ただ米国レバレッジETFのみを取引するブログ

ルールは一応あるが守れない。そんな朝令暮改男いちのりが米国レバレッジETFのみを勝手気ままに取引して資産を増やしていく様をお届けしています

スポンサーリンク

 

情報が価格にすべてが織り込まれているのではなく・・・

f:id:norikazutake:20200725104802p:plain


まいど~! いちのり商店です。

 

情報局って名乗っていたブログを商店?にしてから

1週間が経ちました。

 

特に商店っぽい感じでもなく

逆に以前は9種類の米国レバレッジETFを毎日

紹介していたのに今は毎日の口座情報だけしか

載せてないやん!!って思われるかもしれませんが

まったくもってその通りですね。

 

毎日朝にあの紹介をやってると朝の時間が

あっという間になくなりまして

それを書いている対価としてのアドセンス

分給で計算したら1円/分くらいと思ったら

もっと他にやることあるのでは??と

急に思い始めてしまいました。

 

だからといって2021年4月までは

はてなの契約とドメインが残っているので

それまでは続けようと思っていますが

はっきり言ってサンクコストが惜しいだけで

なんら賢明な判断ではないのかなと思っています。

 

スポンサーリンク

 

 

ま、そんな個人的なことは置いといて、

今日思ったのが株価って結局価格に集約されているよね

っていう話です。

 

投資を長いことやっても短い期間だとしても

一様にみなさん株の勉強をしますよね。

 

株の2大研究対象としては

ファンダメンタルとテクニカルとあると思いますが

どちらもかなり奥深く一生を捧げても

解明できないかもしれません。

 

いちのりの無駄に長くやっていますが

その時々でファンダメンタルを調べたり、

テクニカルにはまったりと色々と手を出してきました。

 

ただ、最近思うことはいろいろと考えた結果が

最終的には価格に反映されているということです。

 

ただ、こう書くと業績が悪いのに上がっている株

業績良いのに下がる株もありますし、

テクニカルのシグナル上、上がるとなってても下がるし

下がるとなってるけど上がることは枚挙に暇がありません。

 

なのでファンダメンタル・テクニカルから価格に

反映されるまでに間に1つ挟まるファクターがあります。

 

それがみなさん投資家の心理です。

 

業績が悪い→株価が下がると考えたがなんか上がってる

→情報を見たら有名な評論家が底打ちしたと言っている

→みんな買っている→俺も買おう→価格が上昇

 

みたいな感じでファンダメンタルやテクニカルの

情報を受けてそれぞれが判断して行動した結果が

価格に盛り込まれているということです。

 

それには声の大きさ(有名投資家)や

量の大きさ(機関投資家の売買)やネットやSNSなど

様々な情報が錯そうしているため1つ1つについては

解明することは不可能だと思いますが、

ここで1番言いたいのは

 

一生懸命テクニカルやファンダメンタルを勉強しても

それが大衆の思いと逆であれば報われない可能性が高い

ということです。

 

なので、いちのりは売買に関して価格以外の

ファクターについては取り入れるのをやめました。

ま、レバレッジETFの場合は強制償還やレバレッジ倍率の

変更という別のやっかいな問題は常に抱えていますが

基本は価格で売買するかどうか、いくら買うかどうかを

決めています。

 

この考えに納得いかない人もいると思います。

投資は自己資金で自分の考えで好きに取引すれば

いいと思いますのでそれぞれが納得した形でやるのが

当たり前のことだと思っています。

 

価格だけ見る場合、システムトレードみたいな形に

すればいいんでしょうけど、いかんせんそこは

自分で取引したい気持ちがありそういうところが

自分のダメなところだと思いました。

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
応援よろしくです

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク