SPXLスイングとレバナス積立で経済的自由をこの手に

◆毎日更新◆ SPXL【S&P500 3倍レバレッジETF】をオリジナル投資法でのスイングトレードとレバナス【iFree レバレッジNASDAQ100投信】をリバランス有りの積立投資で1日でも早く経済的自由を目指す男の半生を記したブログ

スポンサーリンク

 

議会突入されててもダウは史上最高値を更新!もはやなんでも上昇

f:id:norikazutake:20210107130309j:plain

まいど~! いちのりです。

 

火曜日~土曜日の朝には前日の

SPXLの情報を提供しています。

アメリカの祝日があればお休みします)

(仕事の都合上、朝に提供できない時があります)

 

 

昨日のSPXL情報

f:id:norikazutake:20210107124255p:plain

ティッカー:SPXL

カテゴリ:S&P500×3倍ブル型ETF

昨日の終値:71.96ドル

前日比:+1.30ドル(+1.84%)

直近高値日:2020/2/19

直近高値:76.33ドル

直近高値からの騰落率: ▲5.73%

 

SPXL日足チャート(6ヶ月)

f:id:norikazutake:20210107124404p:plain

 

今朝の口座状況

米国株口座

f:id:norikazutake:20210107124427p:plain

 

投資信託口座

f:id:norikazutake:20210107124444p:plain



自身の取引状況について 

昨日は先物ではマイナスで推移していましたが

ジョージア州の選挙の結果で大きく上昇。

 

朝にはプラ転していたので

今年一発目。新投資法一発目として

額は小さいですが利確しました。

 

率にすると1%

 

総資産からすると0.4%ほどにはなりますが

今年はこれを積み重ねていこうと

しているので利益が出ればよし!

 

で、さっそく買い戻しました。

ただ、45%を基本としていましたが

なんか気持ち多いかなと思ったので

早速ですが基本を40%まで下げました。

なのでレバレッジは1.35→1.2倍ですね

 

ずっと右肩上がりなら配分多いほうが

そりゃいいんですけど5%でも

暴落時を考えれば少しリスクに備えておきます。

 

ま、正直5%くらいではそれほど

ナンピンを気持ち厚くなるだけで

それほど損益分岐点を下げる効果は

少ないでしょうけど気持ち的な問題が

大きいかもしれません

 

右肩上がりでこまめに利確して小銭をためて

大きな暴落時にはひたすら嵐が過ぎ去るのを待つ

但し、たまには手を出して平均下げる

 

そんなHit and Away作戦をちまちま

やっていきます。

 

レバナスの方はGAFAMが最近目の敵の

ように売り込まれているのでしばらくは

上昇しないんでしょうかね?

 

テスラだけが一人気を吐いています。

 

それにしても昔ダメダメ3兄弟と揶揄った

TNA、FAS、DRNは

DRNを除いてけっこう上昇しましたね

FASは金融セクターなんで1セクターには

なりますが、TNAなんかはラッセル2000

指数に連動していてセクターも1つでなく

分散されているのでSPXLでなければ

TNAを以前ちらっと紹介していましたが

覚えてますかね??

 

しかもけっこう出来高多いんですよねこれ

 

今から乗るのはさすがに・・・ってなると思いますが

次の暴落時にはTNAのことも思い出してあげて

 

回復は遅いけど大型が回復したら次に資金が

入ってくる感じなので忍耐が必要かもね 

 

スポンサーリンク 

 

 

米国株市況

アメリカ市場は上昇しました。

 

 

ADP雇用統計が予想外の減少となったことを

嫌気し寄り付き後下落。

 

その後、民主党が政権、議会で圧倒的多数を占める

ブルーウェーブにより財政支援やインフラ拡大期待が

広がり上昇に転じた。

 

その後、バイデン氏の勝利を受け入れるかどうかの

連邦議会での審議と採決が抗議デモ激化により中断され、

警戒感が広がり上げ幅を縮小もダウは史上最高値を

更新して引けた。

 

ナスダック総合指数は下落に転じた。

セクター別では銀行や素材が上昇した一方で、

テクノロジー・ハード・機器、ソフトウェアは下落。

 

連邦準備制度理事会FRB)は

連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(12月15-16日会合分)で

パンデミック下でも、経済には柔軟性があるとの見解を示した。

同時に、数名のメンバーは将来の国債購入策の修正を

検討することも可能だと指摘している。

 

 フィスコから引用

 

昨日のセクター動向

1 金融 +4.36%

2 素材 +4.09%

3 エネルギー +2.99%

4 公益事業 +2.46%

5 資本財・サービス +2.36%

6 ヘルスケア +1.41%

7 一般消費財 +0.51%

8 生活必需品 -0.07%

9 不動産 -0.54%

10 コミュニケーション -0.66%

11 情報技術(IT) -1.81%

 

昨日のS&P500ヒートマップ

f:id:norikazutake:20210107124505p:plain

 

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ポチっと応援よろしく

スポンサーリンク