米国レバレッジETFのみで運用してみたら…

◆毎日更新◆ ルールはあるが守れない。そんな朝令暮改男いちのりが米国レバレッジETFのみに投資して資産を増やしていく様をお届けしています

スポンサーリンク

 

米国レバレッジETF情報 2020年6月3日

f:id:norikazutake:20200604080052j:plain

まいど~! いちのりです。

 

火曜日~土曜日の朝には前日の

厳選8種の米国レバレッジETF

情報を提供しています。

アメリカの祝日があればお休みします)

(仕事の都合上、朝に提供できない時があります)

 

 

 昨日の主要米国レバレッジETF情報

 SPXL情報

f:id:norikazutake:20200604080115p:plain

ティッカー:SPXL

カテゴリ:S&P500×3倍ブル型ETF

昨日の終値:43.80ドル

前日比:+1.70ドル(+4.04%)

直近高値日:2020/2/19

直近高値:76.33ドル

直近高値からの騰落率: ▲42.62%

 

TQQQ情報

f:id:norikazutake:20200604080135p:plain

ティッカー:TQQQ

カテゴリ:ナスダック100×3倍ブル型ETF

昨日の終値:86.62ドル

前日比:+1.16ドル(+1.36%)

直近高値日:2020/2/19

直近高値:118.80ドル

直近高値からの騰落率: ▲27.09%

 

TECL情報

f:id:norikazutake:20200604080147p:plain

ティッカー:TECL

カテゴリ:ハイテクセクター(VGT)×3倍ブル型ETF

昨日の終値:205.11ドル

前日比:+4.61ドル(+2.30%)

直近高値日:2020/2/19

直近高値:335.53ドル

直近高値からの騰落率: ▲38.87%

 

SOXL情報

f:id:norikazutake:20200604080201p:plain

ティッカー:SOXL

カテゴリ:半導体セクター×3倍ブル型ETF

昨日の終値:176.20ドル

前日比:+14.20ドル(+8.77%)

直近高値日:2020/1/24

直近高値:331.00ドル

直近高値からの騰落率: ▲46.77%

 

TNA情報

f:id:norikazutake:20200604080215p:plain

ティッカー:TNA

カテゴリ:米国小型株×3倍ブル型ETF

昨日の終値:29.40ドル

前日比:+1.94ドル(+7.06%)

直近高値日:2020/1/17

直近高値:77.89ドル

直近高値からの騰落率: ▲62.25%

 

FAS情報

f:id:norikazutake:20200604080227p:plain

ティッカー:FAS

カテゴリ:金融セクター×3倍ブル型ETF

昨日の終値:37.48ドル

前日比:+3.20ドル(+9.33%)

直近高値日:2020/2/20

直近高値:108.13ドル

直近高値からの騰落率: ▲65.34%

 

DRN情報

f:id:norikazutake:20200604080242p:plain

ティッカー:DRN

カテゴリ:REITセクター×3倍ブル型ETF

昨日の終値:11.72ドル

前日比:+1.07ドル(+10.05%)

直近高値日:2020/2/19

直近高値:36.09ドル

直近高値からの騰落率: ▲67.53%

 

CURE情報

f:id:norikazutake:20200604080257p:plain

ティッカー:CURE

カテゴリ:ヘルスケアセクタ-×3倍ブル型ETF

昨日の終値:58.66ドル

前日比:▲0.33ドル(▲0.56%)

直近高値日:2020/1/20

直近高値:80.51ドル

直近高値からの騰落率: ▲27.14%

 

スポンサーリンク 

 

 

いちのりの所感

 

アメリカ市場は上昇しました。

 

中国の5月サービス業PMIが予想外のプラス成長に

回復したほか、米国の5月ADP雇用統計や

ISM非製造業指数も予想を上回ったため、

V字型回復への期待から大きく上昇して寄り付いた。

 

米国政府が第4弾の経済支援策を検討中との報道も

好感され、引けにかけてさらに上げ幅を拡大した。

 

セクター別では銀行、自動車・自動車部品が上昇し、

一方でヘルスケア機器・サービスが下落した。

 

ワーナーミュージック(WMG)は6/3にナスダック上場し、

今年最大のIPOとなった。

IPO価格は25ドルだったがそれを20%上回る価格で

初日の取引を終えて好調な出だしとなった。

 

株価の上昇に拍車がかかってきた。

みんな乗り遅れまいと必死になっており

買いが買いを呼ぶ循環に入ってきている感じがする。

 

だからといって足元の経済や世界情勢は楽観視できる

状態でもなく、また経済支援策第4弾も検討中の報道だけ

なので中身があるのかも分からず

落胆に終わってしまう可能性も十分考えられる。

 

かつてのアベノミクスのようにフルインベストメントで

途中で脱落せずについていったら「億り人」

になっているといった相場環境はたまに訪れる。

でも、それを実力と勘違いしてしまうと次の形を

変えた暴落時には耐えれなくなって相場から退場してしまう。

 

『運も実力の内』なのかもしれないが運と同時に

実力もつけていかないと勝ち残れないのが相場であると

いちのりは思っています。

 

ヒートマップは緑の方が多かったかがハイテクと

ヘルスケアはあまり強くなかったみたいだね

 

ただ、ハイテクは悪い環境でも下がらず

良いときにはぐっと上がるから全体的に突出した

動きになっている。それ以外のセクターだと悪ければ

がつんと下がるから長期間で見ても上げは緩やか

 

米国レバレッジETF8種は、

とうぜん高値更新はありませんでした。

 

f:id:norikazutake:20200604080315p:plain


 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
応援よろしくです

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク