SPXL一本勝負!!

◆毎日更新◆ 米国レバレッジETFの『SPXL』にオリジナル投資法で挑戦中! 完全逆張り投資で3種のS&P500ETFと対決

スポンサーリンク

 

米国レバレッジETF情報 2020年5月15日

f:id:norikazutake:20200517100028j:plain

まいど~! いちのりです。

 

火曜日~土曜日の朝には前日の

厳選6種の米国レバレッジETF

情報を提供しています。

アメリカの祝日があればお休みします)

(仕事の都合上、朝に提供できない時があります)

 

 

 昨日の主要米国レバレッジETF情報

 SPXL情報

f:id:norikazutake:20200516101928p:plain

ティッカー:SPXL

カテゴリ:S&P500×3倍ブル型ETF

昨日の終値:33.96ドル

前日比:+0.41ドル(+1.22%)

直近高値日:2020/2/19

直近高値:76.33ドル

直近高値からの騰落率: ▲55.51%

 

TQQQ情報

f:id:norikazutake:20200516102021p:plain

ティッカー:TQQQ

カテゴリ:ナスダック100×3倍ブル型ETF

昨日の終値:72.89ドル

前日比:+1.23ドル(+1.72%)

直近高値日:2020/2/19

直近高値:118.80ドル

直近高値からの騰落率: ▲38.64%

 

TECL情報

f:id:norikazutake:20200516102037p:plain

ティッカー:TECL

カテゴリ:ハイテクセクター(VGT)×3倍ブル型ETF

昨日の終値:170.08ドル

前日比:+1.92ドル(+1.14%)

直近高値日:2020/2/19

直近高値:335.53ドル

直近高値からの騰落率: ▲49.31%

 

SOXL情報

f:id:norikazutake:20200516102054p:plain

ティッカー:SOXL

カテゴリ:半導体セクター×3倍ブル型ETF

昨日の終値:121.49ドル

前日比:▲8.12ドル(▲6.26%)

直近高値日:2020/1/24

直近高値:331.00ドル

直近高値からの騰落率: ▲63.30%

 

TNA情報

f:id:norikazutake:20200516102107p:plain

ティッカー:TNA

カテゴリ:米国小型株×3倍ブル型ETF

昨日の終値:19.46ドル

前日比:+0.83ドル(+4.46%)

直近高値日:2020/1/17

直近高値:77.89ドル

直近高値からの騰落率: ▲75.02%

 

FAS情報

f:id:norikazutake:20200516102122p:plain

ティッカー:FAS

カテゴリ:金融セクター×3倍ブル型ETF

昨日の終値:24.23ドル

前日比:▲0.20ドル(▲0.82%)

直近高値日:2020/2/20

直近高値:108.13ドル

直近高値からの騰落率: ▲77.59%

 

スポンサーリンク 

 

 

いちのりの所感

 

アメリカ市場は上昇しました。

 

 米国政府が中国通信機器最大手ファーウェイへの

制裁強化を発表するなど米中対立激化が懸念されたほか

4月小売売上高が過去最大の落ち込みとなった

ことが嫌気して、大きく下落して寄り付いた。

 

その後、5月のミシガン大消費者信頼感指数が

予想外に改善したほか、NY州を始め経済活動の

再開が一段と拡大される見通しとなり、

緩やかに上昇に転じる展開となった。

 

セクター別では、メディア・娯楽や小売りが

上昇した一方で、公益事業・半導体・同製造装置は下落

 

中国政府は、対米報復措置としてクアルコムはシスコ、

アップルなどにサイバーセュリティ関連規則や

独占禁止法などに基づいた調査を行ったり、

制限を課したりすることなどを検討している模様。

 

米中関係がにわかにキナ臭くなってきました。

中国との関係が今すぐなくせるとは到底思えませんが

トランプ大統領も相当頭にきている&焦っている為

中国に対して去年以前よりも苛烈な対応を

取ってくるかもしれませんね。

 

また、中国もそれに素直に応じる国でもない為

報復合戦リターンズっていう展開が待ってそう

 

ただ、そうはいっても自国民にも多大な影響を

及ぼすため、そこはギリギリ大人な対応になるかも

しれませんがコロナショック後の更なる下落も

十分に考えて今後の投資活動をしていかなくては

ならないのかもしれません。

 

現在メイン投資先であるSPXLは

30~36ドルの辺りでいったり来たり

しています。

 

レバレッジETFにとってボックス相場は

避けたい相場環境ではありますが

だからといって自分がどうにか出来るものでも

無い為、ひたすら待つしかないです

 

ヒートマップはまちまちでした。

どこが強いってのはあまりないですが

金融と半導体、公益なんかはまとまって

下がっているので弱かったんだと見れますね

 

米国レバレッジETF6種は、

とうぜん高値更新はありませんでした。

 

f:id:norikazutake:20200516102204p:plain


 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
応援よろしくです

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク