SPXL投資家たけいちの徒然なるままに

米国レバレッジETF『SPXL』だけに一点投資 ※SPXLを積立・暴落待ち・MPSの3本立てで絶賛運用中!

スポンサーリンク

SPXLはリスクコントロールポートフォリオと大暴落待ちの2本立てで運用・・・っていい加減にしろ!って怒られそうだ

f:id:norikazutake:20190715131249p:plain

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

 

 

 

今日は『海の日』ですね

全国的に天気悪いので海いくぞー!!

っていう人は少ないのかもしれませんね

 

たけいちはこの3連休は

いつも通り家でぐたぐたゴロゴロ

していました。

 

昨日は日足RSIスイングトレード

多分このままだと上手くいかないんだろうな

と堂々と方法を先にブログに書いてから

自らダメ出しを行う自傷行為??を

行いました。

 

結局はリスクコントロールポートフォリオ

大暴落を待ってからの投資の

2本立てにおさまってしまいました。

 

で、大暴落がまだまだ来ないので

現状ではリスクコントロールポートフォリオ

1本でしばらく頑張る必要が

ありますがその

リスクコントロールポートフォリオ

いつ再スタートするのかを

様子見状態です。

 

このリスクコントロールポートフォリオ

どの状態で始まったとしても

基本的には相場の流れに沿って

売ったり買ったりを行う為

いつスタートでもいいっちゃいいんですが

前回は4月末スタートで

5月大きく下がって少し肝を冷やしたので

出来れば次の再スタートは

相対的に株価が落ちたところを狙いたいと

思っています。気休めですが・・・

 

ま、それでもその判断をするのは

最初の1回目だけなので後は淡々と

月末に株価が下がっていれば株を買い

株価が上がっていれば株を売る

という機械的取引を繰り返すだけに

なりますが自分であーでもない

こーでもないなんて考えてても

全く当たってませんからね

 

そもそも当てようとすることが

おこがましい行為なのかも

 

たけいちは投資に関して特別な

才能も勘もありません

 

昔はいろいろと業績を調べたり

チャートを分析してましたが

はっきりいって当たることも

ありますが外れることもあります

 

そうしていく内に考えついたのは

向こうが来るのを待つ

しかも滅多に来ない時まで

また自分の意見が介在しない

ルールの中で取引する。ということでした

 

自分の意見が介在しない取引って

なかなか難しいことでしたが

その悩みを解決してくれたのが

リスクコントロールポートフォリオ

という投資方法でした。

 

ま、昔からあるリバランスといえば

それまでなのかもしれませんが

それを毎月システム的に取り入れることが

自分には良い方法だと映りました。

 

利益の増え方は微々たるものかもしれません

この方法も種銭がない人にとっては

効果が目に見えて出にくいため

期待できないシステムかもしれません。

ただ、資金が増えてきた時でも

びびらず機械的に取引するには

もってこいの方法だと思います。

 

なので今後期待通りに大暴落が来た時に

大きく増やすことが出来たら

その利益を加えて更に大きく取引を

していくのにもRCPは信頼がおけます。

そして末長く取引が出来ます。

 

積立投資について書かれた本は

ありますがリバランスについて

金融リテラシーの低い人にも理解でき

実践したくなるような本があれば

投資初心者の方に有効なのになと

思います。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村