いちのりの米国レバレッジETF投資

米国レバレッジETF情報&運用成績や日々の生活等をざっくばらんに書いています

スポンサーリンク

 

米国レバレッジETF情報 2020年6月17日

f:id:norikazutake:20200618072829j:plain

まいど~! いちのりです。

 

火曜日~土曜日の朝には前日の

厳選9種の米国レバレッジETF

情報を提供しています。

アメリカの祝日があればお休みします)

(仕事の都合上、朝に提供できない時があります)

 

 

 昨日の主要米国レバレッジETF情報

 SPXL情報

f:id:norikazutake:20200618072848p:plain

ティッカー:SPXL

カテゴリ:S&P500×3倍ブル型ETF

昨日の終値:42.77ドル

前日比:▲0.59ドル(▲1.36%)

直近高値日:2020/2/19

直近高値:76.33ドル

直近高値からの騰落率: ▲43.97%

 

TQQQ情報

f:id:norikazutake:20200618072911p:plain

ティッカー:TQQQ

カテゴリ:ナスダック100×3倍ブル型ETF

昨日の終値:93.33ドル

前日比:+0.90ドル(+0.97%)

直近高値日:2020/2/19

直近高値:118.80ドル

直近高値からの騰落率: ▲21.44%

 

TECL情報

f:id:norikazutake:20200618072928p:plain

ティッカー:TECL

カテゴリ:ハイテクセクター(VGT)×3倍ブル型ETF

昨日の終値:219.55ドル

前日比:▲0.37ドル(▲0.17%)

直近高値日:2020/2/19

直近高値:335.53ドル

直近高値からの騰落率: ▲34.57%

 

SOXL情報

f:id:norikazutake:20200618072942p:plain

ティッカー:SOXL

カテゴリ:半導体セクター×3倍ブル型ETF

昨日の終値:185.58ドル

前日比:+5.00ドル(+2.77%)

直近高値日:2020/1/24

直近高値:331.00ドル

直近高値からの騰落率: ▲43.93%

 

TNA情報

f:id:norikazutake:20200618072955p:plain

ティッカー:TNA

カテゴリ:米国小型株×3倍ブル型ETF

昨日の終値:26.93ドル

前日比:▲1.55ドル(▲5.44%)

直近高値日:2020/1/17

直近高値:77.89ドル

直近高値からの騰落率: ▲65.43%

 

FAS情報

f:id:norikazutake:20200618073013p:plain

ティッカー:FAS

カテゴリ:金融セクター×3倍ブル型ETF

昨日の終値:34.67ドル

前日比:▲1.12ドル(▲3.13%)

直近高値日:2020/2/20

直近高値:108.13ドル

直近高値からの騰落率: ▲67.94%

 

DRN情報

f:id:norikazutake:20200618073028p:plain

ティッカー:DRN

カテゴリ:REITセクター×3倍ブル型ETF

昨日の終値:11.24ドル

前日比:▲0.55ドル(▲4.66%)

直近高値日:2020/2/19

直近高値:36.09ドル

直近高値からの騰落率: ▲68.86%

 

CURE情報

f:id:norikazutake:20200618073040p:plain

ティッカー:CURE

カテゴリ:ヘルスケアセクタ-×3倍ブル型ETF

昨日の終値:53.97ドル

前日比:▲0.31ドル(▲0.57%)

直近高値日:2020/1/20

直近高値:80.51ドル

直近高値からの騰落率: ▲32.96%

 

TMF情報

f:id:norikazutake:20200618073056p:plain

ティッカー:TMF

カテゴリ:米20年超長期国債×3倍ブル型ETF

昨日の終値:38.27ドル

前日比:+0.30ドル(+0.79%)

直近高値日:2020/3/9

直近高値:58.30ドル

直近高値からの騰落率: ▲34.36%

 

スポンサーリンク 

 

 

いちのりの所感

 

アメリカ市場はまちまちでした。

 

ダウは下落しましたがS&P500と

ナスダックは上昇して引けました。

 

ダウ平均は感染「第2波」への懸念と、景気回復への

期待を手掛かりに前日終値を挟んで上下する展開となった。

ただ、終盤には売りが強まり安値引けとなった。

 

米国の一部の州や中国・北京で新型コロナの新規感染者が

増えて第2波への警戒感が高まっている。

 

またダウ平均が前日までに3営業日続伸したことを受けて

この日は手仕舞い売りなどで買いが失速した。

 

半面、景気支援策や早期の景気回復への期待感から

株価は下支えした。

米連邦準備制度理事会FRB)のパウエル議長はこの日、

前日に続いて議会証言に出席。

議会に対し、新型コロナを受けた景気支援策の早すぎる

撤回への懸念を表明した。

商務省が発表した5月の住宅着工許可件数は前月から

14.4%増加し、住宅市場の本格回復の兆しが示された。

 

セクター別ではエネルギー株が下げを主導。

金融や不動産の下げも目立った。一方通信は小幅高となった。

 

ま、こうやって書いてみたら昨日の相場は全く

方向感のない相場であり後付けの理由を書くのがしんどいって

いう感じがありありと感じられます。

 

少額投資しているTNA・FAS・DRN三兄弟は

揃ってそこそこ下落。

ただ、▲70%にはまだほど遠いのでそれほど

買いたい感もありません。

 

TNA・FAS・DRN三兄弟はあくまでも

サテライト投資の位置づけなので

以前売った時計の資金だけでやろうと思っています。

 

本体のSPXLはプラス圏ですが一進一退

プラス圏ってところが精神的には楽ですけど、

ここで長く留まられると一旦いくらか

売っといたほうがいいかも?今はプラスだし・・・

 

このまま先週みたいに大きなマイナス来たら

どうしよー??なんて変な考え起こしそうなのも

プラス圏あるあるですよね

 

今週、月単位で投資する以前からの投資方法と

週単位で投資する新しいスイングトレード方法とを

融合したものを作り上げました。

 

月単位の投資方法は上にも下にも強いですが、

急落したときに損益分岐点を下げにくい特徴があり、

今回のようなショックが来ちゃいますと

資金ショートは起こさないまでも買い単価が高止まり

しちゃう為、プラス圏までけっこうな

含み損を抱えちゃう可能性が高いのが難点です。

 

新しい週単位の投資方法はその部分を改善していますが

あまり上昇が進むと持ち株がそれまでに売却して

なくなってしまう可能性が高い為、そこが難点です。

 

それをお互い補完しあったのが今回の試みですが

果たしてうまくいくのかはこれからの

運用次第ですね

 

ヒートマップは赤とも緑とも言えない色が多かったです。

 全体的に見ればマイナスが多いです。

悪いのはエネルギー、金融、REITで

良かったのはハイテク・ヘルスケアですね

 

 

米国レバレッジETF9種は、

残念ながら高値更新はありませんでした。

 

f:id:norikazutake:20200618073147p:plain


 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
応援よろしくです

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク