レバナスと歩む人生

レバナス【レバレッジNASDAQ100投信】をこよなく愛する投資家『おナス』がレバナス運用結果や米国株話、プライベート等を綴るブログ

昨日のレバナス(QLD)と運用報告 2022年6月18日

 


f:id:norikazutake:20210523110401p:plain 

まいど~ 『おナス』です。

 

昨日は有給を取って嫁と買い物をしてきました。

と言ってもイオンやカインズで日用品や食品の

買い出しなんで別に特別なものを買うって事は

ないんですけどね

 

久々に行った少し家から離れたイオンでの中に

ある本屋は机とイスがあり以前けっこう行ってた時期は

お世話になっててコロナ時は使用禁止でしたが

昨日は間隔がすこし広がってましたが

使用できたんで久々に本をがっつり読ませていただきました

(買わずにごめんなさい。。。)

 

 <スポンサーリンク>

 

 

 

 

昨日のQLD価格

価格:39.82ドル(米国市場休場)

前日比:-ドル

前日比率:-%

 

NY市場は奴隷解放記念日(ジューンティーンス)の振替休日のため休場

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

 

レバナスは上昇しました。

 

20,000円の壁がかなり高く感じますね。

しばらく超えられないのもあながち間違いでは

ないのかもしれない・・・

 

ただ、こちらとしては買う。それだけなんで

レバナス関連はyoutubeもネットも雑音が大きく

なっていましが気にせず積み立てていきたい

 

雑音。。。ってことはこのブログも雑音なのかもね

 

◆おナスの口座◆

 

◆ナス嫁の口座◆

レバナスの運用状況です。

 

少し前までは▲150にいくかいかないか

ってわ~わ~言ってましたが最近は▲200を

挟んだ攻防を繰り返しております。

 

形勢は引き続き厳しい戦いが続いており

今後ますます押されてくる可能性は高いですが

なんとか兵力を逐次投入しつつ戦いを継続したいと

考えております。こういう時にあらためて

毎月の給料からの投資資金や副業収入が

あれば力強い援軍を送れるのになぁと

実感しちゃいますね

 

 

www.spxl.xyz1

 

 <スポンサーリンク>

 

 

新たに3倍レバレッジETFを購入(WEBL&LABU)

毎度~ おナスです。

 

今日は先週から新たに買い始めた3倍ブルETFについて

書いていこうと思います。

 

ここ最近レバナスもSOXLも激下がり中で

心を痛めている投資家さんは沢山いらっしゃるかと思います

わたくし、おナスも毎日下落して評価損が増えていく

これらを見るのがつらくて、辛くて・・・

 

ってこともありませんが、それよりも資金が

徐々に減ってきているのにレバナスに至っては

いまだに平均価格が30,000くらいなので

自分の投資の拙速さに呆れかえっております。

 

それなのに今回新しくレバレッジ3倍ETF

2つばかり買いまして更に地獄に足を踏み入れようと

しているKYな私

 

 <スポンサーリンク>

 

 

 

まず1つ目はWEBLという銘柄でして

インターネット売り上げの構成比率が50%以上の

銘柄で構成されるインデックスファンドの

3倍ブル型ETFとなります。

 

構成銘柄は以下のようにamazonやmeta、

アルファベットやネットフリックスのような

ナスダック100でも上位に位置する銘柄が

上位構成されています。

 

 

蒼々たる面々が並ぶWEBLの構成銘柄を見てさぞかし

株価もいけてるかと思いきや。。。

 

見事なまでの右肩下がりで最高値が100ドル弱でしたが

現在は7.83ドル。

 実に▲92%となっています。

 

なぜこんな蒼々たる面々が揃いながらここまで

落ちてるかと言いますと構成比率の内50%超が

インターネット企業のイケイケ企業だった為、

調子がよい時は良かったんですが去年の秋ごろから

潮目が変わったようでバカスカ売られています。

 

ちょっと他の銘柄の中身が分かっていないんですが

多分、売上は右肩上がりでも利益が出てなかったり

そもそも売上もたいしたことないのに先見性だけで

買われていた銘柄があったのかなと思います。

 

上位銘柄の世界的企業も今年は株価大幅下落しているので

これらの銘柄が良いはずもなくなすがまま

って感じになっています。

 

 

 <スポンサーリンク>

 

 

 

続いて購入したのはLABUという銘柄で

バイオ企業に投資する3倍レバレッジETFです。

 

構成銘柄はバイオ銘柄100%で

下記のように1番構成比率が高くても1.16%で

1%台が続いています。

こちらも何銘柄に投資しているか分かってないんですが

上位の銘柄見ても「あぁ~!」っていう銘柄が1つもなく

銘柄の動きは派手ですが中身は地味なETFとなっています。

 

 

LABUの株価はWEBLよりも凄くて・・・

 

2021年2月に天井をつけてから

ずるずると値下がりを続けて現在5.21ドル

直近安値は4.06ドルまで下がり

最高値の185.61ドルからは

金曜の終値で▲97.2%!! 最安値からは▲97.8%と

ほぼゼロに近いくらいまで下落しています。

 

こちらはWEBLと違って上位銘柄ですら知らない

知らない企業ばかりで構成されているから

より下落が激しくなっております。

 

こんな銘柄をよく買えるなぁ?と思われますが

サテライト枠でもない宝くじ枠ってことで

先週に100ドルずつで2回ずつ購入しました。

 

WEBLはマイナスですが、LABUは金曜に

大きく上昇したためプラスになっております。

 

 

 <スポンサーリンク>

 

 

今後の戦略としては、あくまでも宝くじ枠って

スタンスは変えずにいくんですが、予算の関係もあり

今のところあと600ドルずつ購入しようと考えています。

で、さっそくWEBLは50¢単位で10回、

LABUは25¢単位で10回の指値注文をしました。

また、上記の指値注文とは別に▲90%切るまでは

毎月5,000円分ずつ積立も行おうかと思います。

 

目安ではWEBLは10ドルまで、LABUは15ドルまで

買い進めていきます。

 

で、決済ですがやはりここは宝くじ枠なので

WEBLは10倍、LABUは20倍まで持ちたい!

とは思いますけど果たして我慢できるのかな??

 

ということでレバナスとSOXLで防戦一方な

感じにはなっていますが楽しみもないとしんどいので

この新たな2銘柄でちっちゃい夢を見たいと思います。

 

この2銘柄は天使になるのか死神になるのか

こうご期待!!

 

 

米国株関連ニュース【要は結果じゃないのかな?】

在宅勤務でも出世できる? 油断は禁物

 

米会計事務所ディクソン・ヒューズ・グッドマンの従業員は、新型コロナウイルスが大流行するさなかも、在宅勤務によって生産的になり得ることをマット・スノー最高経営責任者(CEO)に示した。そこで昨秋、同事務所は「ハイブリッド」が新常態だと宣言。大半の出勤日についてオフィス勤務を選択制にした。

 今月、同事務所はより大きな別の会計事務所と合併した。後者の従業員は対面で勤務する頻度がより高く、また後者のCEOが合併後の企業フォービスのCEOに就任した。計5400人の従業員のうち一部は、将来の昇進や昇給を左右する可能性がある新たな同僚と顔を合わせている。

 オフィスに戻るのにちょうど良いタイミングかもしれない。

 「経営パートナーを目指すなら、週1日の出社では恐らく無理だろう。従業員もそれを分かっていると思う」と、フォービスの現会長を務めるスノー氏は言う。従業員は依然として大半の日は在宅勤務を選ぶことができる。だがトレードオフの関係になる可能性があると、同氏は注意を促した。

 ハイブリッド勤務者は肝に銘じるべきだ。要求されるものと、成功するために本当に必要なものとの間には、ズレが生じる場合がある――時には大きなズレが。

 オフィス勤務の強硬な支持派の一人、米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は「週に最低40時間はオフィスで勤務する」ことが社内で成功するために、あるいは会社で生き残るためにも唯一の方法だと明言した。米金融大手のゴールドマン・サックスモルガン・スタンレーJPモルガン・チェースの経営者たちもリモートワークを支持しない姿勢を打ち出している。

 JPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOは、今春の株主への年次書簡の中で、在宅勤務で問題のない職務もあるだろうが、経営幹部は「デスクワークや画面の前では会社を率いる役目を果たせない」と記した。

 一方で、「ハイブリッドの公平性」を約束している企業もある。従業員の一部は自分の野心を諦めることなく、在宅勤務の利便性を享受できるということだ。

 米マサチューセッツ州ボストンのデジタルマーケティング企業ハブスポットでは、オフィスにほとんど行かない人が不利な状況にならないよう、向こう何年間か従業員の昇進状況を追跡する予定だと、ケイティー・バーク最高人事責任者は述べた。金融大手シティグループは週3日のオフィス勤務を義務づけるが、出社記録が最低ラインの従業員にも「キャリアを進展させ、昇進する公平な機会」があると、サラ・ウェクター人事部長は話す。

 それは多くの働き手にとっての夢だ。だが会社側が十分注意を払わなければ、全くの空想になりかねないとキャリアコーチや研究者らは指摘する。オフィスで働く従業員の方が注目され、報われる可能性が高いためだ。技術職400人余りを対象にレンセラー工科大学とノースイースタン大学の研究チームが行った2020年の調査では、リモートワーカーと非リモートワーカーの昇進回数はほぼ同じだが、賃金の伸びはリモートワーカーの方が緩やかなことが判明した。また在宅勤務が比較的少ない企業では、リモートワーカーの昇進回数がより少なかった。

 確かに、キッチンテーブルからでも業績目標を達成し、ビデオ会議システムのズームで「挙手」ボタンを思う存分押すことはできる。だが会議の後に上司と雑談したり、終業後に一杯飲みに行ったりする同僚にリードを許す可能性がある。

 これを言い表すのに以下の用語がある。

近接性バイアス(名詞)

1. 自分と距離が近い人々をひいきにする傾向

2. 人間性の本質であり、昔からビジネスを有利に進めてきたやり方

 ほぼ全ての時間を在宅勤務しながら昇進することはもちろん可能だ。特に現在のようなひっ迫した労働市場ではそうだろう。また誰もが企業のトップを目指し、はしごを登ろうとするわけではない。それでもハイブリッド勤務やリモート勤務は、経営陣の交代や景気後退(エコノミストはその可能性が高まっているという)が起きた場合に脆弱(ぜいじゃく)となる可能性がある。

リモートワークを受け入れる企業でさえ、オフィス勤務者が優遇される場合がある。グーグルやフェイスブックツイッターなどは勤務地が分散することを認めている。だがリモートワークを選択し、生活費の安い都市に引っ越す従業員に対して給与を減額すると警告している

 

世論調査によると、歴史的に社会から取り残されてきた層はとりわけ在宅勤務を好む傾向が強い。ハイブリッド勤務を取り入れる企業は、長期的な不公平感をさらに悪化させないような注意が必要だと、ルイジアナ州ニューオーリンズの労働弁護士で、無意識のバイアスについて企業に助言するキャスリン・ペレス氏は言う。

 その半面、リモートワーカーは、女性やマイノリティー(社会的少数者)、障害者のような法的保護の対象ではないとも同氏は指摘。オフィス勤務の頻度が低いために昇進が不当に遅れたと感じても、訴える手段に乏しい可能性がある。

 「残念ながら、もし雇用主が一定の対面時間を評価すると分かっていれば、あなたが自分自身の労働状況を改善し、上司に気に入られるために、対面時間をいくらか増やすのが得策かもしれない」と同氏は言う。

 ペレス氏の助言は自明のことと思われるかもしれない。だが誰もがそう思うわけではないようだ。

 米オンライン小売り大手オーバーストック・ドットコムのジョナサン・ジョンソンCEOは、ユタ州ミッドベイルの本社で毎週火曜にランチを共にしようと全従業員に呼びかけた。同氏は特に若い従業員の高い参加率を期待していた。

 だがふたを開けてみると、8カ月間の出席者はたった10人。

 「私は大抵、ピーナツバターサンドイッチを一人で食べている」とジョンソン氏。「もし私が25歳の頃にCEOとサンドイッチを食べる機会があれば、出席しただろうがね」

 

Copyright (c) 2022 Dow Jones & Co. Inc. All Rights Reserved.

 

私見

最近、電車内も昼休みの周辺地域も人が多い。

多分、出勤している人が多くなっているからだと思う。

おナスの会社はそんな流れとは逆行していて7月からは

在宅率を今の50%から70%にしようとしている。

 

おナスとしては会社で仕事やる方が家でやる時に

比べて効率は上がっているが会社が在宅を薦めるのだから

従わざるを得ないのが現状である。

 

今もモニターを1つ持って帰って仕事してるので

ノートPC1つの時よりは生産性は上がっているが

やはり仕事は若干やりにくい。

仮想デスクトップで回線状況がいまいちなのも

影響しているのかと思うけど。。。

 

おナスは昇進とは無縁なので出勤しなあかんとか

いうのはないけどこんだけ在宅を薦めてても

やはり出勤している人の方が出世しやすいのなら

それってどうなんかな?って思うよね

 

結局、出勤が多い、在宅が多いというのではなく

結果出してる人が出世するのだから

どこにてもいいんじゃないか?と思うが

アメリカ企業のしかも今時の会社でも

出勤を促すことに固執するのってなんやかんやで

古い考えのままなんかな?って思う

 

 <スポンサーリンク>

 

 

 

 

2022年初からの夫婦ダイエット記録 6月3週目

まいど~ 『おナス』です。

 

2022年1月から夫婦で行っている

ゆる~いダイエットですが

6/20時点ではどうなったでしょうか?

 

毎朝起きたら測定。

服は着たままなので夏の方が薄着の為、

若干軽くなっている

 

※ナス嫁の体重および体脂肪の公開は本人許可済

 

 <スポンサーリンク>

 

 

 

 

過去1週間の体重・体脂肪率の推移は・・・

◆おナス◆

6/14(火)64.2kg:19.5%

6/15(水)64.4kg:19.7%

6/16(木)64.5kg:20.1%

6/17(金)64.7kg:20.1%

6/18(土)65.0kg:19.6%

6/19(日)64.4kg:19.4%

6/20(月)63.7kg:20.2%

 

◆ナス嫁◆

6/14(火)64.2kg:32.5%

6/15(水)63.8kg:32.7%

6/16(木)63.8kg:32.7%

6/17(金)63.8kg:33.1%

6/18(土)64.2kg:32.7%

6/19(日)64.1kg:32.3%

6/20(月)64.2kg:33.0%

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

9/27に人間ドック決まりましたんで

頑張るぞ~と決心した先週でしたが

特に頑張ったこともなくいつも通りの

毎日を送ってしまいました。。。

 

もうこのブログ意味あるのか?ってことにも

なってきそうですがレコーディングダイエット

っぽく書くことで体重を常に意識できるので

ま、もうしばらくは続けていきます。

 

ナス嫁は7日中、同じ体重が(63.8と64.2)

3日もあり変動のない1週間でした。

 

今日は有給使っていろいろと買い物に

行ってるんですが昼も夜も外食予定なので

明日の体重が怖い((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

おナスのSOXL投資 2022年6月3週

f:id:norikazutake:20220212104615p:plain

まいど~ 『おナス』です。

 

投資ってほんま先が見通せないから面白いですよね

さらに3倍レバレッジなんて言ったら

ボラティリティが半端ないから余計に面白い

 

ま、大きく評価損ですが最終的には

気絶しとけばいいと思ってるので

当たらない先行き予想を自分でして楽しみながら

投資していきたいと思います。

 

 <スポンサーリンク>

 

 

 

 

今週の週足SOXLチャートです。

 

3月の時と同じようにダマしで上げてからの

そこから下に突き抜けるというパターンで

ここ1ヶ月動いていますね

 

直近安値で高値からの下落率が80%超となってるので

正直もうそろそろ底かなとは思っています。

あくまでも個人的な要望も入っているので何の

根拠もありませんけどね

 

11ドルあたりが▲85%、7.5ドル付近で

▲90%なので大底はそのあたり?かな

 

 

SOXLの月足チャートですが

 

予想を超えた下げを見せてくれています。

先月の下ヒゲなんてお構いなしで実線で下げてますけど

この形で今月終わればまだまだ下はあるよねって

思わせてくれそうな感じです。

 

3倍レバは全てを失うレベルまで下がるから

取り組むにしても引き付けて引き付けて

投資しないと中途半端から入ったら

逆に引き連りこまれますね

 

ただ、そんなすべてを無に帰してしまう

下落ってそうそうないので引き付け過ぎても

全く投資できないっていう事もあり

そこがかなりジレンマに感じます。

 

ただ、おナスとしては中途半端なところで

入れてちょろちょろ利益を取るよりも

大きく下げた時に勝負した方がいいとは

思いますけどそれはそれで難しいですよね

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

現在のSOXL投資の経過は、

保有数:515株

平均単価:22.26ドル

週末価格:13.72ドル

損益:▲4,398.55ドル

損益率:▲38.37%

 

先週プラ転から▲25%への急降下

おそろしかぁぁぁ~~って言ってたら

今週▲40%超えもありボラティリティの高さから

面白さ半端ない!!

 

今週はがんがん指値がささって全週比で+155株追加

平均単価は3.10ドル下げれました。

せめて20ドル以下にはしたいなとは

思うけどまだ下げる気マンマンなんで変に調子乗って

注文せずにじっくり待ちながら投資します。

 

WEBLとLABUのダブル直近▲90%超コンビは

今週更に下落していましたがLABUは

昨日17%弱ほど上がっちゃったんでプラ転しました。

 

どちらも今週の月曜に追加で各100ドルずつ購入

現在200ドルずつ保有していますが

ほんま可愛いもんですわ。

ただ、この2銘柄はどのレベルでナンピンして

どこまで買うのか決めてなかったんで

昨日・おとといの休みに決めました。

 

 

指値注文していると資金が拘束されるので

10ドル以下の注文を一旦破棄しました。

 

ま、そのへんまで落ちたら再設定しますけど

今週の下げを見たらあり得るかもって思えてきた。

来週12.5ドルが指さるかなぁ~?

 

これが指されば平均単価は21ドル台に突入しそう

 

 

↓↓↓22/5/9に作成した月足判断売買法です。

www.spxl.xyz