レバナス集中投資だけど決算短信をつぶやくブログ

◆毎日更新◆ レバナス【iFree レバレッジNASDAQ100投信】をリバランスありで集中投資しながらも米国株の決算短信情報をつぶやいています

スポンサーリンク

 

週足陰線で投資してたらコロナは大丈夫だけどリーマンでは無理だった

f:id:norikazutake:20201031114119j:plain

まいど~! いちのりです

 

今日はハロウィンですが例年と違って

今年は渋谷とかで暴れたりする人は少ないんでしょうか?

 

去年の11月ごろにテレビを処分して以来

めっきりテレビの情報が入ってきませんので(当たり前か)

大体はネットからの字での情報に触れています。

 

ネットだけで生活すると何が一番変わったかって言うと

だらだらテレビを見ることがなくなったってことと

芸人を見なくなりましたね。特に関西だとバラエティじゃなくても

芸人さんって色々な番組に出ていますので

良く目にしていましたが全く見ない。

 

ネットだとオリラジ中田、キングコング西野くらいですかね?

ってどちらのyoutubeも見ていないのですが

おすすめ画面に出てくるので見せられているっていうのが正解

 

たまに実家に帰って新聞のテレビ欄を見ても

見たいテレビ番組ってほぼ皆無でたまに

NHKの戦国時代を取り上げられている番組は

見てみたいなとおもう程度です。

 

スポンサーリンク

 

 

ま、そんないちのりのテレビ観なんてどーでもいい情報で

タイトルから来た人の90%くらいは上の段落までで

帰っていきそうですが・・・

 

以前ブログで書きました週足陰線を使って取引する方法を

もっと長いスパンで見まして衝撃?の結果がわかりました。

 

SPXLをはじめレバレッジETFのほとんどは

リーマンショック後に作成されたもので

リーマンショックを直接経験していないETFになりますが

もともとがS&P500の1日の動きの3倍という

ことで設計されているのでS&P500のデータがあれば

大まかに価格を作ることが可能です。

 

ローソク足も大体にはなりますがS&P500と

同じになりますので『SPY』を見ながら

2000年のITバブルから見てみましたが

2000年から2003年、2007年から2009年

どちらも大きく下げたので有名で

当時SPXLが生成されていればどちらも

90%を超える暴落に見舞われていました。

 

で、週足陰線はというとどちらも新値とかなしで

計算したら40本を超える陰線が出現しています。

 

で、それを陽線新値1本目から数えて8本目や11本目

などで売ったとしても多分赤字でしょう

 

コロナでは上手くいくからと言って安易に採用してしまうと

リーマンみたいな時には機能不全に至ります。

 

月足ではどうか?と思って月足陰線新値で見てみると

どちらも新値11本目で反転しています。

 

その後5本で売却してしまうと多分赤字でしょう。

結局、直近の動きに適応させてだけでブラックスワン

発生してしまうと消し飛んでしまう方法は

採用すべきではありません。

 

スポンサーリンク

 

 

 

どうしても右肩上がりの時でも少しでも利益を

取りたいという気持ちで考えた方法ですが、

欲に目がくらんでしまって視野が狭くなっていました。

 

多分一番よい投資方法は積み立てをしながらも

大きな下げには資金投入できる資金を別で

用意することだと思います。

 

あとはレバレッジ投資をしている方には

より重要だと思いますけどこまめなリバランスが

重要だと思っています。

 

S&P500を利用した仮想SPXLでも

2000年から2003年、2007年から2009年と

すごい大きな時間軸での『行ってこい相場』を

形成しています。通常のETFならそこまで行ってこいに

ならないので長期で見れば右肩上がりになりますが

レバレッジETFだと95%も下がってしまえば

いままで積み上げたものはほぼなくなります。

 

リバランスをすることでもっと得られたかもしれない

利益を放棄するのかもしれませんが、

それよりもっと大きな観点から見ての得や損を

見逃すことになりますので安定した利益を積むためにも

リバランスが大事だと思います。

 

また大きく投資方法が変わるかもしれないので

その時はまた報告します。

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ポチっと応援よろしく

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク