SPXL一本勝負!!

◆毎日更新◆ 米国レバレッジETFの『SPXL』にオリジナル投資法で挑戦中! 完全逆張り投資で3種のS&P500ETFと対決

スポンサーリンク

 

また新しい投資方法を考えたので公開してみる

f:id:norikazutake:20201011203437j:plain

まいど~! いちのりです

 

 

最近新しいビジネスもやらないことが決まり

他にやることもないので土日はぐーたらぐーたら

してましたが、自分の得意な事は何か?

好きな事は何か?ってなったときに

 

得意か?って言われると正直微妙だけど

好きか?って問われれば『はいっ!!』って

大声で返事できるほど投資が好きなんで

投資について考えることにしました。 

 

スポンサーリンク

 

 

この投資方法はSPXLの日足・週足・月足のチャートで

それぞれの陰陽線を使用します。

 

テクニカル指数で色々と試してみましたが、

どうもピンとくるものがなかったので

もっとも原始的?で単純な方法から

ローソク足の陰陽線を使用することにしました。

 

以下に最近のチャートを載せています。

 

①SPXLの日足チャート(期間:6ヶ月)

f:id:norikazutake:20201011204653p:plain

 

②SPXLの週足チャート(期間:1年)

f:id:norikazutake:20201011204822p:plain

 

③SPXLの月足チャート(期間:2年)

f:id:norikazutake:20201011204846p:plain

 

スポンサーリンク

 

 

 

ルールとしては日足と週足・月足では若干違うので

以下に記載していきます。

 

日足ルール

日足直近高値更新の陽線→陰線出現からスタートとなり、

その陰線で最初の買いを行います。

その後、その陰線の実体を下回る終値で終わる陰線が

出現する(私の認識で言う陰線新値出現)で

更に買っていくという単純なものになります。

ただ、その買う株数ですが直近高値からの騰落率に

よって差をつけます。

日足だと①0%~▲33%、②▲33%~▲66%、

③▲66%~▲99%の三段階に分けます。

明日から試すのでまずは1株単位から始めるので

①は1株購入、②は2株購入、③は3株購入となります。

決済は陰線新値更新が終わった後の日足陽線を1本目と

数えて8本目の陽線新値出現で全量売却となります。

 

週足ルール

週足直近高値更新の陽線→陰線出現からスタートとなり、

その陰線で最初の買いを行います。

その後、日足と違って陰線新値が出なくても

単純に陰線が出現したら買いを行います。

 

また買う株数ですが日足と同じく直近高値からの

騰落率によって差をつけます。

週足では①0%~▲25%、②▲25%~▲50%、

③▲50%~▲75%、④▲75%~▲99%の

四段階に分けます。

購入株数は1株単位から始めるので

①は1株購入、②は2株購入、③は4株購入、

④は8株購入となります。

決済は陰線新値更新が終わった後の週足陽線を1本目と

数えて8本目の陽線新値出現で全量売却となります。

 

月足ルール

月足直近高値更新の陽線→陰線出現からスタートとなり、

その陰線で最初の買いを行います。

その後、日足と違って陰線新値が出なくても

単純に陰線が出現したら買いを行います。

 

また買う株数ですが日足・週足と同じく

直近高値からの騰落率によって差をつけます。

月足でも①0%~▲25%、②▲25%~▲50%、

③▲50%~▲75%、④▲75%~▲99%の

四段階に分けます。

購入株数は1ヶ月はだいたい4週間あることから

4倍の数から始めます。

したがって①は4株購入、②は8株購入、

③は16株購入、④は32株購入となります。

決済は陰線新値更新が終わった後の月足陽線を1本目と

数えて5本目の陽線新値出現で全量売却となります。

 

今日ふと考えたので穴があるかもしれませんが、

それは投資を実践していく中で改善したり

もしかしたら取りやめたりしていきます。

また以前から出している『WR&SL法』の

SL(陰線)部分と被るので今後どのような資金配分で

やっていくか等まだまだ解決すべき問題がありそうです。

 

今後はそのあたりも踏まえてブログを更新していきますので

よろしくお願いいたします。

 

※文中に出てくる新値5本や8本などは感覚の話に

なりますので特に科学的根拠はありません。

 

※当投資法は思い付きの部分も多数含まれており

効果を測定していません。また今後有効であるかどうかも

不明の為、万が一使用される場合は自己責任のもと

試していただくようお願い申し上げます。

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
応援よろしくお願いします!

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク