SPXL一本勝負!!

◆毎日更新◆ 米国レバレッジETFの『SPXL』にオリジナル投資法で挑戦中! 完全逆張り投資で3種のS&P500ETFと対決

スポンサーリンク

 

株式投資って条件の良い小売り業みたいだよね

f:id:norikazutake:20200719110313p:plain

まいど~! いちのりです。

 

いきなりですけど投資って小売業みたいな感じがしますよね

証券取引所に売ってる商品(銘柄)があり、

それは毎日、毎秒値段が変化してるけど

それを自分が決めて購入する。

 

仲介してくれる仲介業者(証券会社)に手数料を支払う。

で、そのあとはその商品(銘柄)が自分の仕入れた値段よりも

手数料を加味して高く売れそうなら第三者に販売。

 

往復手数料を支払い、利益が出ていれば税金も支払い

残った額が利益となる。

 

ま、信用売りは少し考えが違うから別ですが

信用買いは掛けで仕入れたみたいな感じになるかな

 

スポンサーリンク

 

 

本来キャッチアップ画像のようなお店を構えて

商売を始めた場合、店が自分のものでなければ

賃貸しなければならず賃貸料が発生する。

自分の土地・建物でも税金はかかる。

 

また、販売するものも1つでは基本話にならないので

複数を仕入れる必要があるし、1アイテムも1点ではなく

そこそこの数を仕入れる必要がある。

お店も自分一人で出来るものもあるが

従業員を雇わなければならないところもある。

 

あと、水道光熱費や備品・設備なども必要となる。

そしてなによりも売るために顧客が絶対必要となる為、

広告を打ったり、宣伝したりする必要がある。

 

それと比較すると株式投資って

仕入れはネットで完結する。

・小ロットでも注文できる。

・手数料もそれほど高くないし商品によっては

 手数料が無料とかもある(特定ETF

・よっぽど出来高がない銘柄以外は価格さえ折り合えば

 すぐに売買成立する。

・世界中に顧客がいる

・買った商品(銘柄)は配送料がかからない。

・買った商品(銘柄)の保管場所に困らない

・買った商品(銘柄)は腐らない(期限がない)

・買った商品(銘柄)は壊れない

(個別株は倒産はあるかもしれないが・・・)

・売った後にクレームなんて絶対に言ってこない

・税金は20%は高いかもしれないが税処理の面倒がない

・従業員がいらないし、自分も店番しなくてよい(指値注文)

・多少の電気代、パケット代しか光熱費かからない

・店舗を用意しなくてよい

 

こんな感じで株式って小売りの感覚から見れば

理想のお店みたいな感じですよね。

ただ、投資ってなるとなんか別の心理が働き

うまくいかないことがあったりする。

暴落の時もまさしくそうだが、小売りのバーゲンなら

みんな行列を作って並び、我が我がで買い漁るのに

株のバーゲンは皆さーーーって逃げていく。

 

そんな感じでいちのりも今後株式投資する時は

小さな商店主?商店のおっさんとして世界中の

お客さん相手にレバレッジETFという商品の小売業を行う。

といった感覚で運用していこうと思います。

 

だから何?って皆さん思うかもしれませんが。。。

 

なので来週あたりからはブログ名や内容・雰囲気に

商店感を出そうかな??(意味不明・・・)

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
応援よろしくです

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク