いちのりの米国レバレッジETF投資

米国レバレッジETF情報&運用成績や日々の生活等をざっくばらんに書いています

スポンサーリンク

 

米国レバレッジETF情報 2020年6月23日

f:id:norikazutake:20200624072151j:plain

まいど~! いちのりです。

 

火曜日~土曜日の朝には前日の

厳選9種の米国レバレッジETF

情報を提供しています。

アメリカの祝日があればお休みします)

(仕事の都合上、朝に提供できない時があります)

 

 

 昨日の主要米国レバレッジETF情報

 SPXL情報

f:id:norikazutake:20200624072206p:plain

ティッカー:SPXL

カテゴリ:S&P500×3倍ブル型ETF

昨日の終値:43.47ドル

前日比:+0.58ドル(+1.34%)

直近高値日:2020/2/19

直近高値:76.33ドル

直近高値からの騰落率: ▲43.05%

 

TQQQ情報

f:id:norikazutake:20200624072222p:plain

ティッカー:TQQQ

カテゴリ:ナスダック100×3倍ブル型ETF

昨日の終値:99.80ドル

前日比:+2.54ドル(+2.61%)

直近高値日:2020/2/19

直近高値:118.80ドル

直近高値からの騰落率: ▲15.99%

 

TECL情報

f:id:norikazutake:20200624072242p:plain

ティッカー:TECL

カテゴリ:ハイテクセクター(VGT)×3倍ブル型ETF

昨日の終値:235.21ドル

前日比:+5.01ドル(+2.18%)

直近高値日:2020/2/19

直近高値:335.53ドル

直近高値からの騰落率: ▲29.90%

 

SOXL情報

f:id:norikazutake:20200624072256p:plain

ティッカー:SOXL

カテゴリ:半導体セクター×3倍ブル型ETF

昨日の終値:187.37ドル

前日比:+1.62ドル(+0.87%)

直近高値日:2020/1/24

直近高値:331.00ドル

直近高値からの騰落率: ▲43.39%

 

TNA情報

f:id:norikazutake:20200624072311p:plain

ティッカー:TNA

カテゴリ:米国小型株×3倍ブル型ETF

昨日の終値:27.61ドル

前日比:+0.32ドル(+1.18%)

直近高値日:2020/1/17

直近高値:77.89ドル

直近高値からの騰落率: ▲64.55%

 

FAS情報

f:id:norikazutake:20200624072326p:plain

ティッカー:FAS

カテゴリ:金融セクター×3倍ブル型ETF

昨日の終値:33.86ドル

前日比:+0.36ドル(+1.06%)

直近高値日:2020/2/20

直近高値:108.13ドル

直近高値からの騰落率: ▲68.69%

 

DRN情報

f:id:norikazutake:20200624072342p:plain

ティッカー:DRN

カテゴリ:REITセクター×3倍ブル型ETF

昨日の終値:10.23ドル

前日比:▲0.17ドル(▲1.64%)

直近高値日:2020/2/19

直近高値:36.09ドル

直近高値からの騰落率: ▲71.65%

 

CURE情報

f:id:norikazutake:20200624072356p:plain

ティッカー:CURE

カテゴリ:ヘルスケアセクター×3倍ブル型ETF

昨日の終値:55.07ドル

前日比:+0.80ドル(+1.47%)

直近高値日:2020/1/20

直近高値:80.51ドル

直近高値からの騰落率: ▲31.60%

 

TMF情報

f:id:norikazutake:20200624072410p:plain

ティッカー:TMF

カテゴリ:米20年超長期国債×3倍ブル型ETF

昨日の終値:38.82ドル

前日比:▲0.74ドル(▲1.87%)

直近高値日:2020/3/9

直近高値:58.30ドル

直近高値からの騰落率: ▲33.41%

 

スポンサーリンク 

 

 

いちのりの所感

 

アメリカ市場は上昇しました。

 

トランプ政権が米中貿易第一段階貿易協定の

続行を再確認したほか、クドロー国家経済会議(NEC)

委員長がウイルス感染第2波の兆候は見られず

経済を再度封鎖する可能性を否定した為、

景気回復期待が強まり大きく上昇して寄り付いた。

 

さらに、ムニューシン米財務長官が真剣に

追加救済策を協議しており7月にも可決されるとの

見通しを示したことも好感された。

 

セクター別では、耐久消費財・アパレル、

テクノロジー・ハード・機器が上昇した一方、公益事業が下げた。

 

ムニューシン米財務長官は米国経済が年末までに

リセッションを脱する可能性があると楽観的見解を示した。

 

最近はまた順調に上昇しています。

ま、すべて「期待」から来ているものですが、

たまに期待を外すとこぞって逃げ出し大きく下がる。

ということはまだ投資家たちはおっかなびっくり状態

なんでしょうね、これがほとんど下がらずだったら

かなり気持ちに傲慢さが出ていて「そんなくらいじゃ下がらん」

っていう謎強気が蔓延している証拠になります。

 

やはり相場って投資家の『気持ち』が率直に反映される

ものですよね『気持ち』よりも『欲』かもしれませんが

 

最終的にはファンダメンタルとかに

収れんされるのでしょうけど突発的な出来事だと

まずは『気持ち』で動きます。

 

さてレバレッジETFですがTQQQが100ドル回復

目の前に迫ってきました。

直近高値からの下落も▲15%台になっていて

ハイテク独り勝ち状態ですがマイクロソフトやアップルが

多めのTECLとだいぶ差が開きましたよね

 

上昇しているときは良かったですけど

やはり偏りすぎるのも問題があるから

TQQQやSPXLに投資するのが王道ですね。。。

ってTQQQは日本の証券会社では買えませんが

 

昨日配当落ちでした。

レバレッジETFもそこそこの配当をしていますが

昨日の実績を確認したら全部がかなりの

減配になっていました。

ま、レバレッジETFでは配当をどうこうしたいという

気持ちは全くないので特に気にはしません。

 

それよりも株価が跳ねてくれればそれでいいです。

 

ヒートマップはハイテク以外はまちまちでした。

ただ緑(上昇)の方がきもち多いかもしれませんね

 

米国レバレッジETF9種は、

残念ながら高値更新はありませんでした。

 

f:id:norikazutake:20200624072427p:plain


 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
応援よろしくです

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク