いちのり’s米国レバレッジETF情報局

米国レバレッジETF厳選6種の情報提供と『SPXL』のみで『億』を目指す過程を綴るブログ

スポンサーリンク

厳選!米国レバレッジETFの紹介

f:id:norikazutake:20200211130639j:plain

まいど~! いちのりです。

 

今日は建国記念日です。

2月は今年から祝日が2日になった分

12月は祝日がなくなってしまいました

 

どちらが嬉しいかと言われれば・・・

どちらでもいいですかね

 

さて今日は、いちのりが普段ブログで

紹介している米国レバレッジETFについて

書こうかなと思いまして

 

ETFについてはまた今度に

詳しく書く。かもしれませんがまずは

さわりだけでも紹介しようかなと

 

 

 主要米国レバレッジETF情報

 ◇SPXL◇

f:id:norikazutake:20200211130701p:plain

ティッカーはSPXLです。

アメリカを代表する指数である

S&P500の1日の動きの3倍動くETFです。

トップ10を見てもらっても錚々たるメンツで

アメリカを代表する企業500社で構成されています。

この先いくつも企業が入れ替わりにはなると

思いますが、ある意味下手な個別株よりもよっぽど

安定していて今後も期待できるような

ETFなんじゃないかなと思っています。

 

もちろんいちのりもこのETFをメインの

投資先として今後長い付き合いをしていこうと

思っています。

 

 

◇TQQQ◇

f:id:norikazutake:20200211130718p:plain

ティッカーはTQQQです。

 

こちらもアメリカを代表する指数である

ナスダックの中でも代表100銘柄に

投資しているETFとなります。

 

ナスダックの位置づけとしては

新興企業(ベンチャー)向けの市場と

なっていますが上位銘柄で新興企業と

言える企業はもはやない感じですね。

 

どちらかといえばハイテク企業の

比率が多めとなっています。

 

今や世界を席巻している『GAFA』

もこの中に含まれており今までも

そしてこれからも有望なETFです。

 

ただ、悲しいかなこのTQQQは

現在(2020.2.11現在)はマネックス

楽天SBIなどネット証券3社でも

取り扱いがなく、もし買うとなれば

外国証券に口座を作る必要があります。

 

いちのりは今のところそこまでする気がないので

投資できない状態にはなっていますが

いつの日が大手ネット証券での

取り扱いが始まったらSPXLよりも

メインに据えたいと思っています。

 

◇TECL◇

f:id:norikazutake:20200211130735p:plain

ティッカーはTECLです。

 

このETFはバンガード社の『VGT』という

ETFの概ね3倍動くような設計となっています

VGTはハハイテクセクターに投資する

ETFで上位10銘柄は御覧の通りですが

1位のマイクロソフトと2位のアップルで

実に40%にもなっています。

 

3位のビザと4位のマスターカード

含めると約半分を占めることになり

かなり偏った感じとなっていますが

今のところそれが良い方向に転んでおり

成績は抜群に良い結果となっています。

 

最近では米国ブログ村や米国株を取り扱っている

Twitterでも頻繁に登場しており

一気に注目度が上がっています。

 

いちのりも現在の投資方針としては

SPXLとTECLに資産の半分半分にして

取り組もうとしています。

TQQQが扱えるようになればそちらに

行きますがそれまではTECLがTQQQの

代替みたいな感じと思っています。

 

ただ、何度も言いますように上位4銘柄で

50%を占めているので上位4銘柄に

なにか悪いことが起これば下がり方は

えげつないものになるでしょうね

 

 

◇SOXL◇

f:id:norikazutake:20200211130750p:plain

ティッカーはSOXLです。

このETF半導体セクターに特化した

ETFとなっています。

先ほどのTECLと比較しても分かるように

上位10銘柄で30%にも満たないので

リスクは分散されているように思えますが

先ほどはハイテクというそこそこ大きな

括りですがこちらは『半導体』という

もっと絞られたセクターの為

半導体不況が起これば一気にダメになる

可能性は先ほどのTECLよりは

可能性が高いと言えるでしょう。

 

逆に言えば半導体が好調であれば

TECLよりも高いパフォーマンスを

あげることも十分にあり現に

去年などはSOXLは大きく上昇しています。

 

なので今回紹介しているETFの中では

一番ハイリスクハイリターンかと

 

 

◇TNA◇

f:id:norikazutake:20200211130805p:plain

ティッカーはTNAです。

このETFは米国小型株のETF

概ね3倍動くように制度設計されたものです。

小型株といえば代表指数である

ラッセル2000がありますがこのETF

ラッセル2000に準じてるか分かりません。

 

上位10銘柄を見ても今までのETFのように

「知ってる知ってる」っていう銘柄はなく

しかも1位で0.36%しかありません。

 

小型株の中から未来のすごい銘柄が出てくるという

感じがありそうですが、その時には

既に小型株ではなく別のカテゴリに

なっていると思いますので

個別株として追っかけるのは良いですが

小型株セクターの中の1つが・・・

ってことにはならないと思います。

 

 

◇FAS◇

f:id:norikazutake:20200211130822p:plain

ティッカーはFASです。

最後のこのETFは金融セクターの

概ね3倍動く制度設計になっているETFです。

 

REITは別のレバレッジETFがある為

含まれていないと思います(DRN)

 

組入れの1位はみんなご存知である

バークシャーハザウェイです。

米国株をやっている者にとってこの会社は

認知度100%ですが投資を知らない人には

認知度がほぼ0%な会社なんですよね

 

「あの!!」って言っても「はぁ。。。」

っていう感じを今まで何度か受けてきました。

 

ここにもビザとマスターカードはありますね

 

金融はリーマンショック時には

けちょんけちょんに売られてしまっていましたが

だいぶ回復してきた感じですかね

 

銀行や証券だけでなく他の金融会社も

いくらか入っているのでもし次に

金融危機があった時には大きく売り込まれますが

その後の反転を期待して買ってみるのも

一考かもしれませんね

 

 

スポンサーリンク 

 

 

その他レバレッジETF

その他にもレバレッジETFは多数上場

されています。

ただ、先ほどのTQQQのように

大手ネット証券3社で今はまだ取り扱っていない

銘柄も多数あります。

 

今後取り扱うようになるのかは不明ですが

こんなんもあるよっていうのを

紹介したいと思います(但し米国株限定)

 

取り扱い有無について、いちのりのメイン口座の

マネックス証券での取り扱い有無情報になります。

 

SPXS:S&P500のベア型:取扱有

SQQQ:ナスダック100のベア型:取扱無

TECS:ハイテクセクターのベア型:取扱有

SOXS:半導体セクターのベア型:取扱有

TZA:米国小型株セクターのベア型:取扱有

FAZ:金融セクターのベア型:取扱有

TMF:米国20年超国債ブル型:取扱有

TMV:米国20年超国債ベア型:取扱有

ERX:エネルギーセクターのブル型:取扱有

ERY:エネルギーセクターのベア型:取扱有

GASL:天然ガスセクターのブル型:取扱無

GASX:天然ガスセクターのベア型:取扱無

GUSH:オイル&ガスセクターのブル型:取扱無

DRIP:オイル&ガスセクターのベア型取扱無

DRN:REITのブル型:取扱有

DRV:REITのブル型:取扱有

WEBL:インターネットセクターのブル型:取扱無

WEBS:インターネットセクターのベア型取扱無

WANT:一般消費財セクターのブル型:取扱無

PASS:一般消費財セクターのベア型:取扱無

NEED:生活必需品セクターのブル型:取扱無

LACK:生活必需品セクターのベア型:取扱無

DPST:リージョナル銀行セクターのブル型:取扱無

WDRW:リージョナル銀行セクターのベア型:取扱無

HIBL:S&P500 β INDEXのブル型:取扱無

HIBS:S&P500 β INDEXのベア型:取扱無

MIDU:米国中型株セクターのブル型:取扱無

MIDZ:米国中型株セクターのベア型:取扱無

TYD:米国7-10年国債のブル型:取扱無

TYO:米国7-10年国債のベア型:取扱無

LABU:バイオテックセクターのブル型:取扱有

LABD:バイオテックセクターのブル型:取扱有

CURE:ヘルスケアセクターのブル型:取扱有

PILL:医薬品セクターのブル型:取扱無

NAIL:ホームビルダーセクターのブル型:取扱無

DUSL:資本財セクターのブル型:取扱無

UBOT:AI&ロボットセクターのブル型:取扱有

TPOR:トランスポーテーションセクターのブル型:取扱無

UTSL:公益セクターのブル型:取扱無

DFEN:航空宇宙セクターのブル型:取扱無

 

この他にも新興国やゴールドなどのレバレッジETF

ありますがここでは紹介を控えさせていただきます。

 

レバレッジETFは現在3倍が主流ですが

今後のカネ余りの状況や更に儲けたい!!という

欲望から更に高倍率なレバレッジETFが出てくる

かもしれませんね。

 

高倍率になればそれだけ大きく儲けることは

できる可能性が増える分、大きく損をする

可能性も同じだけありますので3倍のでも

同じ事が言えますがくれぐれも判断をミスして

取り返しのつかなくなることだけはならないよう

気を付けて扱うようにしましょうね

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
応援よろしくです

 

スポンサーリンク