米国レバレッジETFのみで運用してみたら…

◆毎日更新◆ ルールはあるが守れない。そんな朝令暮改男いちのりが米国レバレッジETFのみに投資して資産を増やしていく様をお届けしています

スポンサーリンク

 

米国レバレッジETF情報 2020年9月1日

f:id:norikazutake:20200902083117j:plain

まいど~! いちのりです。

 

火曜日~土曜日の朝には前日の

厳選7種の米国レバレッジETF

情報を提供しています。

アメリカの祝日があればお休みします)

(仕事の都合上、朝に提供できない時があります)

 

火曜日~土曜日の夜には保有状況の報告を予定しています。

 

 

 昨日の主要米国レバレッジETF情報

 SPXL情報

f:id:norikazutake:20200902083137p:plain

ティッカー:SPXL

カテゴリ:S&P500×3倍ブル型ETF

昨日の終値:61.73ドル

前日比:+1.73ドル(+2.88%)

直近高値日:2020/2/19

直近高値:76.33ドル

直近高値からの騰落率: ▲19.13%

 

 

TECL情報

f:id:norikazutake:20200902083153p:plain

ティッカー:TECL

カテゴリ:ハイテクセクター(VGT)×3倍ブル型ETF

昨日の終値:397.38ドル

前日比:+22.47ドル(+5.99%)

直近高値日:2020/9/1

直近高値:397.67ドル

直近高値からの騰落率: ▲0.07%

 

SOXL情報

f:id:norikazutake:20200902083208p:plain

ティッカー:SOXL

カテゴリ:半導体セクター×3倍ブル型ETF

昨日の終値:282.14ドル

前日比:+15.04ドル(+5.63%)

直近高値日:2020/1/24

直近高値:331.00ドル

直近高値からの騰落率: ▲14.76%

 

TNA情報

f:id:norikazutake:20200902083222p:plain

ティッカー:TNA

カテゴリ:米国小型株×3倍ブル型ETF

昨日の終値:35.54ドル

前日比:+1.22ドル(+3.55%)

直近高値日:2020/1/17

直近高値:77.89ドル

直近高値からの騰落率: ▲54.73%

 

FAS情報

f:id:norikazutake:20200902083235p:plain

ティッカー:FAS

カテゴリ:金融セクター×3倍ブル型ETF

昨日の終値:40.02ドル

前日比:+0.50ドル(+1.27%)

直近高値日:2020/2/20

直近高値:108.13ドル

直近高値からの騰落率: ▲62.99%

 

DRN情報

f:id:norikazutake:20200902083251p:plain

ティッカー:DRN

カテゴリ:REITセクター×3倍ブル型ETF

昨日の終値:11.09ドル

前日比:▲0.04ドル(▲0.31%)

直近高値日:2020/2/19

直近高値:36.09ドル

直近高値からの騰落率: ▲69.27%

 

CURE情報

f:id:norikazutake:20200902083317p:plain

ティッカー:CURE

カテゴリ:ヘルスケアセクター×3倍ブル型ETF

昨日の終値:66.28ドル

前日比:▲1.88ドル(▲2.76%)

直近高値日:2020/1/20

直近高値:80.51ドル

直近高値からの騰落率: ▲17.67%

 

スポンサーリンク 

 

 

米国株市況

 アメリカ市場は上昇しました。

 

ダウは利益確定の売りで下落して寄り付いた。

その後発表された8月ISM製造業が予想を上回り、

2018年11月以来の高水準となったことが

好感され、上昇に転じた。

 

引き続きハイテクセンターが牽引し、

引けにかけて上げ幅を拡大した。

 

セクター別ではテクノロジー・ハード・機器、

食・生活必需品小売りが上昇した一方で、

医薬品・バイオテクが下落した。

 

トランプ大統領は中国アプリ、TiKTokの米国事業売却の

期限は9月15日だと改めて表明した。

 

 

昨日のセクター別騰落率は、

1 素材 +2.75%

2 情報技術(IT) +1.86%

3 一般消費財 +1.09%

4 コミュニケーション +1.04%

5 資本財・サービス +0.96%

6 金融 +0.22%

7 生活必需品 +0.11%

8 不動産 -0.15%

9 エネルギー -0.92%

10 ヘルスケア -0.98%

11 公益事業 -1.14%

  

 株価は反転上昇しました。やはり少し下がれば

すかさず押し目買いが入るような感じで

続落しにくい地合いなのかもしれませんね

 

ただ、TECLの上がり方が少し異常っぽいので

怖さを感じますけどね・・・

 

ヒートマップは悪かったセクターは

ヘルスケア、公益、エネルギー、REIT、

生活必需品です。

良かったのはハイテク、資本財、一般消費財でした。

 

f:id:norikazutake:20200902083333p:plain


 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
応援よろしくです

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク