レバナス積立で経済的自由をこの手に

◆毎日更新◆ レバナス【iFree レバレッジNASDAQ100投信】をリバランス有りの積立投資で1日でも早く経済的自由を目指す男の半生を記したブログ

スポンサーリンク

 

今週のレバナス積立 2021年2月1週

f:id:norikazutake:20201115155733p:plain

まいど~! いちのりです

 

現在、給与・ボーナスはレバナス積立投資している いちのりです。

レバナスとはレバレッジNASDAQ100投信の略で

ナスダック100の2倍の動きをする構成となっており

アメリETFでは『QLD』とほぼ同じ動きをする投信です。

 

このレバナス投信には淡々と積立投資をするだけでなく

定期的または流動的にリバランスを実施して

リスクコントロールをしながらもリターンの最大化を

図っています。。。というほど深くも考えていません(笑)

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

f:id:norikazutake:20210206105215p:plain

今週のレバナス投信の推移は

2/1(月):27,082円

2/2(火):28,450円

2/3(水):29,365円

2/4(木):29,122円  

2/5(金):29,791円  ★高値更新     

 

直近のレバナスは1/28と2/1に

4桁の下落がありましたがその後は順調に

推移して結局2/5に高値更新しました。 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

さて、いちのりのレバナス投信ですが、

先週から大きく評価益が増えました。

 

 

先週調整となった米国市場は今週には

何事もなかったかのように戻っていき

2/4には若干の下げがありましたが

昨日高値を更新しています。

 

なので評価益も先週の倍くらいになっています。

レバレッジETFレバレッジ投信は

危険だ危険だと巷ではよく言われていますが

説明時に良く使われる、あの段々と減価していく

折れ線グラフって延々とボックス相場のように

株価が上がりも下がりもしない時には

減価していきますよってことで説明されていますが

そもそもあんな長期のボックス相場って

あり得るんでしょうか??

今後ナスダック100が長期のボックス相場で

上げ下げを繰り返しているようであれば

問題ですが右肩上がりに成長すると思って

投資しているのであのグラフの様には

ならないと思っています。

 

結局あの壮大なボックス相場になれば

レバレッジ1倍の通常のETFでも減価は

しないかもしれませんが全然成長していないことに

なるのでそもそもそれってあり得るのかな?と

疑問に思います。

 

1つの会社であれば過去の高値を抜けないまま

ずっと低迷することはあり得ますし

今のエネルギーセクターのようにあまり

パッとしないということもあり得ると思います。

 

ただ、いちのりが投資をしている

S&P500のレバレッジETFや、

ナスダック100のレバレッジ投信が

長期間低迷することはあまり考えにくいかなと

 

将来のことは誰にも分からないので

もしかしたら今後長期間低迷して

あの折れ線グラフの様にただ単に

減価だけしていくということも全くないとは

言えませんが、それはそれで自分の投資が

間違っていたんだなと思うだけになります。

 

f:id:norikazutake:20210206105237p:plain

先週からの投信口数の増減ですが

先週末:292,413口×@26,558円でしたが、

今週末:310,627口×@26,675円となりました。

 

先週からの口数増加率:+6.23%

先週からの単価増減率:+0.44%

現在評価損益率:+11.68%

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ポチっと応援よろしく

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク