米国レバレッジETFのみで運用してみたら…

◆毎日更新◆ ルールはあるが守れない。そんな朝令暮改男いちのりが米国レバレッジETFのみに投資して資産を増やしていく様をお届けしています

スポンサーリンク

 

タラレバには1円の価値もなし!!

f:id:norikazutake:20200905104352p:plain

まいど~! いちのりです

 

 先週の水曜までたまに思ってたことがあります。

 

それは・・・コロナの時に買ったSPXLを

今まで持っていたらいくら儲かってるんだろうか??

ということを。。。

 

結論から言うと

@41.1ドルの1,496株保有だったので

約35,000ドルの儲け!!

 

ただ、うわ~ 売らなかったらよかったーって言うのは

後でならいくらでも言えますよね

 

スポンサーリンク

 

 

実際既に売ってるからどうしようもないんですけど

持ったままの時に先週の木曜日みたいな

下げが来たらどうなるでしょう??

 

10,000ドル近く前日比で評価益が減ってしまう。

それはそれで怖いものだと思います。

 

で、こう思います。

「もっと早く売っておけばよかった」・・・って

早く売らないで持っていたからこそ得れたはずの

35,000ドルの含み益を早く売ればよかったっていうのは

かなり矛盾していますよね

 

ただ、往々にしてそんなことはよく思うことで

そんな都合よく先が読めてるんなら今頃

億万長者ですわ!ってことを冷静にならなくても

気が付きますがなかなかそうは人間考えません。

 

長期投資って将来の展望が明るく期待が持てていても

持ち続けるのってかなり難しいですよね。

 

せっかく含み益がそこそこ出てきたなと

ほくそ笑んでいても、ある日突然その大事な大事な

含み益が急落で一瞬で消えてしまうこともあります。

それはその株自身の問題であったり、

周りの環境のせいだったりします(地合いが悪い)

 

そうなると真っ先に考えるのは先ほどから出ている

「早く売っておけばよかった!!」ですが、次に考えるのが

「もとに戻れば売ろう」じゃないでしょうか??

 

せっかくあそこまで含み益が出たんだからせめて

そこまでは戻して欲しい・・・と願うことになる。

評価益がそこまで増えていたのでそこまでは

自分には当然貰う権利があるとこだわってしまう

 

そこで戻ったときにまた考えるのが

「ここまで戻ったのならもう少し上がるかも」ですし、

更に下落したら「もう少し待とう」になる。

 

スポンサーリンク

 

 

 

結局、どの方向に向かっても言い訳ばかりが出てきて

厳格に取引するというのはけっこう難しいものです。

上に戻ってくれて再度上昇気流に乗るのならまだ

良いでしょうけど、ずるずると株価が下がってしまい

いつの間にか含み益がゼロになりマイナスとなった場合、

余計に手放したくなくなります。マイナスになったら

プラスになるまでって次の目標設定がされてしまいます。

 

ま、そんなことは十分承知の上で長期投資を頑張っている

方々もたくさんいらっしゃいますが、いちのりには

到底無理なので細かく利益確定を行っています。

 

効率は悪いのは重々承知はしていますが、

いちのりの心情的にはその方が合っているので

今後もそうやっていこうと思います。

皆様も自分の気持ちに即した投資方法を見つけて

実践するようにしてみてください。

 

そうしないといずれ無理が生じてしまいますよ

 

タラレバには1円の価値も無し!

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
応援よろしくお願いします!

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク