SPXL投資家たけいちの徒然なるままに

米国レバレッジETF『SPXL』だけに一点投資 ※SPXLを積立・暴落待ち・MPSの3本立てで絶賛運用中!

スポンサーリンク

2019年8月14日:SPXL投資報告

f:id:norikazutake:20190802220146j:plain

 

 にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

 

 

 

おとといは月曜の下げを取り返すような

上昇を見せ、米中貿易の関税を

一部延期したからっていう理由でした。

 

で、昨日はこのまま上昇するんか?

と思ったら米国2年債と10年債の

利回りが逆転するいわゆる

「逆イールド現象」が発生したため

大きく下落。

ドイツの景気が悪いやら

中国の景気の数値が悪いやらも重なり

ダウは800ドル安でした。

 

日本株はそれを受けて大きく値下がり

日経平均は20,000円を割り込むか?

なんて思っていましたが

今のところ最大で450円安くらいで

落ち着いています。

日本株は米国株が上昇している時も

それほど上がらなかった面もあるので

今回の件では既に下げきっているので

あまり下げていないということなのか?

それとも必死で日銀や年金資金が支えている?

 

f:id:norikazutake:20190815111738p:plain

 

WPS(ウィークリーポジションシステム)は大きく評価損が増加

あと2営業日で戻すのか?このままずるずるいくのか?

そんなこと分かりませんが

金曜日の値段で次の方針は自動で決まりますので

それに従うだけになります。

 

で、先週もこんな感じで週内で大きく上下しましたが

結局は寄り付きと引けであまり変わらずだった為

途中で大きな変化があった場合は

投資した方がいいのか?という疑問が湧きました

 

仮に週の前半で大きく値下がりしたとして

後半で戻れば買っとけば良かったし

後半に連れて更に下がってしまえば

いらんことせんかったら良かったってなるので

一概にどちらが良いというものはありません

それが読めるのなら他の相場も読めますしね

 

ただ、たけいちとしては今回の件を踏まえて

出た結論は先週末の値段から10%の増減を

週内で到達すれば取引を行うことにする。

と決めました。

 

これはマイナスはもちろんプラスでも発動させます

 

今週で言えば、先週の終値が49.73ドル

だったので▲10%だと44.76ドル

+10%だと54.70ドルとなります。

 

それが金曜のザラ場で達成すれば

達成した値で取引を行いまして

さらに週末の引値で取引が発生するなら

そこでも週末として取引を行います。

 

週内でどれほど動くか分かりませんが

今のところ下値まで1ドル近くに迫っているので

どちらかといえば追加の買いが発生する

かもしれませんね

 

次に積立投資ですがようやく1株買いました。

寄り付きすぐらへんで48ドルを割っていたので

47.99ドルで指値を入れてすぐ約定し

良い時に1株買えたな~と思ってたら

ずるずる下げて45ドル台で終わってるやん!

WPSの時も思うのですだ日本時間の

11時台や12時台前半で取引すると決まって

1時前になるとさらに下がっていることが

よく見受けられます。

ま、そこから更に下がってますが

どうせなら日本時間1時くらいまで待った方が

少しは後悔が和らぐのかな?と思いました。

 

今の水準だと次の購入は

8~10営業日後くらいを予想しています。

1ドル2ドルの差は確かに大きいかも

しれませんが積立はあまりそういうのにこだわると

上手くいかないので気にせず淡々と積立を

実践できるようにもう少し大人になります。。。

 

今のところダウの先物はプラスですが

果たして今日はどのような動きになるのかな?

 

逆イールド現象だけでこれだけ下げるのも

なんか下げ過ぎ感はあるので今日は戻るような

予感はしています。ただ、素人予測ですが・・・

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村