SPXL一本勝負!!

◆毎日更新◆ 米国レバレッジETFの『SPXL』にオリジナル投資法で挑戦中! 完全逆張り投資で3種のS&P500ETFと対決

スポンサーリンク

 

バフェット指数で見るとダウの下値は14,000ドル?

f:id:norikazutake:20200405105245j:plain

まいど~! いちのりです。

 

どーも土日が1日フリーなのに生産性の高い事を

やってないなぁと常々思っていました。

 

はっきりいって自分がやるかやらないかだけなんで

誰もせいでもなく自分のせいなんですけどね・・・

 

コロナで外出を控えていると言うかもともと出不精なので

余計にこもるようにはなっていますが

土日48時間という時間をもっと有効に使いたい

 

その為には面倒くさがりな自分から脱皮しなくては?

ってなことで今日は珍しくいつもの記事以外の事を

書こうと思います。

 

f:id:norikazutake:20200405105824p:plain

スポンサーリンク

 

 

これ知ってますか?

いわゆるバフェット指数と言われるグラフです

 

株式時価総額を名目GDPで割ると算出される数値で

一応100%を挟んで割安・割高を判別しています。

 

直近では150%に達し、そろそろと言われながらも

高値更新を続けていましたが

今回のコロナショックで一気に急落し、

現状では113.8%となっています。

 

nikkeiyosoku.com

 

 さて、このままバフェット指数は100%を切るのでしょうか?

今のままだと切りそうですし、なんとなく

そこまでいかないまでに回復傾向になるかもしれない

 

バフェット指数が下がる要素としては

以下が考えられます。

 

1:時価総額がGDPよりも下がる

2:時価総額もGDPも下がるが時価総額がより下がる

 

時価総額は今まさに体験しているように

溶けるが如く減ってきました。

 

逆にGDPというのは時価総額と比べて

それほど急激には下がりません。

 

f:id:norikazutake:20200405110842p:plain

上記はGDPとウィルシャー時価総額を表していますが

2008・2009年のリーマンショックの時でも

GDPはあまり下がっていません。

 

今回のコロナショックはリーマンショックと比べて

実経済に大きなダメージがあると言われていますが

時価総額みたいに半減とかにはならないと思います。

 

なので100%以下になるかならないかは

わからないのでそこを待つ戦略を採ると

うまくいけば底値付近で投資することが出来ますが

うまくいかなければ投資出来ていないという

状況となりますので、ここはやはり小出しでも

投資を続けていく方が得策ではないかと考えます。

 

2000年のITバブル崩壊や

2008年のリーマンショックの時は

だいたい高値から半分くらいにバフェット指数が

落ち込みました。

 

ここから考えた時に今回のコロナショックは

どこまで落ちるかと簡単に計算すると

21,052ドル ÷ 113.84%

1%あたり185ドル

 

高値151% ÷ ▲50%

75.5%

75.5 × 185 =13,967ドル

くらいになるんですかね?

 

バフェット指数100%だと

18,500ドルくらいなんで3/23につけた

18,590ドルくらいがちょうど分岐点上

だったんかなと思います。

 

ま、それもこれも単なる数字遊びなので

後からはいくらでも言えますが

ダウがもしかしたら14,000ドルあたりまで

下がる可能性があるかも?と思っていれば

今の自分の資金力や既に投資している額を

考えてどうするべきかな?と考え直す材料には

なるような気がします。

 

またGDPも今回大きく下がる可能性が高いので

それによっては75%地点はもっと上に

なるかもしれません

 

いちのりもSPXLは▲95%まで下がるかも?

と思いながら投資をすることでガツガツ下がっても

今もそれほど恐怖を感じていませんが

そうなるとよく言われるのが

『そこまで下がると思うのならその時に買えば?』

って(笑)

 

私も100%確実に▲95%に到達するのなら

そこまで待ちますけど実際そこまで下がるのか

そんなのわかんないですよね?

 

▲94.9%まで行った後、±0まで戻ったら

1株も投資していないことになりますし、

そんなことが分からないから節目節目で分割投資を

しています。

 

言うは易く、行うは難し

 

が投資の世界だと思っています。

外野がとやかく言おうとも自分が思ったように

やればいいと思いますし、結果は全部自分で背負い込む

 

 

ま、今回の一連の相場の流れは

もう少しゆったりと玉入れをすればよかったかな?とは

正直思いますがそれは反省として次回に活かします

 

なので、それもこれも全て自己責任の世界です

 

それでもこのヒリヒリした世界で実際玉入れをして

肌で感じることが相場をしていく中で

代えがたい経験を積めるよい機会だと思います。

ただ、息絶えてしまっては元も子もないので

そこは各人気を付けましょうね!!

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
応援よろしくです

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク