SPXLの大暴落をひたすら待ち続けてますが何か?

欲しがりません!下がるまでは…の精神でいつか来るであろう大暴落を待ち続ける男のブログ

スポンサーリンク

SPXLのもう何度目かの投資スタイルの変更をしたが、結局守れるか守れないかは自分次第なんだよね

f:id:norikazutake:20190728173815j:plain

 

 にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

 

 

 

今日は高校野球 大阪大会の準決勝でした

ま、そこまで野球に興味はありませんが

我が母校は2回戦で早々と姿を消しました

 

昔一度だけセンバツに出た事あるんですけどね

 

家の近くの高校でも仕事帰りに横を通ると

練習の声が聞こえます。

その高校は公立高校で2回戦で

明日決勝を戦うチームと当たりコールドで

負けちゃいましたが

本人たちはもちろん必死で頑張って

甲子園を目指して一生懸命

練習してたんでしょう

 

私みたいなおじさんになると・・・

って言うとお前だけや!って思われますが

最近なかなか真剣に取り組める事って

ないなとふと思いました。

 

投資も昔ほどチャートとや決算書や

投資方法や書籍で勉強するぞ!!って

思わなくなりましたし

それが今の成果が出てない結果に

繋がっているのかもしれませんが・・・

 

仕事も昔はもっといろいろと考えて

よくしていこうとか思ったりしてましたが

今はけっこう惰性で動いている感がしますね

 

そんな最近熱くなれないたけいちが満を持して

SPXLの新しい取り組みを・・・

 

って何回このくだり繰り返すねん!って

総ツッコミされそうですが

ま、とりあえず聞いてください(笑)

 

SPXLはいまのところ順調に

右肩上がりですが、ひとたび危機が訪れると

▲90%とかよゆーで下がります。

 

でも、そこは個別株と違ってS&P500

がベースとなっていますので

時間と共に回復しいずれ高値を更新する

それが資本主義です。多分・・・

 

なのでいずれ来るであろう暴落を

引き続き待ちたいと思います。

資金の40%は▲80%越えから

投資する為に持ち・待ち続けます。

 

次にいつ来るか分からない暴落を

待ち続けても、もしかしたら来ないかも

しれません。では上がり続けている間や

▲80%に到達しない間は

ずっと指をくわえて待つのか?

昔は待っていました。そして10年間

チャンスは来ませんでした。

では、これからも待ち続けるのか?

それは上にも書きましたが40%分は

待ち続けます。でも待ち続けない投資も

今後は行っていきます。

 

それは2つあります。

 

1つは積立投資です。

今後高値からの騰落率とその騰落率の

エリアによって毎日の投資額を決めて

積立投資を行っていきます。

 

仮に高値から▲5%なら500円が

騰落率からで決まり、そこから

▲5%だと30%のエリア調整をかけて

500円×30%で150円を投資する

といった方法を採ってみました。

 

もちろん150円では1株もSPXLは

買うことはできませんので

150円はストックされることになります。

で、1株の金額に到達すれば1株購入します。

 

最近は手数料も下がりましたし

 

エリア調整は株価が下がって騰落率が悪くなれば

なるほど高い設定値にしました。

こうすることで自然に株価が高い時は少なく

安い時は多く買うことができます。

 

ちなみに高値から▲90%越えで下がった場合の

エリア調整は80%となっていますので

▲90%=9,000円×80%=7,200円

となります。

1ヶ月20営業日が全てこのあたりの株価で

収まると1ヶ月で14万円ほど買うことになります。

 

積立の資金捻出は今までの投資資金を利用せず

給与およびボーナスから捻出した金額で

やっていこうと思います。

 

2つめの投資方法は

今までのブログで出てきたことがあります

ゆうさん考案のリスクコントロールポートフォリオを

勝手にいろいろとアレンジして使おうと思います。

 

リスクコントロールポートフォリオ

50:50や60:40といった割合で

SPXLと現金で持ち毎月末に

リバランスするといった投資方法となります。

 

それをだいぶアレンジしてみました。

 

まず期間は1週間単位にしました。

これはたけいちが1ヶ月待てないという

心の弱さから来ています。

利が乗っていた場合すぐに手仕舞いしたく

なってしまうので決算を1週間単位にして

はやる気持ちを抑えなんとか1週間は

待つことを前提にしてみました。

 

で、次の変更点は

50:50とか40:60とか固定の値で

リバランスするのが本来の形ですが

その時の騰落率によってバランスに変化を

つけてみることにしてみました。

 

例えば今週の騰落率が高値から▲10%の

場合だとSPXL20:現金80、

▲30%だとSPXL40:現金60

今週末が高値更新した場合だと

SPXL10:現金90といった風に

毎週リバランスする比率が変化するように

してみました。

 

この場合高値付近だと株をあまり

持っていない状態になり、

大きく値下がりしている場合は

株式を多めに投資している状態になります。

 

この方法がうまくいくのかどうか

実際にはテストしていませんので

もしかしたらすぐに消えちゃうかも・・・

しれませんがなんでも実際に試したい派

なので一度試したいと思います。

ここには資金の60%を投入します。

 

この方法については

変形のリスクコントロールポートフォリオ

となりますが、

リスクコントロールポートフォリオという

投資名はゆうさんが考案されたものなので

この変形リスクコントロールポートフォリオ

新しくたけいちが『WPS』

ウィークリー・ポジション・システムと

名づけることにしました。

 

積立はたけいちが定年退職するくらいまで

積み立てるつもりなのでしばらく売れません。

 

暴落待ちはもし暴落して買ったあとは

何年か寝かせておくつもりです。

 

WPSでの利益についてはそのまま

ポジションを雪だるまのように拡大

させていこうと思っています。

 

さて、勢いで新しい投資スタイルに

ついて書きましたがあとはこのルールを

ちゃんと守れるかですよね・・・

 

守らなかったらリアルな罰を設定しなければ

また舌の根が乾かぬうちに

『やめましたー テヘペロ』ってなりそう

 

ま、WPSは机上の空論なんで

どうなるかは実際に運用してみない事には

使えるか使えないかわかんないですけどね

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村