米国レバレッジETFのみで運用してみたら…

◆毎日更新◆ ルールはあるが守れない。そんな朝令暮改男いちのりが米国レバレッジETFのみに投資して資産を増やしていく様をお届けしています

スポンサーリンク

 

米国レバレッジETF情報 2020年6月30日

f:id:norikazutake:20200701073712j:plain

まいど~! いちのりです。

 

火曜日~土曜日の朝には前日の

厳選9種の米国レバレッジETF

情報を提供しています。

アメリカの祝日があればお休みします)

(仕事の都合上、朝に提供できない時があります)

 

 

 昨日の主要米国レバレッジETF情報

 SPXL情報

f:id:norikazutake:20200701073900p:plain

ティッカー:SPXL

カテゴリ:S&P500×3倍ブル型ETF

昨日の終値:41.81ドル

前日比:+1.70ドル(+4.24%)

直近高値日:2020/2/19

直近高値:76.33ドル

直近高値からの騰落率: ▲45.22%

 

TQQQ情報

f:id:norikazutake:20200701073929p:plain

ティッカー:TQQQ

カテゴリ:ナスダック100×3倍ブル型ETF

昨日の終値:97.65ドル

前日比:+5.31ドル(+5.75%)

直近高値日:2020/2/19

直近高値:118.80ドル

直近高値からの騰落率: ▲17.80%

 

TECL情報

f:id:norikazutake:20200701073956p:plain

ティッカー:TECL

カテゴリ:ハイテクセクター(VGT)×3倍ブル型ETF

昨日の終値:232.89ドル

前日比:+12.40ドル(+5.62%)

直近高値日:2020/2/19

直近高値:335.53ドル

直近高値からの騰落率: ▲30.59%

 

SOXL情報

f:id:norikazutake:20200701074012p:plain

ティッカー:SOXL

カテゴリ:半導体セクター×3倍ブル型ETF

昨日の終値:188.21ドル

前日比:+14.06ドル(+8.07%)

直近高値日:2020/1/24

直近高値:331.00ドル

直近高値からの騰落率: ▲43.14%

 

TNA情報

f:id:norikazutake:20200701074035p:plain

ティッカー:TNA

カテゴリ:米国小型株×3倍ブル型ETF

昨日の終値:27.39ドル

前日比:+1.00ドル(+3.79%)

直近高値日:2020/1/17

直近高値:77.89ドル

直近高値からの騰落率: ▲64.84%

 

FAS情報

f:id:norikazutake:20200701074054p:plain

ティッカー:FAS

カテゴリ:金融セクター×3倍ブル型ETF

昨日の終値:31.29ドル

前日比:+1.34ドル(+4.47%)

直近高値日:2020/2/20

直近高値:108.13ドル

直近高値からの騰落率: ▲71.06%

 

DRN情報

f:id:norikazutake:20200701074108p:plain

ティッカー:DRN

カテゴリ:REITセクター×3倍ブル型ETF

昨日の終値:10.06ドル

前日比:+0.37ドル(+3.82%)

直近高値日:2020/2/19

直近高値:36.09ドル

直近高値からの騰落率: ▲72.13%

 

CURE情報

f:id:norikazutake:20200701074122p:plain

ティッカー:CURE

カテゴリ:ヘルスケアセクター×3倍ブル型ETF

昨日の終値:54.33ドル

前日比:+2.69ドル(+5.21%)

直近高値日:2020/1/20

直近高値:80.51ドル

直近高値からの騰落率: ▲32.52%

 

TMF情報

f:id:norikazutake:20200701074136p:plain

ティッカー:TMF

カテゴリ:米20年超長期国債×3倍ブル型ETF

昨日の終値:40.66ドル

前日比:▲0.51ドル(▲1.24%)

直近高値日:2020/3/9

直近高値:58.30ドル

直近高値からの騰落率: ▲30.26%

 

スポンサーリンク 

 

 

いちのりの所感

 

アメリカ市場は上昇しました。

 

新型コロナ感染拡大への懸念や、

6月シカゴ購買部協会景気指数が予想を下回ったことで

下落して寄り付いた。しかし、6月消費者信頼感指数が

 予想以上に改善を示したことに加えて、

国立アレルギー・感染症研究のファウチ所長が

議会証言でウイルスワクチンに関して楽観的な

見解を示したことが好感された。

 

パウエルFRB議長とムニューシン財務長官の

議会証言後、追加支援策への期待も高まり

引けにかけても堅調な推移となった。

 

セクター別では半導体半導体製造装置やエネルギーが

大きく上昇した。

 

S&P500指数は1998年以来で

最大の四半期上昇を記録した。

 

昨日のセクター別騰落率は、

1 エネルギー +2.20%

2 情報技術(IT) +1.92%

3 ヘルスケア +1.81%

4 一般消費財 +1.73%

5 不動産 +1.59%

6 金融 +1.56%

7 素材 +1.43%

8 コミュニケーション +1.32%

9 生活必需品 +0.81%

10 資本財・サービス +0.65%

11 公益事業 +0.41%

 

キャッチアップ画像は2回目?ファウチ所長です。

議会証言でワクチンについて楽観的証言と

追加支援策のウワサの域を超えないくらいの

情報でプラス圏内にもっていきましたが

後から見ても弱々しい材料っぽいのですぐに

剥落しそうな感じですね

 

4-6月がS&P500過去最大の上昇って

たぶん率でなくて数なんでしょうけど

そりゃ分母が大きけりゃ数は大きなものになるよね

率で表示してくれなきゃ!って言ったものの

率とも数とも書いていないのでもしかしたら

率なのかもしれない時は勘弁してください。。。

 

SPXLの月足は昨日の上昇でかろうじて

陽線終了でした。先物も渋っていたし

絶対陰線終了だと思ってたのに外れました。

 

やはり相場の先を見通すってことは出来ない

出来ないからこそ出た結果に対してどう

動いていくかに全力を尽くさないといけない

 

未来を映す水晶玉はどこにもない

 

ヒートマップは昨日よりは弱いですがほぼ緑でした。

昨日よかった資本財が昨日はダメでした。

あとは公益も弱かったですね

 

米国レバレッジETF9種は、

残念ながら高値更新はありませんでした。

 

f:id:norikazutake:20200701074207p:plain


 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
応援よろしくです

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク