米国レバレッジETFのみで運用してみたら…

◆毎日更新◆ ルールはあるが守れない。そんな朝令暮改男いちのりが米国レバレッジETFのみに投資して資産を増やしていく様をお届けしています

スポンサーリンク

 

米国レバレッジETF情報 2020年8月25日

f:id:norikazutake:20200826075509p:plain

まいど~! いちのりです。

 

火曜日~土曜日の朝には前日の

厳選7種の米国レバレッジETF

情報を提供しています。

アメリカの祝日があればお休みします)

(仕事の都合上、朝に提供できない時があります)

 

火曜日~土曜日の夜には保有状況の報告を予定しています。

 

 

 昨日の主要米国レバレッジETF情報

 SPXL情報

f:id:norikazutake:20200826075637p:plain

ティッカー:SPXL

カテゴリ:S&P500×3倍ブル型ETF

昨日の終値:57.43ドル

前日比:+0.59ドル(+1.04%)

直近高値日:2020/2/19

直近高値:76.33ドル

直近高値からの騰落率: ▲24.76%

 

 

TECL情報

f:id:norikazutake:20200826075655p:plain

ティッカー:TECL

カテゴリ:ハイテクセクター(VGT)×3倍ブル型ETF

昨日の終値:340.48ドル

前日比:+4.93ドル(+1.47%)

直近高値日:2020/8/24

直近高値:341.10ドル

直近高値からの騰落率: ▲0.18%

 

SOXL情報

f:id:norikazutake:20200826075711p:plain

ティッカー:SOXL

カテゴリ:半導体セクター×3倍ブル型ETF

昨日の終値:260.83ドル

前日比:+8.14ドル(+3.22%)

直近高値日:2020/1/24

直近高値:331.00ドル

直近高値からの騰落率: ▲21.20%

 

TNA情報

f:id:norikazutake:20200826075727p:plain

ティッカー:TNA

カテゴリ:米国小型株×3倍ブル型ETF

昨日の終値:35.07ドル

前日比:+0.14ドル(+0.40%)

直近高値日:2020/1/17

直近高値:77.89ドル

直近高値からの騰落率: ▲54.97%

 

FAS情報

f:id:norikazutake:20200826075742p:plain

ティッカー:FAS

カテゴリ:金融セクター×3倍ブル型ETF

昨日の終値:38.77ドル

前日比:+0.50ドル(+1.31%)

直近高値日:2020/2/20

直近高値:108.13ドル

直近高値からの騰落率: ▲64.15%

 

DRN情報

f:id:norikazutake:20200826075758p:plain

ティッカー:DRN

カテゴリ:REITセクター×3倍ブル型ETF

昨日の終値:11.06ドル

前日比:+0.08ドル(+0.73%)

直近高値日:2020/2/19

直近高値:36.09ドル

直近高値からの騰落率: ▲69.35%

 

CURE情報

f:id:norikazutake:20200826075813p:plain

ティッカー:CURE

カテゴリ:ヘルスケアセクター×3倍ブル型ETF

昨日の終値:65.86ドル

前日比:+1.24ドル(+1.92%)

直近高値日:2020/1/20

直近高値:80.51ドル

直近高値からの騰落率: ▲18.20%

 

スポンサーリンク 

 

 

米国株市況

 アメリカ市場は上昇しました。

 

7月の新築住宅販売件数や

8月のリッチモンド連銀製造業指数が予想を

上回る結果となった一方で、8月の消費者信頼感指数が

予想外に6年ぶりの低水準に悪化したことを懸念し

寄り付きからは下落した。しかし、強いハイテク株に

支えられて引けにかけては下げ幅を縮小。

 

ナスダック総合指数は史上最高値を更新した。

 

セクター別ではメディア・娯楽、ソフトウェアが

上昇した一方でエネルギーが下落した。

 

ダウ平均株価の構成銘柄の変更が発表され、

8/31の取引開始前に実施することが明らかとなった。

エクソンモービルファイザーレイセオンテクノロジー

が構成銘柄から外れることになり、

代わりにセールスフォース、ハネウェル、アムジェン

が採用されることになった。

 

昨日のセクター別騰落率は、

1 コミュニケーション +0.97%

2 ヘルスケア +0.7%

3 一般消費財 +0.53%

4 情報技術(IT) +0.52%

5 不動産 +0.31%

6 金融 +0.27%

7 資本財・サービス -0.09%

8 生活必需品 -0.13%

9 素材 -0.32%

10 公益事業 -0.92%

11 エネルギー -1.42%

 

 

ダウがいくら下げてもナスダックが堅調ならば

基本S&P500も堅調なので

ダウの存在意義って・・・て最近よく思います。

 

なので8/31に銘柄変更でエクソンファイザーから

セールスフォースなどに変わることで

ダウもまた少し輝きを取り戻すのでしょうか??

 

ま、30銘柄で構成しないといけないのがなかなか

しんどいことなんでしょうけど、GAFAMが

全部入ってれば多分ダウって余裕で40,000ドルとか

もしかしたら行ってるかもしれませんね(適当)

 

ヒートマップはエネルギー、公益、資本財、生活必需品が

悪く、ハイテクは相変わらず堅調でした。

 

f:id:norikazutake:20200826080710p:plain


 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
応援よろしくです

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク