SPXL一本勝負!!

◆毎日更新◆ 米国レバレッジETFの『SPXL』にオリジナル投資法で挑戦中! 完全逆張り投資で3種のS&P500ETFと対決

スポンサーリンク

 

理論で証明されているから仕方ない・・・けど

f:id:norikazutake:20200815214441j:plain

まいど~! いちのりです

 

休みの日は仕事のスキルアップのために頑張ろう!!って

心意気だけは立派だったけど「俺、めんどくさがりだった」

ってことで有限不実行を地で行ってるので頑張ろう!って

思って最初の日だけは何かやって気がするけど

後はなんもしてない。。。

 

ブログも読者のタメになる記事を書こう!!って昔思ったけど

構成やら文章の内容やらを考えている段階で

「めんどっ・・・」ってなって今こんな感じの

考えた事をすぐ言葉にしているような記事や

毎日決まりきった定型文みたいな記事を量産しています。

 

昔から努力が人一倍苦手な人間なので

なんでもそこそこな状態で43年間生きてきています。

投資は今までの中で一番好きな事かもしれないけど

だからと言って銘柄のファンダメンタルやニュースを

調べたり分析したりもせず、テクニカルみたいに

何時間もチャートや指数の研究をしたりはしていなくて

なんとなくこんな感じかなぁって投資方法を

考えたり人の投資方法を拝借したりしています。

 

スポンサーリンク

 

 

なので20年くらい株式投資していますが、

いまだにこれくらいの資産額でくすぶっています。

(一度リーマンショック時に1,000万円失いました)

 

ただ、最近はようやく人の投資法を拝借はしていますが

なんとなく自分の形が決まってきた感じがしてきました。

 

ただ変形リスクコントロールポートフォリオ

少し利益が出たらすぐに全部決済をしてしまってて、

あまりリスクコントロールポートフォリオとしては

機能していない感じになっている。

その為、その後に株価は上昇を続けていくのでなかなか

再度乗ることが出来ずに凹んだりしていました。

 

ただその待てない心理はキャッチアップ画像にもあります

プロスペクト理論の図をを見たときに全て納得しました。

 

・喜び(利益)の最初の段階が一番売りたい気持ちが高くなる。

・利益が多少出た後にそれを失うのが苦痛だからすぐに利確する。

・損失の最初の方はついつい玉を重ねたくなり買い平均値を

 うまく下げれず後で後悔する。

・ある程度下がってしまえば急に気持ちにゆとりが出て

 少々の事では驚かなくなる(但しあまり追加で買えない)

 

以上のことが全てあてはまることからも、いちのりは

素直にプロスペクト理論の被験者としては最適な人間

なんだなと思いました(笑)

 

スポンサーリンク

 

 

 

利益が出始めたときに半ば強制的でも手仕舞いするのを

ぐっと我慢してある程度までいけば

ずっと持っていられるのかもしれません。

 

ただ、いちのりは素直?なので多分これからもすぐに

手仕舞いしてしまいそうですが、こういう心理状態ですよ

あなた!って出てしまえばそこを補うための施策は

講じることができるのかなと思います。

 

損失パートから言えば

最初の落ちはじめで毎日ガツガツ下がるのをみれば

ついつい買いたくなるけど「待てば更に下がるよ」

「急いで買わなくても相場は逃げないよ」ってな感じで

過去の暴落を見れば1週間後すぐに底には到達しないので

慌てて買わないようにします。

 

だいぶ値下がっている時は今まではけっこう仕込んじゃったので

あんまり買いたくないなと思っても無理にでも

1株ずつ買っていくようにします。

 

利益パートでは、

早売りはもう性格上仕方ないと割り切る。

ただし、売ってしまったら売ってしまったで

すぐに次の弾込めを行えるような仕組みを作る。

 

売値よりも値上がってなかなか買いづらいと思っても

どんだけ待っても翌週末を期限に無理にでも買う。

といったことを行えば持ってないまま見送り過ぎて、

気が付いたらえらい高値に行ってしまった

ってことがないように出来る。

 

そんな感じでどうせプロスペクト理論通りにしか

動けない私ならそれ通りに動いても利益はしっかりと

確保できるように工夫するのが良いのかもしれませんね

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
応援よろしくです

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク