SPXL一本勝負!!

◆毎日更新◆ 米国レバレッジETFの『SPXL』にオリジナル投資法で挑戦中! 完全逆張り投資で3種のS&P500ETFと対決

スポンサーリンク

 

SPXLの保有状況報告 2020年4月9日

f:id:norikazutake:20200412114412p:plain

まいど~! いちのりです。

 

 

米国レバレッジ投資家は今週も立派に

『生きてるよ~』という思いも込めて 

現在の状況報告といちのりの一言を

簡単に書いていきますので

よろしくです!

 

保有資産状況報告

SPXL保有数:1,579株

平均単価:41.88ドル

約定金額: 66,128.52ドル

4/9終値:31.98ドル

評価総額:50,496.42ドル

評価損益:▲15,631.10ドル

評価損益率:▲23.64%

保有ドル:17,835.31ドル

総資産額:83,963.83ドル

総資産損益率:▲18.62%

 

スポンサーリンク

 

 

 

いちのりの一言

 

前回よりも大きく戻しました。

 

SPXLの株価は30ドルを回復

2番底くるかもくるかもって言われてたのに

するすると上昇してしまいまして

2番底を手ぐすね引いて待ってた投資家たちは

どうしたんでしょうか?

慌てて飛び乗ったのか?それとも

いまでも待ち続けているのか??

 

ただ日足で見たときに既に2番底って

形成してるんですよね実は・・・

 

f:id:norikazutake:20200412115611p:plain

 

 

基本2番底って1番底よりも価格が高い所に

なるのでまさしく2番底。

 

ということで今後はばんばん上がって

高値更新するから乗り遅れた人残念でした~

 

・・・ってなるんかな?

 

多分そうはならないとは思うけど

ま、こればっかりは予測なんてしても

しかたないから価格形成されたものが正義なので

それに合わせて動くしかありません

 

なのでリーマンとかみたいに半年後に

さらに安値更新してから上向くのか

2018年末みたいに押さないまま

そのままするするっと戻るかわかりません

 

皆様思い思いのポジションを取りましょう♪

 

私は今の所もう一度下げるんじゃないかなとは

思っていますがそこそこのポジションもあるので

相場が取引しないといけない価格になれば

動きますしそのまま上昇を続けるのであれば

なるだけ引き付けてからうって利益を出したい。

 

今は下値を更新していないのでそれほど

大きく買うこともないけど単価を少しでも下げるために

毎日1株ずつ購入していっています。

 

先週、直近高値から▲60%まで買うって

言ってましたがすでに▲60%を回復しており

それだともう買い留めになってしまします。

 

コロコロと買値を変えるのもどうかと思いますが

▲50%もしくは今の買い平均値までは

買っていくことに変更しました。 

 

 

いちのりの通常口座です。

まだまだ、だいぶ評価損は減りましたがまだまだですね

f:id:norikazutake:20200412114412p:plain

 

いちのりのNISA口座です。

ようやく大きくプラ転しました。

NISA口座なのでこのまま育てたいですね

f:id:norikazutake:20200412114435p:plain



 嫁のNISA口座です

 

結局朝に起きれなかったり、

上昇してたので買えなかったりして本来なら

もう少し買ってるはずですが買えていません

後からになってしまいますがさっさと買ってれば良かったのに

ってなるほど今週は上がっちゃいましたね

f:id:norikazutake:20200412114457p:plain

 

今後の戦略は、

先ほども書きましたが毎営業日1株ずつ購入継続するのが

直近高値から▲60%までとしたものの

早々にその価格が到来してしまった為

▲50%までか買い平均値になるまでに変更しました。

もうしばらく買っていきたいと思います。

 

大きな買いとしては変わらず

15ドル(▲80%)を割れば少し多めに購入

11ドル(▲85%)を割ればまた少し多めに購入し

今、採用している投資方法から大暴落用に特化した

投資方法に運用を変更するのは変わりません。

 

上に上昇していけば今の投資法に沿って

利益確定タイミングの位置で利益確定を行う

 

利益確定タイミングにならず、下にも行かなければ

毎日購入があればそれを行い、なければ放置

 

ただ、それだけの事なので、動いた価格に沿って

行動していきます。

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
応援よろしくです

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク