いちのりの米国レバレッジETF投資

米国レバレッジETF情報&運用成績や日々の生活等をざっくばらんに書いています

スポンサーリンク

 

米国レバレッジETF情報 2020年6月25日

f:id:norikazutake:20200626072438j:plain

まいど~! いちのりです。

 

火曜日~土曜日の朝には前日の

厳選9種の米国レバレッジETF

情報を提供しています。

アメリカの祝日があればお休みします)

(仕事の都合上、朝に提供できない時があります)

 

 

 昨日の主要米国レバレッジETF情報

 SPXL情報

f:id:norikazutake:20200626072453p:plain

ティッカー:SPXL

カテゴリ:S&P500×3倍ブル型ETF

昨日の終値:41.45ドル

前日比:+1.28ドル(+3.19%)

直近高値日:2020/2/19

直近高値:76.33ドル

直近高値からの騰落率: ▲45.70%

 

TQQQ情報

f:id:norikazutake:20200626072531p:plain

ティッカー:TQQQ

カテゴリ:ナスダック100×3倍ブル型ETF

昨日の終値:96.41ドル

前日比:+2.49ドル(+2.65%)

直近高値日:2020/2/19

直近高値:118.80ドル

直近高値からの騰落率: ▲18.85%

 

TECL情報

f:id:norikazutake:20200626072548p:plain

ティッカー:TECL

カテゴリ:ハイテクセクター(VGT)×3倍ブル型ETF

昨日の終値:227.44ドル

前日比:+8.36ドル(+3.82%)

直近高値日:2020/2/19

直近高値:335.53ドル

直近高値からの騰落率: ▲32.21%

 

SOXL情報

f:id:norikazutake:20200626072604p:plain

ティッカー:SOXL

カテゴリ:半導体セクター×3倍ブル型ETF

昨日の終値:179.08ドル

前日比:+4.30ドル(+2.46%)

直近高値日:2020/1/24

直近高値:331.00ドル

直近高値からの騰落率: ▲45.90%

 

TNA情報

f:id:norikazutake:20200626072632p:plain

ティッカー:TNA

カテゴリ:米国小型株×3倍ブル型ETF

昨日の終値:26.03ドル

前日比:+1.15ドル(+4.62%)

直近高値日:2020/1/17

直近高値:77.89ドル

直近高値からの騰落率: ▲66.58%

 

FAS情報

f:id:norikazutake:20200626072645p:plain

ティッカー:FAS

カテゴリ:金融セクター×3倍ブル型ETF

昨日の終値:32.26ドル

前日比:+1.94ドル(+6.40%)

直近高値日:2020/2/20

直近高値:108.13ドル

直近高値からの騰落率: ▲70.17%

 

DRN情報

f:id:norikazutake:20200626072659p:plain

ティッカー:DRN

カテゴリ:REITセクター×3倍ブル型ETF

昨日の終値:9.74ドル

前日比:+0.33ドル(+3.51%)

直近高値日:2020/2/19

直近高値:36.09ドル

直近高値からの騰落率: ▲73.01%

 

CURE情報

f:id:norikazutake:20200626072715p:plain

ティッカー:CURE

カテゴリ:ヘルスケアセクター×3倍ブル型ETF

昨日の終値:52.35ドル

前日比:+1.62ドル(+3.19%)

直近高値日:2020/1/20

直近高値:80.51ドル

直近高値からの騰落率: ▲34.98%

 

TMF情報

f:id:norikazutake:20200626072733p:plain

ティッカー:TMF

カテゴリ:米20年超長期国債×3倍ブル型ETF

昨日の終値:40.33ドル

前日比:+0.35ドル(+0.88%)

直近高値日:2020/3/9

直近高値:58.30ドル

直近高値からの騰落率: ▲30.82%

 

スポンサーリンク 

 

 

いちのりの所感

 

アメリカ市場は上昇しました。

 

連日、ウイルス感染者数の急増が

報告されていることを嫌気して下落して寄り付いた。

 

テキサス州知事がヒューストンを含むハリス郡ほか

4郡で緊急性のない手術を延期する指示を出したほか、

経済活動の段階的な再開をいったん停止すると発表すると

下げ幅を拡大した。

 

その後、当局がボルカールールの緩和を承認、

スワップ取引の証拠金要件撤廃を発表すると

金融関連株中心に上昇に転じ、引けにかけて上げ幅を

拡大する展開となった。

 

セクター別では金融や保険、各種金融が大きく上昇

した一方で公益事業が下落した。

 

テキサス州フロリダ州でウイルス感染が増加し、

段階的活動再開の中断を強いられた一方で、

ニューヨーク市は7/6からレストラン店内での

飲食が可能となる第三段階目の経済再開に入る予定。

 

今日のアイキャッチ画像は・・・

ボルカールールの生みの親。ボール・ボルカーさんです。

去年の12/8に92歳でお亡くなりになりました。

 

ボルカールールとは2010年夏に成立した米国の

金融規制改革法(ドット・フランク法)の中核となる

「銀行の市場取引規制ルール」のこと。

 

銀行が自らの資金(自己勘定)で自社の運用資産の

効率を図るためにリスクを取って、

金融商品を購入・売却また取得・処分をする事を禁止する。

 

オバマ米大統領の呼びかけにより、

ポール・ボルカー元米連邦準備理事会(FRB)議長が提唱した。

具体的には、米国の銀行によるデリバティブ

商品先物の取引を規制し、未公開株ファンドや

ヘッジファンドなどへの出資も制限する。

 

一方、顧客のリスク回避などを目的としたヘッジ取引や、

値付け(マーケットメーク)取引、米国の国債や政府機関債、

地方債のほか、外国銀行の在米拠点における

外国国債の債券取引などは規制対象外となっている。

 

2008年の金融・経済危機を引き起こした要因が

米大手銀行の放漫経営にあり、金融機関の破綻や

公的資金投入による救済が続出したことから、

「預金者のお金を高リスク取引に二度と回させない」との

理念に基づいて導入された。

 

ま、これが緩和されたということで際限なく欲を

追及する米国金融機関がまた暴走しそうな気もしますが

その時はその時でまた新しい仕組みができるんでしょうね

 

その時のショックで死なないようにしておこうねと

自分自身覚えておかないといけません。。。

昨日も下がっていたので買おうかと思いましたが

また朝起きたら「おはぎゃーーーーー!!」ってなってるかも

とおもって寝て起きたら上がってるやん

 

アフターマーケットは下げてるのでこの上げは

一時的なもので終わりそうな気もします。

 

ヒートマップはほぼ緑でした。

昨日、公益はマシだと言っても下がってましたが

今日は一人負けでした。

 

米国レバレッジETF9種は、

残念ながら高値更新はありませんでした。

 

f:id:norikazutake:20200626072753p:plain


 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
応援よろしくです

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク