米国レバレッジETFのみで運用してみたら…

◆毎日更新◆ ルールはあるが守れない。そんな朝令暮改男いちのりが米国レバレッジETFのみに投資して資産を増やしていく様をお届けしています

スポンサーリンク

 

米国レバレッジETF情報 2020年6月4日

f:id:norikazutake:20200605075438j:plain

まいど~! いちのりです。

 

火曜日~土曜日の朝には前日の

厳選8種の米国レバレッジETF

情報を提供しています。

アメリカの祝日があればお休みします)

(仕事の都合上、朝に提供できない時があります)

 

 

 昨日の主要米国レバレッジETF情報

 SPXL情報

f:id:norikazutake:20200605075500p:plain

ティッカー:SPXL

カテゴリ:S&P500×3倍ブル型ETF

昨日の終値:43.43ドル

前日比:▲0.37ドル(▲0.84%)

直近高値日:2020/2/19

直近高値:76.33ドル

直近高値からの騰落率: ▲43.10%

 

TQQQ情報

f:id:norikazutake:20200605075521p:plain

ティッカー:TQQQ

カテゴリ:ナスダック100×3倍ブル型ETF

昨日の終値:84.86ドル

前日比:▲1.76ドル(▲2.03%)

直近高値日:2020/2/19

直近高値:118.80ドル

直近高値からの騰落率: ▲28.57%

 

TECL情報

f:id:norikazutake:20200605075606p:plain

ティッカー:TECL

カテゴリ:ハイテクセクター(VGT)×3倍ブル型ETF

昨日の終値:200.00ドル

前日比:▲5.11ドル(▲2.49%)

直近高値日:2020/2/19

直近高値:335.53ドル

直近高値からの騰落率: ▲40.39%

 

SOXL情報

f:id:norikazutake:20200605075622p:plain

ティッカー:SOXL

カテゴリ:半導体セクター×3倍ブル型ETF

昨日の終値:180.84ドル

前日比:+4.64ドル(+2.63%)

直近高値日:2020/1/24

直近高値:331.00ドル

直近高値からの騰落率: ▲45.37%

 

TNA情報

f:id:norikazutake:20200605075636p:plain

ティッカー:TNA

カテゴリ:米国小型株×3倍ブル型ETF

昨日の終値:29.33ドル

前日比:▲0.07ドル(▲0.24%)

直近高値日:2020/1/17

直近高値:77.89ドル

直近高値からの騰落率: ▲62.34%

 

FAS情報

f:id:norikazutake:20200605075916p:plain


ティッカー:FAS

カテゴリ:金融セクター×3倍ブル型ETF

昨日の終値:38.24ドル

前日比:+0.76ドル(+2.03%)

直近高値日:2020/2/20

直近高値:108.13ドル

直近高値からの騰落率: ▲64.64%

 

DRN情報

f:id:norikazutake:20200605075711p:plain

ティッカー:DRN

カテゴリ:REITセクター×3倍ブル型ETF

昨日の終値:11.37ドル

前日比:▲0.35ドル(▲2.99%)

直近高値日:2020/2/19

直近高値:36.09ドル

直近高値からの騰落率: ▲68.50%

 

CURE情報

f:id:norikazutake:20200605075725p:plain

ティッカー:CURE

カテゴリ:ヘルスケアセクタ-×3倍ブル型ETF

昨日の終値:57.31ドル

前日比:▲1.35ドル(▲2.30%)

直近高値日:2020/1/20

直近高値:80.51ドル

直近高値からの騰落率: ▲28.82%

 

スポンサーリンク 

 

 

いちのりの所感

 

アメリカ市場はまちまち。

ダウはかろうじてプラスを維持するも

S&P500とナスダックは下落。

 

 

米国の失業保険継続受給者数が予想外に増加した為、

雇用市場の速やかな改善期待が後退、失望感から

売りが先行しました。

 

その後は前日終値を挟んで終始もみ合う展開となる。

セクター別では銀行や保険が上昇した一方、

公益事業や不動産が下落した。

 

AIを活用した販促支援ソフトなどを手掛ける

ズームインフォ(ZI)は、6/4にナスダックに上場

IPO価格21ドルのほぼ倍に跳ね上がるなど、

コロナショック後初となるハイテクの上場は

好調な結果となった。

 

ズームとズームインフォはなんか似てるけど

違う会社なんですよね?

ズームもやったことないですけどこうやって

新しいものを取り入れないとどんどん

時代から取り残されていくんだなと思いました。

 

今後もハイテク企業は星の数ほど上場するんでしょうけど

その中でずっと生き残っていけるのって少ないんでしょうね

 

その中で生き残る会社、燻ってしまう会社の差って

どこなんでしょうか? 

やはり永続的に顧客を取り込めている会社?

常に新しい商品を世に出し続けられる会社?

他社には真似できない何かを持っている会社?

 

今となってはアマゾンなんかもなくてはならないような

会社にはなっているけど上場当初は誰も

そこまでとは思っていないのでほんと先を見通す

力って必要なんかなと思ってしまう。

 

ただ、内部の人間でもなかなか読み取るのは

難しいとは思うのでやはりそこを読むのは

あきらめて機械的ETFを買うほうが良いかも

 

ヒートマップは赤が多かったです。

特にハイテクは連日弱い動きを見せています。

よかったのは金融と資本財。

特に悪かったのはREITでした。

 

米国レバレッジETF8種は、

とうぜん高値更新はありませんでした。

 

f:id:norikazutake:20200605075934p:plain


 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
応援よろしくです

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク