米国レバレッジETFのみで運用してみたら…

◆毎日更新◆ ルールはあるが守れない。そんな朝令暮改男いちのりが米国レバレッジETFのみに投資して資産を増やしていく様をお届けしています

スポンサーリンク

 

米国レバレッジETF情報 2020年6月8日

f:id:norikazutake:20200609072552j:plain

まいど~! いちのりです。

 

火曜日~土曜日の朝には前日の

厳選8種の米国レバレッジETF

情報を提供しています。

アメリカの祝日があればお休みします)

(仕事の都合上、朝に提供できない時があります)

 

 

 昨日の主要米国レバレッジETF情報

 SPXL情報

f:id:norikazutake:20200609072623p:plain

ティッカー:SPXL

カテゴリ:S&P500×3倍ブル型ETF

昨日の終値:48.48ドル

前日比:+1.71ドル(+3.66%)

直近高値日:2020/2/19

直近高値:76.33ドル

直近高値からの騰落率: ▲36.49%

 

TQQQ情報

f:id:norikazutake:20200609072655p:plain

ティッカー:TQQQ

カテゴリ:ナスダック100×3倍ブル型ETF

昨日の終値:91.89ドル

前日比:+2.00ドル(+2.22%)

直近高値日:2020/2/19

直近高値:118.80ドル

直近高値からの騰落率: ▲22.65%

 

TECL情報

f:id:norikazutake:20200609072716p:plain

ティッカー:TECL

カテゴリ:ハイテクセクター(VGT)×3倍ブル型ETF

昨日の終値:219.27ドル

前日比:+3.79ドル(+1.76%)

直近高値日:2020/2/19

直近高値:335.53ドル

直近高値からの騰落率: ▲34.52%

 

SOXL情報

f:id:norikazutake:20200609072734p:plain

ティッカー:SOXL

カテゴリ:半導体セクター×3倍ブル型ETF

昨日の終値:192.83ドル

前日比:▲1.18ドル(▲0.61%)

直近高値日:2020/1/24

直近高値:331.00ドル

直近高値からの騰落率: ▲41.74%

 

TNA情報

f:id:norikazutake:20200609072801p:plain

ティッカー:TNA

カテゴリ:米国小型株×3倍ブル型ETF

昨日の終値:34.61ドル

前日比:+1.88ドル(+5.74%)

直近高値日:2020/1/17

直近高値:77.89ドル

直近高値からの騰落率: ▲55.57%

 

FAS情報

f:id:norikazutake:20200609072817p:plain

ティッカー:FAS

カテゴリ:金融セクター×3倍ブル型ETF

昨日の終値:44.32ドル

前日比:+1.95ドル(+4.60%)

直近高値日:2020/2/20

直近高値:108.13ドル

直近高値からの騰落率: ▲59.01%

 

DRN情報

f:id:norikazutake:20200609072842p:plain

ティッカー:DRN

カテゴリ:REITセクター×3倍ブル型ETF

昨日の終値:13.62ドル

前日比:+0.99ドル(+7.84%)

直近高値日:2020/2/19

直近高値:36.09ドル

直近高値からの騰落率: ▲62.26%

 

CURE情報

f:id:norikazutake:20200609072856p:plain

ティッカー:CURE

カテゴリ:ヘルスケアセクタ-×3倍ブル型ETF

昨日の終値:61.25ドル

前日比:+1.22ドル(+2.03%)

直近高値日:2020/1/20

直近高値:80.51ドル

直近高値からの騰落率: ▲23.92%

 

スポンサーリンク 

 

 

いちのりの所感

 

アメリカ市場は大きく上昇しました。

 

ハイテク株中心のナスダック総合指数は110.67ポイント

上昇し9,924.75で取引を終え、

2月中旬以来約3ヶ月半ぶりに終値で史上最高値を更新した。

 

新型コロナウイルス危機で急激に悪化した景気の回復への

期待からこの日もリスク選考ムードが継続した。

 

ダウ平均は終盤にかけて上げ幅を拡大し、

昨年9月中旬以来の長期連騰となった。

 

6/5に発表された5月の米雇用統計が予想に反して

好内容だったことが、引き続け相場を支援。

経済の中心地であるニューヨーク市がこの日、

新型コロナで停止していた経済活動再開の

第一段階に入ったことも、投資家の買い意欲につながった。

 

また、石油輸出機構(OPEC)加盟・非加盟の

産油国でつくる「OPECプラス」が6日、

6月末が期限となっていた大幅減産の7月末までの

延長を決めた。原油価格下支えへの期待が高まり、

株価の追い風となった。

 

セクター別では、エネルギー、消費サービスが上昇した

一方、半導体半導体製造装置は下落した。

 

全米経済研究所(NBER)は米国経済が2月に

景気後退入りしたと正式に宣言した。

2009年から始まった景気拡大は128ヶ月と

過去最長を記録した。

 

なんか怖いくらい上昇しますよね。。。

上昇期ってこんな感じなんでしょうか?

バリバリ逆張り投資家で常に評価損に沈んでいる

いちのりとしてはプラスになると途端にそわそわ

 

だから、プラスになったらさっさと売ってしまおう

ってなって全然儲からないんだなぁと反省

 

ただ、今後はしっかり利益を出していきたい。

 

雰囲気だけで上昇していると思われる今の株価が

7月に入って4~6月期の四半期決算が発表される頃に

 思っている以上に悪かった。見通しも悪いってなったら

一気に下がるかもってまた弱気が顔を出してきています。

 

ま、そんなの関係なくアメリカ株はこれからも

上昇していくんでしょうけどね

 

ヒートマップは緑が多かったです。

 

寄り付きではハイテクが悪かったですがプラスに転じています。

あとはヘルスケアの一角と輸送関係がいまいちでした。

逆にエネルギーは公益は光輝いていました☆

 

米国レバレッジETF8種は、

残念ながら高値更新はありませんでした。

 

f:id:norikazutake:20200609072912p:plain


 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
応援よろしくです

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク