SPXLの大暴落をひたすら待ち続けてますが何か?

欲しがりません!下がるまでは…の精神でいつか来るであろう大暴落を待ち続ける男のブログ

スポンサーリンク

リスクコントロールポートフォリオなんかより買い持ちしてる方が楽だし成績良いしってことだが、じゃあ未来もってなると途端にわからなくなるのが株式市場

f:id:norikazutake:20190721190726j:plain

 

 にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

 

 

 

今日は参議院選挙投票日ですね

16時現在で投票率

22.72%らしいです。

 

九州方面は大雨の影響で

選挙どころではないんでしょうね

 

会社では立憲民主党(昔は民主党)に

入れて~って言われてますが

投票は本人の自由な意思に

よるものなので誰に入れたかは・・・

ま、投票しないのも意思ですけどね

 

さてSPXLで実践している

リスクコントロールポートフォリオ

個別銘柄でやってみたらどうなる?

ってことで数銘柄で検証してみました

 

f:id:norikazutake:20190721193042p:plain

 

 2006年1月から2019年6月末まで

運用:リスクコントロールポートフォリオを50,000ドルからスタート

株価:2006年から2019年6月までの株価の変化

RCPは1ヶ月でリバランスを実施

手数料・税金等は考慮していません。

(概ね2割強割引すればいいですかね?)

 

結果はほとんどの銘柄で

買って持ち続けたほうが良いというのを

まざまざと見せつけられた感じでした。

 

アマゾンに至っては・・・相手になりません

ただアマゾンはリスクコントロールポートフォリオでも

5倍強になっているので凄いというのは

よく分かりました。

 

持ち続けている方は随時配当もはいるので

実際にはこの株価の変化も

参考程度にしかなく

アルトリアグループなんかは

株価は0.65倍になっていますが

配当込みだとプラスになっている

かもしれませんね

 

GEは多分マイナスでしょうけど・・・

 

じゃあリスクコントロールポートフォリオなんて

取引方法なんて取らずに買って永続保有

続けたら良いのか?ってことですが

この期間は確かに買い持ちしてれば

良かったという結果は出ました。

ただ今後同じように動くかはわかりません

 

なので今後予測もしない大きな

株価の流れもありえますので

私個人の意見としては個別の買い持ちは難しい。

 

で、当たる当たらないで将来を賭けるのも

怖いので結局は無難を目指して

リスクコントロールポートフォリオ

運用するのがいいのかな?と思います。

 

S&P500ETFのSPYでも

検証していますが

リスクコントロールポートフォリオでは

1.4倍で買い持ちでは2.3倍でした。

 

SPXLが長期で確実に3倍になることは

ありませんが参考にしていただければと

思います。

 

このシミュレーションの結果を踏まえて

もう1つ思ったことは

リスクコントロールポートフォリオ

あくまでも暴落が来るまでの間の

ツナギ用の運用方法であって

やはり本命は大暴落時にドカンと

買う事だと思いました。

 

でもその暴落がなかなか来ない。

その間、何もしていないのはお金を

遊ばしているので暴落が来ても

すぐに対応できるような運用方法を

考えないといけない

なのでリスクコントロールポートフォリオ

を実践して少しでも種銭を増やす。

そう結論付けました

 

いつ来るかわからない大暴落

でもいづれ来るであろう大暴落。

現役の歳でいうとあと20年くらい

年金を多分もらえるようになる

65歳まで23年

それまでに一度でいいからSPXLが

90%以上高値から下がるような

暴落が来てほしい。

で元の水準まで株価が戻ってほしい

それだけでリタイアできるから・・・

 

そんな夢をみつつ選挙結果のテレビを

見ようかなと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村