レバナス積立で経済的自由をこの手に

◆毎日更新◆ レバナス【iFree レバレッジNASDAQ100投信】をリバランス有りの積立投資で1日でも早く経済的自由を目指す男の半生を記したブログ

スポンサーリンク

 

いちのりのレバナス投資方法

f:id:norikazutake:20210223103719j:plain

まいど~! いちのりです

 

さてSPXLへの投資から離れて

1週間が経過しましたがなんかSPXLも

そうですがハイテク・半導体系が元気がなく

ちょろちょろと下げていますね

 

あのまま続けてたら評価損を抱えながら

まぁ上がるまで待ちまーすとか言ってるんだろうなぁと

思っていますがどうなんでしょう?

 

さて今日はいちのりのレバナス投資について

書こうと思います。基本は積立投資を愚直に

進めるだけって言えばそうなんですが

リバランスとイレギュラー対応も織り交ぜているので

それについて書こうと思います。

 

またいちのりのブログは「レバナス」と

検索していただいたら本家の商品説明ページの

すぐ下に表示されます。なんだか嬉しいですね

 

スポンサーリンク

 

 

 

投資先は何度も言っていますのでご存じだと思いますが

レバレッジNASDAQ100投資信託

略して『レバナス』です。

 

NASDAQ100はナスダックに上場している

銘柄から厳選した100銘柄を算出している

指数でありまして大概は時価総額順には並んでいますが

細かいところもあるので明確に時価総額上位100社

って訳でもありません。

 

そのへんはNASDAQ100のウィキペディア

参照いただければと思います。

 

また構成銘柄は基本的には毎年年末で入れ替えが生じます。

それ以外でも例外的に入れ替わる時はあります。

 

なので成長し続けない限りNASDAQ100に

留まることが許されない指数になります。

 

それに2倍のレバレッジが掛かっていまして

日単位のNASDAQ100指数の概ね2倍

上にも下にも動くように設計されています。

 

その投信に毎日積立という形で投資しています。

基本は毎月の給与を70:30に分けて

70%分を毎日積立していき、30%は

大きく下落した際などのリバランス費用として

余裕を持たす感じになっています。

 

毎月の投資額も今のところ一定にしていて

それより多い給与の時は超過分を30%とは

別のところにプールしておき給与からの

投資額が予定より少ない場合はそのプール分から

補填するといった感じにしています。

 

リバランスは2ヶ月に1度の隔月末での

リバランスを計画しています。

リバランスの頻度が世間一般の認識より

高いと思われますがレバレッジ型の商品に

投資している為、ボラティリティが高いという

認識がありその為、リバランスの頻度を高めて

その上下の波を上手く取り込めるようにしています。

 

但し、買値>隔月末価格の場合は売らずに

次の隔月(2月なら4月)末まで待ちます。

 

隔月のリバランスが基本としていますが

70:30のバランスが2ヶ月間に大きく揺らぐ時には

暫定的にリバランスを実施します。

 

その目安として上は75:25より投信比率が高く

なったときに投信を売却するリバランスを実施

下は65:35より現金比率が高くなったときに

投信を購入するという動きも機動的に行います。

但し月末までは待とうと思います。

 

これに加えて月足が陰線になった時に

3%分投信比率を上げていきます。

 

例えば今年からこれを始めて1月は陽線終了なので

70:30のままだとして、2月に仮に陰線が出たとします。

そうすると2月末に73:27にリバランスします。

3月も陰線だった場合は76:24になります。

これでいきますと陰線が10本出た時点で

100:0になります。

 

じゃあこれはいつ70:30に戻るのか?っていうと

1本目の陰線後の陽線出現を1本目陽線とカウントし、

5本目の月足陽線が出た月末に70:30に戻します。

 

その時にはだいたいがプラスにはなっていると

思いますが万が一買値>5本月足陽線月末値の場合は

もう少し待つかもしれません。。。

 

スポンサーリンク

 

 

 

外国投信はどうしても1日時差がある為、リアルタイムに

投資することができません。

ただ、いちのりのようにリアルタイムで株価の変動を

見ていると衝動的に取引しちゃうような性格の人は

投信くらいの時間差があった方がいいのかも

しれません。

 

昨日レバナス投信の元になる米国ETFの「QLD」が

5%超下げましたが今日は日本が祝日の為

投資信託の注文ができません。

仮に注文できたとしても今日の夜の米国市場の価格が

採用されますので今日の晩にQLDが5%上がったら

買う値段は上がりも下がりもしていない価格周辺になります。

 

現に今現在ナスダック先物は昨日より上昇しています。

 

で、今日は日本の祝日で買えず最短で明日の買い付けになるので

その場合は明日の15時に買い付けをして採用される価格は

明日の夜の米国市場次第なのでもしかしたら今日・明日爆上げして

しまい思っていた以上の値段で買ってしまうかもしれません。

 

ただ、そのくらいが長い期間で投資するにはちょうどいいのかも

しれません。素人子供のサッカーじゃないので

ボールがあっちにいけばみんなそこに集まり、

こっちにボールが行けばみんながこっちに集まることを

していれば市場に常に参加できますが疲れます。

 

1日の時差で生じる価格などは誤差って感じれるほど

どっしりした気持ちで投資に臨めばレバレッジ型でも

怖いと思うことなく逆に大きな下落では絶好の

買い場だと判断することが出来、その後の上昇は

計り知れないほどの希望を感じることができるでしょう。

 

一旦大半の投資金額をビジネスにつぎ込むことに

なろうかと思いますがすぐに元本の回収を

行い更に大きな金額レバナスにつぎ込めるように

しっかり頑張っていこうと思います。

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ポチっと応援よろしく

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク