それいけ! レバナス野郎♪♪

レバナス【レバレッジNASDAQ100投信】をこよなく愛する投資家『おナス』がレバナスの運用結果だけをひたすら報告するだけのブログ

レバナス 2021年12月度

f:id:norikazutake:20210703164231j:plain


まいど~ 『おなす』です。

 

12月はオミクロンが影響ある、影響ないでユラユラ

インフレ懸念から2022年に利上げがある、ないからユラユラ

と様々な要因からユラユラと方向感がない動きでした。

 

ただ、中国の不動産会社のデフォルト問題はあんまり

取り上げられなくなってきたのは米国市場には

関係ない話になってきてるのかな?と思っています。

 

 <スポンサーリンク>

 

 

 

f:id:norikazutake:20220102083148p:plain

先月のレバナスは

12/1の基準価格が40,925円

月末の12/30の基準価格が42,484円となっており

騰落率は +3.81%でした。

 

1ヶ月の純資産推移は+271億3,300万円

過去1年の騰落率は+71.41%で

投資信託で4位でした(12/31時点)

 

3ヶ月連続で陽線でした。

下ヒゲが出ていましたが20日過ぎからは回復していき

結果として高値から700円ほど下くらいで

2021年を終えました。

 

f:id:norikazutake:20220102083203p:plain

週足で表示したら

 

1週目と3週目が陰線となっています。

オミクロンの患者が多いとか、利上げを来年から何度も行うなど

市場にとって悪材料がいくつか出てきましたが

足元の好調な企業業績が下支えして株価は踏みとどまりました

・・・って言いたいところですがそこまで企業業績も

手放しで喜べないところも散見していますので

今、株価を支えているのは投資家心理じゃないかな?と

思っています。

 

ここが弱気になれば下落は加速がつきそう

 

 

f:id:norikazutake:20220102083215p:plain

レバナス投信の元となる米国ETFである

『QLD』の月足チャートになります。

 

12月はQLDだと陰線終わりでした。

といっても実線が短かくヒゲが上下に長い十字みたいな

感じになっています。

 

少し天井を予測しそうなローソク足になっていますが、

2021年の最初の方もこういった十字っぽい足が

出てから大きく下がることなく上昇しているので

信憑性はあまりないのかもしれませんね

 

ま、あまりローソク足の線組みがどうとかこうとか

考えても仕方がないですし

信じて積み立てし続けるだけです。

 

信じる者と書いて「儲」なので信じましょう(笑)

 

 <スポンサーリンク>