米国レバレッジETFのみで運用してみたら…

◆毎日更新◆ ルールはあるが守れない。そんな朝令暮改男いちのりが米国レバレッジETFのみに投資して資産を増やしていく様をお届けしています

スポンサーリンク

 

米国レバレッジETF情報 2020年9月15日

f:id:norikazutake:20200916075931j:plain

まいど~! いちのりです。

 

火曜日~土曜日の朝には前日の

厳選7種の米国レバレッジETF

情報を提供しています。

アメリカの祝日があればお休みします)

(仕事の都合上、朝に提供できない時があります)

 

火曜日~土曜日の夜には保有状況の報告を予定しています。

 

 

 昨日の主要米国レバレッジETF情報

 SPXL情報

f:id:norikazutake:20200916080027p:plain

ティッカー:SPXL

カテゴリ:S&P500×3倍ブル型ETF

昨日の終値:54.80ドル

前日比:+0.77ドル(+1.42%)

直近高値日:2020/2/19

直近高値:76.33ドル

直近高値からの騰落率: ▲28.21%

 

 TECL情報

f:id:norikazutake:20200916080046p:plain

ティッカー:TECL

カテゴリ:ハイテクセクター(VGT)×3倍ブル型ETF

昨日の終値:305.28ドル

前日比:+9.12ドル(+3.08%)

直近高値日:2020/9/2

直近高値:414.20ドル

直近高値からの騰落率: ▲26.30%

 

SOXL情報

f:id:norikazutake:20200916080106p:plain

ティッカー:SOXL

カテゴリ:半導体セクター×3倍ブル型ETF

昨日の終値:245.78ドル

前日比:+12.02ドル(+5.14%)

直近高値日:2020/1/24

直近高値:331.00ドル

直近高値からの騰落率: ▲25.75%

 

TNA情報

f:id:norikazutake:20200916080120p:plain

ティッカー:TNA

カテゴリ:米国小型株×3倍ブル型ETF

昨日の終値:32.74ドル

前日比:+0.21ドル(+0.65%)

直近高値日:2020/1/17

直近高値:77.89ドル

直近高値からの騰落率: ▲57.97%

 

FAS情報

f:id:norikazutake:20200916080132p:plain

ティッカー:FAS

カテゴリ:金融セクター×3倍ブル型ETF

昨日の終値:37.50ドル

前日比:▲0.46ドル(▲1.21%)

直近高値日:2020/2/20

直近高値:108.13ドル

直近高値からの騰落率: ▲65.32%

 

DRN情報

f:id:norikazutake:20200916080148p:plain

ティッカー:DRN

カテゴリ:REITセクター×3倍ブル型ETF

昨日の終値:11.64ドル

前日比:+0.39ドル(+3.47%)

直近高値日:2020/2/19

直近高値:36.09ドル

直近高値からの騰落率: ▲67.75%

 

CURE情報

f:id:norikazutake:20200916080202p:plain

ティッカー:CURE

カテゴリ:ヘルスケアセクター×3倍ブル型ETF

昨日の終値:63.83ドル

前日比:+0.28ドル(+0.44%)

直近高値日:2020/1/20

直近高値:80.51ドル

直近高値からの騰落率: ▲20.72%

 

スポンサーリンク 

 

 

米国株市況

アメリカ市場は上昇しました。

 

中国の8月小売売上高が予想以上に回復したほか

ドイツの9月ZEW景気期待指数も20年ぶりの

高水準に達するなど、世界経済の順調な回復が好感され

寄り付きから上昇した。

 

しかし、引けにかけては連邦準備制度理事会FRB)の

結果発表を明日に控えて一旦手仕舞う動きが広がり

上げ幅を縮小した。

 

セクター別ではメディア・娯楽が上昇した一方で、

銀行が売られた。

 

携帯端末アップルは新製品発表で腕時計型端末の

アップルウォッチシリーズ6や第8世代アイパッド

いくつかのサービスをまとめて提供する

「アップルワン」などを発表した。

 

但し、5G対応の新型アイフォーンモデルの発表は

新型コロナの影響により10月近辺に見送られた。

 

昨日のセクター別騰落率は、

1 コミュニケーション +1.72%

2 不動産 +1.39%

3 一般消費財 +1.03%

4 情報技術(IT) +1.00%

5 公益事業 +0.73%

6 素材 +0.47%

7 ヘルスケア +0.16%

8 資本財・サービス +0.08%

9 生活必需品 -0.10%

10 エネルギー -0.76%

11 金融 -1.36%

  

 

ダウはほとんど差がない上昇でしたが

ハイテクはそこそこ戻ってくれました。

 これからどうなるかは1秒先でもわかりませんが

出たとこ勝負で頑張りますよ

 

ヒートマップは金融とエネルギー、ヘルスケアの一角、

資本財が調子が悪かったみたいですね

ま、エネルギーに関しては万年悪い気がしますが・・・

 

今後エネルギーだけが手が付けられないほど上昇しまくって

ハイテクが鳴かず飛ばずってこともあったりするんかな?

 

f:id:norikazutake:20200916080223p:plain


 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
応援よろしくお願いします!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク