いちのりの米国レバレッジETF投資

米国レバレッジETF情報&運用成績や日々の生活等をざっくばらんに書いています

スポンサーリンク

 

もう世の中 自粛ムードに疲れてはっちゃけたい気持ちが溢れ出ている

f:id:norikazutake:20200509091522p:plain

まいど~! いちのりです。

 

GWが終わり、緊急事態宣言は延長となりましたが

けっこう多くの店舗では5/7から再開してますね

 

ま、緊急事態宣言がどうなれば解除されるか?

更なる補償についてほとんど何も言及されなかった点から

もう耐えれなくなった人・店舗から動き出しています。

 

パチンコ店が今回かなり矢面に立たされて自粛しましたが

だからといって他の店舗スーパーやホームセンターは

他の店が開いてない分、いつも以上に混雑していましたし

レジは間隔をあけてましたが袋詰めスペースは間隔を

置く処置もないしみんな普通に密状態でしたので

なんだろうなぁ?と思います。

 

ここ最近新たな感染者数が少なくなっていますが

本当に感染者数が減ってるのでしょうか?

PCRの検査自体も増えてませんしこの1~2週間で

自粛を緩めた反動で再び増える可能性は十分考えられますね

 

スポンサーリンク

 

 

f:id:norikazutake:20200509091522p:plain

 上記はSPXLの月足チャートです。

 

 

さてSPXLですが今週は大きく上がりました。

 

 

世界的にも新型コロナの影響が少し減ってきており

各国の自粛ムードも緩んで経済活動を再開する動きから

株価は上昇しています。

 

アメリカも昨日発表の雇用統計は戦後最大の悪化でしたが

材料出尽くし感から市場はそれをプラスに感じ上昇。

失業者はまだまだえげつない人数ですが

経済再開と一時的に雇用を減らし人件費を減らした

企業の収益は回復に向かうだろうとの思惑から

株価は上昇したため、一般人は以前大変な状況だが

投資家は回復傾向に向かっている。

 

SPXLは直近高値から▲52%ですが

TQQQは▲40%をも回復(▲37%)なので

だいぶ精神的には楽になってきているのではないでしょうか?

もちろんこのまま回復するかどうかは

まだ分かりませんが2番底に再び下がれば買い、

騰がれば自分が思っているところまではしっかりと持つ

 

個別銘柄ではないので個別株特有の

「隣の芝生は青い」現象もない

※隣の芝生は青い現象とは?

相場全体が上がっていても持ち株が上がらない

相場全体が上がってるのに持株は下がっている

セクターは上がっているのに自分のはあがらない

など自分の持ち株は得体のしれない何かに監視されていて

上がらないように仕組まれているんだ!!とも

思わせられる現象の事

 

ただ、新たに買ったFAS(金融3倍レバETF)も

下がらないのでせっかく時計を売ってまで

工面した現金を使いそびれてしまうのが

ちょっと残念な 

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
応援よろしくです

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク