SPXLの大暴落をひたすら待ち続けてますが何か?

欲しがりません!下がるまでは…の精神でいつか来るであろう大暴落を待ち続ける男のブログ

スポンサーリンク

アメリカ来月利下げに踏み切るか?踏み切らないか? パウエルさんには有言の圧力が・・・

f:id:norikazutake:20190620083711j:plain

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

 

 

 

アメリカ連邦準備理事会(FRB)は

昨日、アメリ連邦公開市場委員会(FOMC)で

金融政策の現状維持を決め、

政策金利を2.25%~2.50%に据え置いた。

 

投票メンバーの内、

セントルイス連銀のブラード総裁だけが

0.25%の利下げを求めて反対票を投じた。

2015年末から利上げを行ってきたが

利下げを求める反対票が出たのは初めて

 

利下げはトランプ大統領も強く求めており

パウエル議長の解任までちらつかせているが

ちらつかせればちらつかせるほど

独立性を重んじるFRB内では反発が強く

逆に辞めないのでは?って

思ったりしているが景気が悪くなれば

さすがに利下げもありえるだろう

ただ、利下げするほどアメリカ経済が悪いか?

といえばそうでもないように思える

 

直近7月のFOMCで利下げされる可能性が

80%らしいが果たしてどうなる??

 

ということで利下げ圧力が高まっているので

ドル円円高に振れているようです

 

アメリカの株価は堅調に推移しており

5/6のトランプ大統領

中国の関税引き上げ発言での下げからは

普通に全回復しそうですが

来週のG20でどうなるか?ですね

 

ま、形だけにこやかに握手でも

しとけば株価は上がりそうですし、

多分トランプ大統領も習氏に面と向かって

貿易戦争もっと激しくやるで!!

とはさすがに言わないだろうと予想してます。

 

で、帰国してからふいにツイッターで呟く。

 

そんな感じで今までやってきた

 

ってことは月末は安泰なのか?

 

G20を見越して早めに

リスクコントロールポートフォリオ

リバランスを実施するのは

正解なのか?はたまた不正解なのか?

 

それが分かれば苦労しませんよね・・・

 

前の土日は配当再投資戦略について

色々と考えて結果的に

「ダメダメいらんこと考えたら!!」

ってなりましたが

今週の土日はSPXLの積立について

再度考えていきたいと思っています。

で、その結果おもしろいことが分かれば

ブログに書こうと思っています。

が、なーんにも浮かばなかったら

しれっと書かないかも・・・

 

それでは今日は有給休暇なんで

久々にその辺適当に出掛けてきます

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村