SPXL一本勝負!!

◆毎日更新◆ 米国レバレッジETFの『SPXL』にオリジナル投資法で挑戦中! 完全逆張り投資で3種のS&P500ETFと対決

スポンサーリンク

 

米国レバレッジETF情報 2020年5月8日

f:id:norikazutake:20200509083427p:plain

まいど~! いちのりです。

 

火曜日~土曜日の朝には前日の

厳選6種の米国レバレッジETF

情報を提供しています。

アメリカの祝日があればお休みします)

(仕事の都合上、朝に提供できない時があります)

 

 

 昨日の主要米国レバレッジETF情報

 SPXL情報

f:id:norikazutake:20200509083456p:plain

ティッカー:SPXL

カテゴリ:S&P500×3倍ブル型ETF

昨日の終値:36.39ドル

前日比:+1.72ドル(+4.96%)

直近高値日:2020/2/19

直近高値:76.33ドル

直近高値からの騰落率: ▲52.33%

 

TQQQ情報

f:id:norikazutake:20200509083510p:plain

ティッカー:TQQQ

カテゴリ:ナスダック100×3倍ブル型ETF

昨日の終値:74.79ドル

前日比:+2.90ドル(+4.03%)

直近高値日:2020/2/19

直近高値:118.80ドル

直近高値からの騰落率: ▲37.12%

 

TECL情報

f:id:norikazutake:20200509083525p:plain

ティッカー:TECL

カテゴリ:ハイテクセクター(VGT)×3倍ブル型ETF

昨日の終値:178.50ドル

前日比:+7.20ドル(+4.20%)

直近高値日:2020/2/19

直近高値:335.53ドル

直近高値からの騰落率: ▲46.80%

 

SOXL情報

f:id:norikazutake:20200509083544p:plain

ティッカー:SOXL

カテゴリ:半導体セクター×3倍ブル型ETF

昨日の終値:138.98ドル

前日比:+11.17ドル(+8.74%)

直近高値日:2020/1/24

直近高値:331.00ドル

直近高値からの騰落率: ▲58.01%

 

TNA情報

f:id:norikazutake:20200509083558p:plain

ティッカー:TNA

カテゴリ:米国小型株×3倍ブル型ETF

昨日の終値:23.23ドル

前日比:+2.37ドル(+11.36%)

直近高値日:2020/1/17

直近高値:77.89ドル

直近高値からの騰落率: ▲70.18%

 

FAS情報

f:id:norikazutake:20200509083612p:plain

ティッカー:FAS

カテゴリ:金融セクター×3倍ブル型ETF

昨日の終値:28.67ドル

前日比:+1.47ドル(+5.40%)

直近高値日:2020/2/20

直近高値:108.13ドル

直近高値からの騰落率: ▲73.49%

 

スポンサーリンク 

 

 

いちのりの所感

 

アメリカ市場は上昇しました。

 

労働省が朝方発表した4月の雇用統計によると

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で

失業率は14.7%と前月の4.4%から

急上昇し、戦後最悪となった。

 

景気動向を反映する非農業部門就業者数は

2,050万人減り、

1939年の集計開始以来で最大の落ち込みとなった。

 

ただ、悪化の程度が市場予想を下回ったほか

「失業者数は危機のピーク時のもの」で

経済再開が行われれば一時帰休の労働者が

すぐに復職するとの見方もあり売り材料にはならなかった。

 

一方、中国の劉鶴副首相と米国のライトハウザー

通商代表部代表、ムニューシン財務長官が電話協議を

行ったと報道があり、両国はこのところの

新型ウイルスを巡り対立を深めているが

貿易協議第一段階の合意実現に向けた協力で

一致したと伝わり、緊張緩和への期待が高まった。

 

欧米では外出制限を緩和する動きが広がっていることから

人や物の移動で需要が回復するとの期待から

原油先物相場が上昇し、投資家のリスク選好を高めた。

 

失業率が一気に10%も上昇したけど

予想より良かったから株価は上昇・・・

一般の考え方と相場の考え方との違いが

よくわかる事例ですね

 

また投資家側と雇用される側とでの違いも

よくわかる事例となっています。

 

アメリカの場合は解雇されても復職が

比較的容易であるといった雇用の流動性

活発ではありますが日本では一度解雇されると

次、同じ額での雇用がなかなか難しいところも

あるので経済復興の起き上がりが遅くなりがち

 

アメリカほどドライに何でもはっきり決めたほうが

一時的な痛みがあるがその分回復は早い

日本はそこをずるずるやるので立ち上がりが遅い

でもその立ち上がりが遅いのが雇用される側を

思ってやるのではないので余計にタチが悪く

結局しわ寄せが雇用される側に来るという感じ

 

ん? 何が言いたいかわからん・・・

 

ま、とにかく投資を頑張りましょう!!

 

 

ヒートマップは緑が多かったです。

このままコロナ収束で上昇しちゃうか?

乗り遅れた人もまだレバレッジETF

直近高値からだいぶ乖離してますよー

 

ただ二番底が来ればけっこう被害を受ける可能性が

あるのでそこは気を付けて!

 

米国レバレッジETF6種は、

とうぜん高値更新はありませんでした。

 

f:id:norikazutake:20200509083641p:plain


 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
応援よろしくです

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク