影響を受けにくいと思われるからだ。グーグルはグループ全体の広告収入の半分超を占める。

 調査会社モフェットネイサンソンのマイケル・ネイサンソン氏は先月公表したリポートで、グーグルは 「マーケティングファネル(見込み客の獲得プロセス)の中で最強かつ最も安全な手段の一角であると認識されており、プライバシー基準の変更による広告支出のシフトから恩恵を受けている 」との見方を示している。

 同社のユーチューブ事業も、競合する動画プラットフォームTikTok(ティックトック)の人気上昇の影響を受ける可能性がある。だが、オッペンハイマーのジェイソン・ヘルフスタイン氏は4月13日付のリポートで、ティックトックへの広告支出は「有料ソーシャルメディア予算」から出ているものであり、グーグルへの打撃は限定的だと指摘している。とはいえ、ティックトックが伸びているということは、他のソーシャルメディアが犠牲になっているということだ。ISIエバーコアの調査によると、中国ハイテク大手、字節跳動(バイトダンス)傘下ティックトックの1日当たりユーザー平均利用時間は1-3月期に93分に達し、メタが運営するインスタグラムを69%、スナップチャットを4倍超上回った。

 オンライン広告主にとって、こうした動向は注目に値するものだ。

 

2022 Dow Jones & Co. Inc.

 

~~私見~~

IT広告は最近曲がり角にという情報は前にも聞いたことがあります。

フェイスブックは調子わるいみたいですが、だからこそ

メタバースにシフトして収益の柱を変えようとしているんだと

思っています。メタバースの世界でも結局は広告で収益を

得るのかもしれませんが・・・

 

おナスの働く通信業界も通話料やデータ使用料が頭打ちに

なっているので徐々にネットワークからそれ以外のサービスに

収益の柱を移動させていっています。そうは言っても

弊社は買収含め他の事業でうまくいったという例を

あんまり見たことないんですが・・・

 

ただ、常に・そしてすぐに変わらないとこれからの

世の中の変化の波にあっという間に取り残されそう

 

<スポンサーリンク>